銀平飯科帳 1 (ビッグコミックス)

  • 44人登録
  • 3.17評価
    • (1)
    • (3)
    • (5)
    • (3)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 河合単
  • 小学館 (2015年7月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091871381

銀平飯科帳 1 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 江戸時代の“食”の紹介はなかなか良かったのですが・・・。
    話はちょっと無理があるなぁ~。
    江戸時代に現代の料理を持ち込むのってどう?

  • コショウ飯美味しそう。
    江戸時代の料理の話は面白い。

  • この漫画、ただの料理漫画ではなくて設定にひと味工夫がされています。
    タイムスリップものでもあるんですね。
    安易といえば安易ではあるんですが、神社の社のなかにある井戸を通ることによって
    いつでも江戸時代にタイムスリップできるという設定。
    で、そのことを知ったちょっと残念な料理人、銀次。
    この銀次が江戸に行き、現代の料理を江戸の食材で作ることにより
    その時々で出会う問題(ドラマのきっかけ)を解決していく、
    そして江戸で出会った人たちの影響を受けて
    銀次も現代に戻り新たな創作料理を作り、
    店の客でもある幼馴染たちを満足させる、というパターン。
    江戸にタイムスリップというと、医師を描いた【JIN―仁 】が有名ですが
    南方医師みたいな深刻なパターンではないです。
    この銀次のタイムスリップは井戸を通ればいつでも江戸に行けるし
    現代に帰ってこれるからです。話も二、三話で完結するのでライトな感覚で読めますね。
    ちなみにもう一つ設定にニヤリとするところがあります。
    あえて書きませんが、ヒントはタイトルにあります。
    さて、なんでしょうか?
    こういう漫画を油ギトギトのカウンターのラーメン屋で、
    瓶ビール飲みながら(つまみはチャーシュー)読み始めると
    止まらなくなるんだなあ。

  • 江戸の味を紹介するのに、タイムスリップしてミシュランのようなものを作るという設定にしている。マヨネーズ、煎り酒、胡椒飯など文献からあたってるのでしょう面白い視点ですね。絵がちょっとヘタすぎるし、ストーリーも強引だけど料理の実用書として。

  • 201512/タイムスリップ料理モノ。主人公がお調子者だけど憎めないキャラなので、万人が楽しめそう。

  • 渋谷の漫画サロントリガーにての読了。絵はそこまで上手くはないものの内容が面白く飽きずに読める1作、内容自体もシンプルで分かりやすくスッと入って来るので、老若男女問わず楽しめる作品だな、と感じました。

  • 悪巧みする人も現れて、これから面白くなっていきそうですね。ネタ切れしないと良いですが。

全8件中 1 - 8件を表示

銀平飯科帳 1 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

銀平飯科帳 1 (ビッグコミックス)の作品紹介

うまメシ発見。時をかける食いしん坊!!

東京神田で創作居酒屋を営む武藤銀次。
店も料理も中途半端な銀次は江戸時代にタイムスリップ。
将軍の料理番を務める兄弟と出会い、
江戸のグルメガイドを作ることに・・・・・・

謎の調味料「煎り酒」、
江戸のスープかけご飯「こしょう飯」、
酒かすで作る「江戸風カルボナーラ」ほか、
真似したくなるレシピが続々登場!!

江戸時代と現代と、ダブルで旨い!
大人気グルメコミック、待望の第1集です!!




【編集担当からのおすすめ情報】
主人公の銀次は不思議な井戸を通って
江戸と東京を行ったり来たり。

江戸で見つけた美味しい料理が
現代のレシピとしてさらにパワーアップ。
中でもラーメンスープでつくる「火消し飯」は簡単で
びっくりするほど美味です!!

銀平飯科帳 1 (ビッグコミックス)はこんなマンガです

銀平飯科帳 1 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする