椎名祐は泣いてる女にしか欲情しない 1 (ビッグコミックス)

  • 13人登録
  • 3.75評価
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 田中ててて
  • 小学館 (2015年10月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091872463

椎名祐は泣いてる女にしか欲情しない 1 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ドロドロ訳ありの人間関係…でも昼ドラのようなねちっこさはあまり感じなくて、ドライな雰囲気もあって…こういうの読みたかった!と思いました(笑)
    読めば読むほどクセになる…

  • 表紙があまりにも良いものは表紙詐欺であることが多いけれど、中身の絵もめっちゃ可愛くて内容も面白くて想像以上に良かった!

全2件中 1 - 2件を表示

田中ててての作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松浦 だるま
有効な右矢印 無効な右矢印

椎名祐は泣いてる女にしか欲情しない 1 (ビッグコミックス)を本棚に登録しているひと

椎名祐は泣いてる女にしか欲情しない 1 (ビッグコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

椎名祐は泣いてる女にしか欲情しない 1 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

椎名祐は泣いてる女にしか欲情しない 1 (ビッグコミックス)の作品紹介

女性の涙が好きな男。あなたの“偏愛”は?

椎名祐は、「女性の涙に欲情する」というちょっと変わった性癖の持ち主だ。そんな彼は、幼い頃から、たくさんの女の子をあらゆる方法で泣かせてきた。
年の離れた従兄弟・健介が営むバーで働く祐は、明日花と出会い、つき合うことに。
しかし、案の定、明日花は祐に泣かされっぱなしなのだが、二人は意外と長く続いている。
祐は、雨の日になると思い出す、どうしても忘れられない「ある記憶」があった。それは、雨の中で泣いている女性の姿。でも、それが誰なのか、どういう場面だったのかは覚えていない。
カメラが趣味の祐は、もう一度その瞬間に出会いたいと願っていた。
そんなある日、高校の同級生だった晴田笑顔華と再会する。
晴田は当時、「鉄仮面女」と呼ばれるほど暗い表情だったのだが、まったく別人のように明るくなっていた。
この再会から、祐と晴田をはじめ、二人を取り巻く人々の運命の歯車が軋むように動き始め…!?
様々な愛の形が交錯する、ポップでディープな偏愛ラブストーリー!

【編集担当からのおすすめ情報】
電子コミックレーベルで活躍中の田中ててて氏、待望の初単行本です! 性癖や偏愛、恋愛を中心に、それに惑う人たちの心を深く描写しています。
キーワードは「過去」。「今」を生きるために、「過去」を紐解いていくと見えてくるものが…?
本作の見どころは、少しずつ重なり合って入り乱れていく感情と、田中氏の描く様々な泣き顔! 「女を泣かせるなんて、椎名祐は女性の敵!?」なのかどうかは、是非あなたの目で確かめて欲しいです。そして、この作品を読んで、あなただけの偏愛が見えてくるかも!?

椎名祐は泣いてる女にしか欲情しない 1 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする