重版出来! 6 (ビッグコミックス)

  • 496人登録
  • 4.06評価
    • (46)
    • (86)
    • (32)
    • (2)
    • (0)
  • 45レビュー
著者 : 松田奈緒子
  • 小学館 (2015年10月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091872562

重版出来! 6 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 毎回毎回、心に響くエピソード満載だが、今回もまたビリビリと痺れました。
    新米編集者・心ちゃんとデビューしたての漫画家・中田君の、連載を勝ち取るまでの二人三脚。頑なだった中田君が少しずつ変わっていく過程、中田君の熱意と努力に応えようと全力で連載プレゼンに取り組む心の真摯さ。ほとばしる情熱に、涙搾り取られました。
    webコミック誌の罠、地方書店の苦悩、校閲の奥深さ…今回も出版界の様々な側面を丁寧に取材し描いている。特に校閲…最近校閲に関する作品をいくつか読み、大体のことは知ったつもりでいた自分が恥ずかしい。校閲専門の会社が存在し、その仕事は多岐に渡り、書籍のみならず広告やパンフレットまで手掛けるほど幅が広いことも初めて知った。地方書店編や校閲編では、出版界を越えて日本の今や世界の今にまで思いを馳せ、それはもう色んなことを考えさせられて切なくなった。熱さ・シビアさ・哀しさ・温かさ…様々な感情が渦巻き、気持ちの収拾がつかなくなるほど。
    改めて今回も、それぞれのお仕事の達人に対し、深く深くリスペクト。こちらまで背筋が伸びる思いです。
    「人が動く。人のために動くのが、日本の『働く』
    人のために動けば、
    きっと誰かも自分のために動いてくれていて、
    そうして毎日は動いているんだ。」
    日々しんどいことはあっても、折れない心で、地道な努力を積み重ねながら、自分も「働き」たい。

  • う~ん、今回はどうなんだろう。後半の第三十四刷以降はちょっと…。いかにも「取材して描きました」という感じがあって、こういうのを期待してるんじゃないなあと思ってしまった。心ちゃんを中心として、その周辺の話が読みたいんだけど。

  • 10巻まで読了。週刊漫画編集部を舞台にした新卒入社前に読みたかった理想的お仕事漫画。ザックリメモ:シンパシーとエンパシー、連載決定会議、WEB漫画良し悪し、網走の本屋、社内校閲部、校閲専門会社。五百旗頭さんのシンエン解説が上手過ぎてセンセーってなる。

  • 中田クンの表情がどんどん変化してきた♪
    特に連載が決まったときの滂沱のの涙!
    人の感情だだ漏れになってるじゃないですか\(^o^)/
    彼の今後が楽しみです。
    本に関わる仕事の大切さがわかるのもこの作品の良さ。
    小さな本屋さんの頑張り、校閲という実に大変で
    大事な仕事、そして文字と文の奥深さを知りました。

  • 中田くんの連載決定、北の書店のショートストーリー、そして校閲の3本立てで楽しめた。漫画の分野で校閲は珍しい作業だが、本や出版社の信用に結び付く重要な仕事だ。ポスターの校閲が話に出てきたが、消防関係のポスターで女性のセクシーポーズと標語が問題になったことを思い出した。仕事マンガ堂々1位も納得!

  • お仕事図鑑的にも興味をそそられる巻。
    アシスタントの生き方、その想いを搾取する非道な会社の存在、校閲の仕事の在り方など、出版業界の裏方の仕事に思いを馳せた。
    また、東京でも地域の書店が消滅し続ける時代になり、地方ではさらに深刻な状態であることを実感をもって読めた。

  • D2

  • 誰かを何かを憎むことで、やっと立っていられるような精神状態では、はじめこそブースターになるが、だんだん自分自身が憎しみに侵食されて、そして朽ちる。

  • 6巻は校閲さんのお話。校閲の仕事も憧れるなあ。

  • 読了。最後の話の「…懸命と悲惨とが繋がった奇蹟であることに。」のところが背中からゾクリとした。よくしびれるとの表現があるが、自分にとってゾクリである。なんでしたのかわからない。

全45件中 1 - 10件を表示

松田奈緒子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

重版出来! 6 (ビッグコミックス)に関連するまとめ

重版出来! 6 (ビッグコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

重版出来! 6 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

重版出来! 6 (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

重版出来! 6 (ビッグコミックス)の作品紹介

気づかれない事が求められる仕事があります

『重版出来!』第6集で描くのは…
四代続く地方書店の店主と町の人々との繋がり、
黒沢心が担当する新人作家・中田伯と共に
初連載を勝ち取るまでの奮闘。

そして、書籍を陰で支える校閲者。
誰にも気づかれない心配りが求められる彼らの仕事ぶり、
職人たちの心意気をぜひご覧あれ!



【編集担当からのおすすめ情報】
プロフェッショナルな方々のお仕事を取材するたびに興奮しますが、
校閲者の方々の「日本語に対する向き合い方」には
大いなる矜持を感じて震えました。

「日本語を守る」ということは、どういうことなのか?
読者の皆様にとって大切なもの、
それをきっと思い出させてくれるのではと思います。

重版出来! 6 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする