HIKARIーMAN 2 (ビッグコミックススペシャル)

  • 48人登録
  • 4.07評価
    • (5)
    • (6)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 山本英夫
  • 小学館 (2015年9月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091872708

HIKARIーMAN 2 (ビッグコミックススペシャル)の感想・レビュー・書評

  • なんかホムクル…ホムンクルスよりも面白いような気がしているんですが…? どうやらこの巻を最後に長いこと刊行されていないようなのですけれども、これで打ち切りとかになったら物凄く悲しいですよ! 傑作の予感がしているのに…。

    ヽ(・ω・)/ズコー

    物語的にはアレですね、クラスのうだつの上がらない男子がDQN? つまりは不良グループみたいのに対抗していく…といった感じですかね。でも、主人公君は腕力が弱くてそれではDQNたちには勝てないので何かしら対策を練らなければなりません。対策というかまあ、特殊能力なんですけれどもね、それを活用することにより、なななんと! DQN君たちに勝てちゃったりもするんですねぇ…まあ、そんなありがちと言えばありがちな設定・ストーリーかもしれませんけれども、個人的にはホムンクルスよりも読む気にさしてくれる漫画だと思いますよ。

    さようなら…。

    ヽ(・ω・)/ズコー

  • ヤベ-!!!!!!!めちゃくちゃおもしれーー!!!!!!!!どっきどきする!!

  • まだまだ導入の巻といった感じで、まだなんとも言えないところ。
    アメコミヒーローっぽさがありつつも、今の所はガンツっぽさを感じる半径1km以内のSF作品という感じ。山本英夫の作品ということで、これからまた人の"暗黒"に触れるような展開が待っているんじゃないかという予感と期待が止まりません!

全3件中 1 - 3件を表示

HIKARIーMAN 2 (ビッグコミックススペシャル)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

HIKARIーMAN 2 (ビッグコミックススペシャル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

HIKARIーMAN 2 (ビッグコミックススペシャル)を本棚に「積読」で登録しているひと

HIKARIーMAN 2 (ビッグコミックススペシャル)の作品紹介

『ホムンクルス』『殺し屋1』の鬼才最新作

これは夢じゃない。僕は光のあるところなら
どこへだって行けるんだ--

白池 光(しろちひかり)高校生。特技、PC改造と格闘ゲーム。
クラスでのヒエラルキーも低い電脳オタク少年にある日、不思議な現象が…!
世界が震えるスーパーヒーロー巨弾、第2集!

いじめられっ子の光(ひかり)、HIKARI-MANに変身!
怒濤のリベンジマッチ!!
1回戦vs.双子の兄弟、2回戦vs.いじめっ子リーダー、
そして3回戦vs.怪力”蛇伊也(ダイヤ)”先輩!!!

真の伝説(レジェンド)はここから始まる--

【編集担当からのおすすめ情報】
『殺し屋1』新装版全5巻発売中、
『ホムンクルス』文庫版、続々刊行中です!!
漫画界でひときわ異彩を放つ
山本英夫の最新作『HIKARI-MAN』と
合わせてお楽しみ下さい!!

HIKARIーMAN 2 (ビッグコミックススペシャル)はこんなマンガです

HIKARIーMAN 2 (ビッグコミックススペシャル)のKindle版

ツイートする