たそがれメモランダム 2 (ビッグコミックス)

  • 27人登録
  • 3.80評価
    • (3)
    • (3)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 田村茜
  • 小学館 (2015年9月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (154ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091872760

たそがれメモランダム 2 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まず、真っ先に読了後、強く感じた事を先に一つ書いておきたい
    田村茜先生には、このまま、連作短編集を唯一の武器にした青年漫画家として成長していってほしいな、と思った
    もちろん、『宝石の国』の市川春子先生、『ダンジョン飯』の九井諒子先生のように、短編集も長編連載も描ける漫画家に、今後、担当編集者のサポートがあれば、大化けする可能性は0じゃないだろう。ただ、この『たそがれメモランダム』を読んだ一人としては、田村先生の人間としての個性、漫画家としてのスタイルが行かせるのは、連作短編だ、と確信した
    それだけに、とんとん拍子で話が進み、この2巻で終わってしまったのは残念なのだが、この綺麗な終わり方を読むと、これで良かったのだ、と納得できる
    大人ではなく、学生の視点から見る、「今」の青春の有り様を、繊細かつ鮮明に描けている作品だと思う
    懐かしさとも違う、何かが湧き上がってくる、読んでいると。多分、学生時代に読んでいたら、妙に癇に障っていたのかも。きっと、私も、それだけ歳を経たんだろうな。たまに、漫画を読んでいると、自分の成長もしくは加齢を感じ、不思議な気分になる
    エリが、黒木先生への、恋、そんな単純な呼び方をするには淡すぎる感情と向き合い、自分の心が投げてきた難問に、自分の心でちゃんと考えて、答えを出し、こんな自分を好きになってくれた、そんな自分が好きになった相手と新たな一歩を踏み出したラストが非常に好かった
    ストーリーに変哲がないからこそ、漫画家としての才の高さが必要だろう。今後の成長が楽しみだ
    この2巻でお気に入りかつお勧めしたい回は、人の好意は形が変わっても、ちゃんと伝わるってコトが巧みなオチで表現されている、Memo.21「向井さんとチョコ」だ。しかし、エリが不意のタイミングで、自分の気持ちに気付いて狼狽える様が可愛らしい、Memo.32「浜野くんと電車」もグッと来る
    この台詞を引用に選んだのは、クールと言うか、冷静ぶってる浜野くんが、自分の素を強く出しているからだ。嫉妬もまた、青春を彩るのに必要な色だ

  • うーん……予定より早く終わってしまったのかな。浜野君フラグが立った以降が駆け足だったのが残念。

全2件中 1 - 2件を表示

田村茜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
なかとかくみこ
有効な右矢印 無効な右矢印

たそがれメモランダム 2 (ビッグコミックス)の作品紹介

甘くも苦い放課後がここに…連作短編集!

女子高生の高取エリも2年生から3年生へ。
卒業していく先輩に後輩。辞める先生に、新任の先生…
季節と共に人間関係も移ろい変わっていく――

・バレンタイン。渡せなかったチョコの行方…
・クールな同級生。実家のお店に帰ると見せる別の顔は?
・幼なじみが持っていた傘に秘めた思い。
・新任の教師は過去の卒業生。今と意外な繋がりが!?
・一番わかってなかった自分の気持ちetc...

よくある風景がちょっと変わって見えるショートストーリー。
放課後はいつでもドラマに満ちている!!



【編集担当からのおすすめ情報】
この漫画は、全て夕暮れのお話。
誰そ彼(たそがれ)時に見える隣の人の顔は、
昼間とはちょっと違うかもしれない…
そんなセンシティブな気持ちが鮮やかに描写されています。
胸がキュンキュンする放課後をゼヒ楽しんでください。

たそがれメモランダム 2 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする