ルサンチマン 1 (ビッグコミックス)

  • 459人登録
  • 3.65評価
    • (41)
    • (59)
    • (89)
    • (5)
    • (4)
  • 40レビュー
著者 : 花沢健吾
  • 小学館 (2004年5月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091873019

ルサンチマン 1 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ブリュッ=3がもう生々し過ぎて。

  • 泣きの漫画。

  • キモオタデブハゲと何重苦も抱えているけど、二次元の女の子のためならがんばる男の話。仮想世界に自分が入っちゃうってところが面白い。絵はまだ荒削り。

  • 容姿と境遇に恵まれない男が超進化したエロゲーに嵌ったことから巻き込まれる仮想現実と近未来を舞台にしたSFドラマ。
    先の展開が読めず面白いです。

  • 何だか急に飛躍的に大事になっていった感じ。
    もっと長編で書けたんじゃないのかな?
    内容は結構好きでした。サマーウォーズに通ずるものがあると思う。最後のオチもあまり読みにくい感じで、裏を書かれて満足でした。

  • 恋愛シミュレーションはついにバーチャルリアリティの世界へ!30歳を目前にして、不細工+ハゲでパッとしない生活を送るたくろー。友人に紹介されたバーチャル恋愛シミュレーションゲームの「TUKIKO」をプレイし、ゲームの中でリアルに体感できる月子にハマっていくたくろーだが、そんなゲームの中でもなかなか思い通りにはいかず…。

    設定はけっこう面白いです。次の巻の展開が気にはなりますね。読んでみたいな。

  • 印刷工場に勤めるデブ・ブサイク・ハゲかけの30歳ダメ独身男性が、友人から仮想世界(アンリアル)の恋愛ゲームの存在を知り、バーチャルリアリティの女の子に一目惚れしてしまい「本日を持って(現実の)女を諦めました」と宣言して仮想世界へと引き込まれてしまう。

    ポッドキャストで「ボーイズ・オン・ザ・ラン」と「ルサンチマン」の話になり、「好きになったら3Dでも2Dでも一緒じゃん。バーチャルでもリアルでも一緒じゃん」という言葉がすごい印象に残っています。

  • 情けない主人公という設定がほんと好き。
    どこまでも落ちて行く様がこの先どうなってしまうんだろうと見守らずには居られなくなる。

  • 完結全4巻
    おめでとう。生まれてきて、ありがとう。

  • ゲーム会社とTENGAが組めば夢ではない

全40件中 1 - 10件を表示

花沢健吾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吾妻 ひでお
有効な右矢印 無効な右矢印

ルサンチマン 1 (ビッグコミックス)に関連する談話室の質問

ルサンチマン 1 (ビッグコミックス)に関連するまとめ

ルサンチマン 1 (ビッグコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ルサンチマン 1 (ビッグコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ルサンチマン 1 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ルサンチマン 1 (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ルサンチマン 1 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする