弁護士のくず 2 (ビッグコミックス)

  • 112人登録
  • 3.73評価
    • (9)
    • (9)
    • (19)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 井浦秀夫
  • 小学館 (2005年3月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091873620

弁護士のくず 2 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 法律を絡めたマンガですが、彼の洞察力は凄いですね。
    ひょうひょうとした雰囲気があり、楽しめます。

  • 困った弁護士・九頭の大活躍(笑)が見どころの弁護士漫画。ろくでもない言動・態度で顰蹙を買いまくるも、思い出したようにいいことも言ってみる。しかし見直させたままでは終わらないのが、九頭さんの九頭山たる所以。
    弁護士物だが、決して堅苦しくはないので、面白く読める。
    綺麗とは言えない絵柄も、独特のストーリーに合っており、かえって味になっている。大変おすすめ。

  • 昨日に続いて「弁護士のくず」。
    第2巻は男と女の話が多かったような気がする。
    定年離婚とか、内縁の夫が亡くなった時の遺産相続の話とか。
    あとは専業主夫の話も。

    感情が先に立ちやすい問題だけに、いったんこじれてしまうと、元に戻すのは大変。冷静に横から見れば簡単な話に思えちゃうんだけどね。
    だけど、それを本人たちに諭すのは、相当な器量が必要になってくる。
    あと、話の持っていきかたも大切だよね。

    九頭(くず)弁護士は、少し斜めから人を見ているのか、ホンネを見抜くのが上手い。
    「なんで?!」って思うくらい見透かす設定は、迷探偵の推理と似ていたりして。
    刑事ドラマでも「なんでそれでわかっちゃうんだっ!」って思うものがあるよねぇ。
    根拠は何ですか?ってツッコミたくなるけれど、でも何となくこの人ならわかっちゃうのかもとも思う。

    弁護士の話だけれど、法律はメインテーマじゃない。
    人間ドラマなんだよね。
    だから面白い。

    さて、3巻はどんなドラマが始まるんだろうか。

  • ホント上手く人間を描くね。「『リュサ』の童話」が良かった。

  • くずに会いたい

  • 橋元弁護士と、どっこいどっこいのエロ弁護士が主役。チチ揉まれて気持ちよかったらセクハラにならねぇんだぞ。

全6件中 1 - 6件を表示

弁護士のくず 2 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

弁護士のくず 2 (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

弁護士のくず 2 (ビッグコミックス)はこんなマンガです

弁護士のくず 2 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする