恋は雨上がりのように 4 (ビッグコミックス)

  • 574人登録
  • 3.88評価
    • (37)
    • (50)
    • (47)
    • (2)
    • (1)
  • 31レビュー
著者 : 眉月じゅん
  • 小学館 (2016年1月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (157ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091874177

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
なかとかくみこ
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

恋は雨上がりのように 4 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • たしかに、言葉で言い表せない感情ってあるよね

  • 喜屋武ちゃんかわいい。
    九条ちひろ、女かと思ったら違ってた(笑)

  • くー、店長

  •  あきらと父とは別離状態かぁ(多分離婚でしょうなぁ)。ファザコン設定は、中年おじさまに魅かれる思春期少女の造形としては、少し定番すぎるなぁと思わないではない(後期の「うさぎドロップ」もそうだった)。

     また、あきらを巡る人間関係は、高校生の友情・恋愛譚と言う意味では、これまた定番だなぁと思わずにはいられない。
     しかし、この作品には、大人の男の、しかも学生時代の友達という友情譚が加味される点が斬新だ。長い間合わなくても、再会し酒を飲めば思い出す学生時代の熱さ。議論したなぁと、色々失敗したなぁと。楽しかったなぁと。こういう多面的な描写にリアリティがあるから面白く読めるのだと思う逸品。

  • あれ、こんなにポエミーだったっけ?って思った。久しぶりに読んだからかな。

  • 恋愛という枠でくくらなくても、人が人に影響を与えあっていくことは素敵だと思いました。
    あきらの「もう元には戻れない。」は、とても重い意味の言葉だと思います。割り切っているけれど、その中にもやるせなさなど複雑な思いがあるんだろうな、と思いました。ヒロインがきちんと幸せになれますように。

  • 店長やあきらの家族や友人との人間関係や人生へと描写が広がっています。2人の関係性は、ゆっくりしたペースで、丁寧に育んでいくようです。

  • 青春の痛み、青春の尊さ

  • 友情について。

  • ちょっとパワーが落ちてきた、
    一巻が凄く良かっただけに
    この巻位で終わらしても良かったかな

全31件中 1 - 10件を表示

恋は雨上がりのように 4 (ビッグコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

恋は雨上がりのように 4 (ビッグコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

恋は雨上がりのように 4 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

恋は雨上がりのように 4 (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

恋は雨上がりのように 4 (ビッグコミックス)の作品紹介

空前の【恋雨】ブーム降り止まず!第4集!

陸上部の親友・
喜屋武との間に起きる摩擦。
店長がかつて抱いた夢――

思春期の少女と思秋期のおじさん
立ち止まったままの2人。
その想いの行方は・・・!?
今、17歳の夏が過ぎゆく――

【編集担当からのおすすめ情報】
切なく甘酸っぱく 透明感溢れる
少女の恋愛慕情に、今や日本中が虜!

2015年を代表する
メガヒット恋愛漫画、待望の最新刊!

恋は雨上がりのように 4 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする