PLUTO (1) (ビッグコミックス)

  • 4242人登録
  • 3.72評価
    • (662)
    • (548)
    • (1266)
    • (33)
    • (8)
  • 572レビュー
著者 : 浦沢直樹
制作 : 手塚 治虫  長崎 尚志 
  • 小学館 (2004年9月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091874313

PLUTO (1) (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ロビーの死を聞く旧式ロボットの奥さん。「もう戦場には行きたくないから・・」とピアノに触れるノース2号。人間よりも、ある意味人間らしいロボットたち。泣く。泣ける。

  • 帰っておいで、練習の時間だよ。

    ロボットだから戦場に行っていいわけないよね。
    なら、感情なんて入れないで、ほしい。

  • 手塚治虫の『鉄腕アトム』「地上最大のロボット」の原作を知っている人なら、浦沢直樹の「ロボット」や未来都市のリアリティある描かれ方に衝撃を受けるでしょう。
    原作での結末もまたどんでん返しのもので、読者に近代社会に対する問いかけを与えるものでしたが、
    ゲジヒト警部を主人公にした、こちらの「PLUTO」も、独自の浦沢ワールドを確立した、深い謎につつまれた「新作」として私たちを引き込んでくれるでしょう。
    「ツノ」はやはりプルートウのものだと分かるのですが、それを浦沢がどう料理していくかが楽しみです。

    「アトム」と違った、ロボットの「人間味」が伝わってきます。
    「モンブラン」よりも、盲目の音楽家と心を通わせようとした、「ノース2号」のエピソードは悲しかった。

    やっと心を通じ合えたと思ったときに、ノース二号は、破壊兵器となり、そして破壊される・・・。

    「大気いっぱいに・・・・あの曲が・・・・
    ノース2号が歌っている・・・・」
    「そんな所で歌ってないで早くかえっておいで。ピアノの練習の時間だよ」

  • 全巻読破。
    久しぶりの浦沢直樹、最高だった!
    ただ最後が微妙に難しくてよくわからなかったかな。

    20世紀少年のような、MONSTERのような。
    好きです。

  • うらさわなおきの話は引き込まれてしまうなー、一気に読んでしまう。
    ただ今回は20世紀少年に比べると、巻数が少なめなので、無理やりまとめてしまったように感じられて少し物足りません。
    未解決の部分も結構あるので、解説サイトを読まないといかんな、といった状況です。
    話としては面白かったです。

  • ちょうどよくまとまっている。
    手塚治虫へのオマージュ作品。
    おもしろくてハイスピードかつノンストップで読めます!

    いちばん心に残るのはノース2号…!

  • 全巻読了。漫画の神様・手塚治虫の初期の名作『鉄腕アトム地上最大のロボット』をロボット刑事ゲジヒトの視線でリメイクした作品です。近未来、優秀なロボットばかりを破壊する事件が発生。破壊されたロボットたちの頭部には、決まって何故か二本の角が突き立てられていた。それと平行して同時期に次々と起こる殺人事件。被害者の頭部にはまたもや奇妙な二本の角が…。いったい犯人は誰なのかといったSFサスペンスです。作品全体に流れるトーンは『切なさ』や『悲しみ』。アトムやウランも脇役で登場しますよ。中でもノース2号編には号泣必至!

  • 原作が鉄腕アトムなのですが、アレンジが効いていて別物といっても差し支えないです。
    個々のエピソードがちょっと切なく面白いです。

  • かねてから気になっていた『PLUTO』。ゲジヒト、表紙の顔がちょっと怖めだったので悪い人かと。名前もちょっと「引っかかりそう」な名前だし。読みながら、ノース2号、ブランドがフラグ立ちすぎなんじゃないかと不安になる。ラストページ、救世主登場、となるのか?

  • アトム知らなくても楽しめてよかった。

全572件中 1 - 10件を表示

浦沢直樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
奥田 英朗
宮部 みゆき
矢沢 あい
有効な右矢印 無効な右矢印

PLUTO (1) (ビッグコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

PLUTO (1) (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

PLUTO (1) (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする