PLUTO (2) (ビッグコミックス)

  • 2264人登録
  • 3.62評価
    • (260)
    • (190)
    • (654)
    • (14)
    • (1)
  • 125レビュー
著者 : 浦沢直樹
制作 : 手塚 治虫  長崎 尚志 
  • 小学館 (2005年4月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091874320

PLUTO (2) (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ブランドの家族とのシーンが幸せそうで。だから余計に悲しくて。

  • 冒頭アトムが、見た目だけでなく、振る舞いも含めて、けっこう可愛い。たまたま今読んでいるけれど、AIやロボット技術、今まさに流行の最先端のことを、10年以上前に先取りといった感じ。中盤のブランドの変身シーンが敵にやられたのかと勘違いした。「アセアンにも二体……」でもう一人が見えないところが憎い演出。ラストページが1巻と同じ展開で期待感↑。

  • アトムがかわいい。

  • ロボット達の主観で描かれるからなのかいまいち面白みに欠けるかなぁ。

  • 観劇に向けて。

  • "「完璧…………
    人を殺す完璧……それはどういうことです?」
    「…………」
    「それは……"人間"ということですか?」"

    アトムはゲジヒトさんのチップに何を見たのか……。

  • コロシアムのチャンピオン、ブランド散る。
    レクターのようなブラウ1589の記憶チップを入れるゲジヒト。
    ウラン登場。

  • いいぞいいぞ

  • 人工知能は殺意を学んでしまう、また、愛情をも学ぶことが出来る。驕り高い人間が何を与えるか、と言うだけの事じゃないだろうか。親が子供をどう育てるかに似て。相手に「共感」してしまった時に、初めて感情移入が生まれる。固定の相手に対して。共感できない限り、相手への労わりは「振り」でしかない。偶然にも『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を読んでいるところだが、アンドロイドに共感してしまう心があると気付いたデッカードの苦悩は人間だからこそなのか、

  • ロボット自体が、世界のパワーバランスを壊しかねない兵器である。
    その悲哀が、なんともいいですねぇ。

    そして、ウランちゃん登場。

    そういえば、アトムには、お兄さんもいたような気が……。

全125件中 1 - 10件を表示

浦沢直樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吾妻 ひでお
尾田 栄一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

PLUTO (2) (ビッグコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

PLUTO (2) (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

PLUTO (2) (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする