あさひなぐ 18 (ビッグコミックス)

  • 148人登録
  • 4.09評価
    • (11)
    • (15)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : こざき亜衣
  • 小学館 (2016年2月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091874689

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

あさひなぐ 18 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

  • この舞台に立つ者は、全員が主役となる――インターハイ東京都予選会、白熱!一枚岩になったかに見えた二ツ坂の部員たちは、それぞれ個人戦へ。関東大会予選での國陵・寧々への惜敗のリベンジに燃える旭。母親への想いから、幼なじみの藤ヶ丘高校・桂香を意識する薙。一選手として、最後の夏に挑む元部長・えり。見守る一年生、ライバル高の部員たち、先生、父兄…積み重ねてきた日々と、暖めてきた想い。それぞれがドラマを抱え、その四角いコートに入る時、全員が主役となる――感涙必至の第18集!!(Amazon紹介より)

  • 英子頑張った。ライバルの成長に気付かなかった薙と,眼前の敵に集中できなかった旭の敗北。ハッキリと言っちゃう旭,こんなキャラだっけ? 

  • 素晴らしい!! 瞬間最大風速では既に『ちはやふる』も追い抜いている……。メディアミックス不可避な、2010年代を代表する傑作(女流)青春漫画。〈私たちは知っている。今ここにいる、あなたを知っている。〉

  • なんかもう色んなところで泣けるので、どこを向いて泣いていいやら…(涙)
    野上先輩が寿慶さんに「見違えたよ」って言われた時も、三須さんが1分30秒超えて寒河江さんに「瞬殺されなかったね」と言われた時も、旭が一堂さんと当たる前に負けてしまった時も、薙ちゃんが桂香ちゃんに負けて「薙刀をやめます」宣言した後のみんなのフォローも、もう…もう…!
    特に薙ちゃんは旭と同じく、私も理解できなくて嫌いだったので、その気持ちを分かってあげようとしていなかったな、と反省しました。
    大工ちゃんが旭に言わなかったら、私も分かろうとはしなかったかもしれない。
    そして分かった後の、ちゃんと「仲間」として支えようとする薙刀部のみんなが好きです。
    もうほんとこの巻良かった。薙ちゃんのこれからに期待です。

  • 人間関係はいい。けど試合の描写は相変わらずイマイチ。どう動いているのかよくわからない。

  • 泣ける。部活したい。

  • 薙が本当の意味で二つ坂の仲間になれたのが、読んでいて嬉しい。あさひがきちんと本音を言って向き合ったシーンは、あさひの先輩としての成長を感じられてとても素敵だった。

  • インターハイ東京都予選。

    波乱な展開。
    でも、雨降って地固まる感じ?

  • 今までのあさひなぐの中で1番良かった。仲間がいるっていいなー

  • 今巻はそれぞれが掘り下げていて試合とは別にドキドキした。えりエピソードが好きです。

全10件中 1 - 10件を表示

あさひなぐ 18 (ビッグコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

あさひなぐ 18 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あさひなぐ 18 (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

あさひなぐ 18 (ビッグコミックス)の作品紹介

この舞台に立つ者は、全員が主役となる――

インターハイ東京都予選会、白熱!
一枚岩になったかに見えた二ツ坂の部員たちは、それぞれ個人戦へ。

関東大会予選での國陵・寧々への惜敗のリベンジに燃える旭。
母親への想いから、幼なじみの藤ヶ丘高校・桂香を意識する薙。
一選手として、最後の夏に挑む元部長・えり。
見守る一年生、ライバル高の部員たち、先生、父兄…

積み重ねてきた日々と、暖めてきた想い。
それぞれがドラマを抱え、その四角いコートに入る時、
全員が主役となる――


感涙必死の18集!!


【編集担当からのおすすめ情報】
第60回小学館漫画賞一般向け部門受賞の、
こざき亜衣氏による青春なぎなたストーリーの最新刊が早くも登場!

第18集ではいよいよ真春たち三年生と挑む最後の夏・インターハイ予選の試合が本格化。

個人戦では、ここまで培ってきた各々の気持ちや人間関係が丹念に描かれ、全員に感情移入してしまうこと確実です。

単行本収録最終話の第208話は、各所で「泣いた」という感想が続出。
旭たちの夏に、是非伴走してください!

あさひなぐ 18 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする