孔雀王ライジング 7 (ビッグコミックス)

  • 21人登録
  • 3.75評価
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 荻野真
  • 小学館 (2016年3月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091874986

孔雀王ライジング 7 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 裏高野にまで六道会の魔の手が迫る第7巻。孔雀の父・慈覚を殺したのは自分だと日光が言っていたが、多分比喩表現だろう。出来て破門追放くらいが関の山だろう。無印では孔雀の母親は魔族の娘=地蔵菩薩だったが、こっちでは魔属性が無くなってる。結局慈覚との詳細は未だ詳らかにならず、話は新章・学校編へ。日光の黒幕っぷりに違和感を禁じ得ないのは、無印や曲神紀の印象が強すぎるからだな。

全1件中 1 - 1件を表示

荻野真の作品

孔雀王ライジング 7 (ビッグコミックス)の作品紹介

『孔雀王』始まりの章。孔雀の母の影が…!

魔仏を用い、闇曼荼羅の完成を目論む六道会。
戦闘集団・五輪坊を率いる日光が帰還した裏高野。
両者は、孔雀の母を模した秘仏をめぐり激突する!
秘仏を守るべく奮戦する少年・孔雀が知る、
自らの母の秘密と、隠された過去とは…!!

孔雀王ライジング 7 (ビッグコミックス)はこんなマンガです

孔雀王ライジング 7 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする