岳 (1) (ビッグコミックス)

  • 1629人登録
  • 4.09評価
    • (298)
    • (227)
    • (202)
    • (12)
    • (1)
  • 226レビュー
著者 : 石塚真一
  • 小学館 (2005年4月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091875716

岳 (1) (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ボランティアで山岳救助をやっている青年を軸に描いたドラマ。
    人があっさり死ぬところが山の恐ろしさを示しているが三歩の明るさが話を辛気臭くないものにしている。

  • どうして、人は山に登るんだろう。
    いろいろなドラマがあるんだな。
    人がたくさん亡くなるけれど、
    不思議と温かく感じます。

  • 電子書籍無料本。パラオの話からは泣けて泣けて仕方なかった。最後まで諦めない、最期を見ても連れ帰ろうとする気持ちを捨てない主人公に惚れるわ。ただ、この手の人に惚れてしまうと寿命縮むの間違いなし! 絶大な知識と経験を持ってしても自然の力の前では人なんて小さいものだしね。自然は優しく、そして厳しい。

  • 登山は出来ないけれど、山に行きたくなる~

  • 山岳救助を題材にした漫画。山の恐さを教えてくれる。
    「お母さ〜ん、ご飯〜!」の物語がなかなかに感動的だった。

  • 映画化されて初めて知ったマンガ。
    CMでは山の厳しさが怖くて見る気になれなかったけど,
    いざ読んでみたら温かい気持ちになるお話ばっかり!
    1話1話完結しているけど,つながりもあって,
    素敵なお話です。
    映画もDVD化されたら見てみよう♪

  • 山の良さ以上に悪さ、酷さを感じたので

  • 山岳救助のお話。
    山の怖さと魅力がすごい伝わってくる!面白いです。

  • 主人公の山に対する愛情が伝わってくる作品でした。山の美しさだけでなく、山の厳しさも教えてくれます。
    すすめられて読んだのですが、面白くてあっというまに読んでしまいました。
    そして、2巻では思わず泣いてしまいました。
    http://www.shogakukan.co.jp/comics/detail/_isbn_4091807305

  • ブラックジャック形式。短編一つ一つに人生ドラマがある。

    ボランティアの主人公が、山で生死をさまよう遭難者を救う。

    山の厳しさと人生が二重写しになり、そこに一見楽天的でいそうな主人公が厳しい現実に対して光を与える。その陰影にこの漫画の肝がある。

    きれいごとにまとめずに、死ぬものは死ぬことを表していることで、人間の尊厳が表されていると思った。

全226件中 1 - 10件を表示

石塚真一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
矢沢 あい
劇団ひとり
有効な右矢印 無効な右矢印

岳 (1) (ビッグコミックス)に関連する談話室の質問

岳 (1) (ビッグコミックス)に関連するまとめ

岳 (1) (ビッグコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

岳 (1) (ビッグコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

岳 (1) (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

岳 (1) (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

岳 (1) (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする