ワンダーランド 2 (ビッグコミックス)

  • 69人登録
  • 3.69評価
    • (5)
    • (3)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 石川優吾
  • 小学館 (2016年4月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091876003

ワンダーランド 2 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

  • ポコちゃんが可愛いです。ポコちゃんが助かって良かったわ。でもやっぱり猫が怖いです〜。新たに登場した・ヨシフ… 不思議な能力があるみたいで、猫も彼に操られてると思いたいよ。彼はアリスと関係があるみたいだし、しかも小さくなった原因はアリスみたいだし… アリスたちは「兵器」なの? 幕僚長は2人を実験してるようだし! うーん、まだまだ謎だらけですが面白かったです。

  • 死んじゃう系?
    絵は好まないが、神様のいうとおりっぽく感じた(いい意味)。

  • ポコが心配で心配でたまらなかった…。
    ショッピングモールからの脱出。
    下水をわたって隣県についたみたいで少し安心した。
    アリスの謎は少しとけたけど、自衛隊がゆっこについて聞き出そうとしているのが気になる。
    ヨシフの操りもそらせるタケモトピアノすごい!

  • この「銃弾は主人公を避けない」理論みたいなパンチラ描写が良いよね。
    そこは流石に見えるだろ!ってシーンで適切にパンチラしてて、無理なパンチラや無茶な鉄壁のスカートも存在しない。
    素晴らしい。
    風船に括り付けるときにメガネデブは思いっきりパンツ見えてただろうから羨まけしからん。

    で。
    生物兵器かぁ。
    防護服着てるってことは、ウィルス散布型の能力なのかな?
    なんか超常能力系ってインフレを起こしやすいから、ちょっと今後の展開が心配ではある。
    普通にバイオハザード的な脱出モノでも良かったのでは・・・。

    ちなみに質量ごと小さくできるって話だけど、それは細胞が減るの?それとも原子レベルで減るの?
    どちらにしても人間の脳も所詮は化学反応なのだから、構成素材が減ってしまうと人間的な思考に不具合が生じるような気がする。
    (その辺りのことは気にしていない物語なんだろうけど。)
    ちなみに、あろひろし氏の『 MORUMO 1/10 』という漫画では「(灰が破れないと仮定して)縮小時に肺の中の空気が超絶圧縮されてトンデモない温度になるので、押し出される空気で気管とかが焼けただれる」みたいなツッコミが入ってて、「その辺りは漫画的に解釈してね」みたいな解説がしてあった気がする。

全4件中 1 - 4件を表示

ワンダーランド 2 (ビッグコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ワンダーランド 2 (ビッグコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ワンダーランド 2 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ワンダーランド 2 (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ワンダーランド 2 (ビッグコミックス)の作品紹介

各界絶賛のダーク・ファンタジー第2集!

体が小さくなったゆっことアリスは、ショッピングモールへ。
だがそこは、荒くれ者たちが支配していた。
閉め出されたゆっこたちは、猫の大群に追われるが、そこにモールの警備員で
同じく縮小化してしまった男性、源田の助けが。
難を逃れ、一息ついたゆっこたちだったが、そこには自衛隊が近づいていた…!!
何故一部の人の体が縮小化してしまったのか!?さらに、自衛隊が投入した謎の少年・ヨシフの存在とは…!?
息もつかせぬ展開で、人気沸騰中!!戦慄のダーク・ファンタジー最新刊!!


【編集担当からのおすすめ情報】
「人の体がある日突然小さくなる」という、衝撃のストーリーで各界で話題となった本作。最新2集でもそのスリリングなストーリー展開は健在です!!
何故人は小さくなったのかという謎が、ついに明かされる…!?
そして、ゆっことアリスたちはいかにこの世界を生き抜くのか…!?
そして不気味な存在、ヨシフの登場…と、見所満載です!!是非1集からお楽しみください!!

ワンダーランド 2 (ビッグコミックス)はこんなマンガです

ワンダーランド 2 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする