ベルサイユオブザデッド 1 (ビッグコミックス)

  • 84人登録
  • 3.73評価
    • (2)
    • (5)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 小学館 (2017年1月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (164ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091876669

ベルサイユオブザデッド 1 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いやタイトル見てギャグだと思ってたから…

  • かのアントワネットには双子のアルベールと言う弟がおり、フランスへ嫁入り道中にゾンビ(甦り病)に襲われて…ハチャメチャな設定なんだが、アルベールと姉との確執が冒頭で説明されており、国を超えた縁談を達成させるべく姉に成り済ますと言う、フィクションとしての導入部分としての掴みは合格点が高い!!

  • ゾンビインフランス革命前夜。
    ありとあらゆる世界に介入してくる「ゾンビ」という概念。いったいどこまでその領土を広げていくのだろうか。

全3件中 1 - 3件を表示

スエカネ・クミコの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ベルサイユオブザデッド 1 (ビッグコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ベルサイユオブザデッド 1 (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ベルサイユオブザデッド 1 (ビッグコミックス)の作品紹介

パンが無ければ「肉」を喰え。暗黒譚開幕。

婚姻のためオーストリアからフランスへと
向かったマリー・アントワネット一行。
しかしその道中で「不死者」の群れに襲われてしまう。
密かに同行していたマリーの双子の弟・アルベールは
姉の危機を前に、尋常ならざる決断をするが――?

革命の歴史を暗黒色の血で塗り替える、
新たなダークファンタジー開幕!

【編集担当からのおすすめ情報】
世界の偉人のクローンのみが通う学園を舞台とした
新世代SFファンタジー『放課後のカリスマ』の作者・
スエカネクミコ氏が満を持して描き出すのは……
ベルサイユ宮殿を舞台とした「オブザデッド」作品!

革命前夜のフランスに降り立ったマリー・アントワネット、
絢爛豪華なドレスの奥に隠されている秘密とは?

連載前にフランス取材を敢行、さらにシナリオ協力には
前島賢氏を迎え万全の態勢で執筆されたダークファンタジー、
ぜひともご一読ください!

ベルサイユオブザデッド 1 (ビッグコミックス)はこんなマンガです

ベルサイユオブザデッド 1 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする