レインマン 2 (ビッグコミックススペシャル)

  • 35人登録
  • 3.83評価
    • (1)
    • (8)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 星野之宣
  • 小学館 (2016年4月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091876881

レインマン 2 (ビッグコミックススペシャル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「ロボットの反乱」をこのマンガで見るとは思わなかったし、納得するほかない理屈づけがされたのも驚いた。ゾクゾクするような奇説を合わせてまとめてストーリーにする力の強さ。

  • 多数世界の無意識の並列化。
    いよいよペルソナ2の感じになってきました。ニャルさん暗躍しちゃうやつです。

  • 人工知能の暴走と並行世界。ゴーストハントではなく、SFに寄り切った! 力技感が素敵☆

全3件中 1 - 3件を表示

星野之宣の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

レインマン 2 (ビッグコミックススペシャル)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

レインマン 2 (ビッグコミックススペシャル)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

レインマン 2 (ビッグコミックススペシャル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

レインマン 2 (ビッグコミックススペシャル)を本棚に「積読」で登録しているひと

レインマン 2 (ビッグコミックススペシャル)の作品紹介

巨匠が描く、科学とオカルトの融合した世界

主人公・雨宮 瀑(あまみや たき) には脳がなかった。だが普通に生活し、脳がないとわかってからは兄の霊、それもなぜか無数の霊を見たり会話することもできる。瀑の前で次々に不思議な事件が起き始める。羊ヶ山(ひつじがやま)団地の怪事件、そしてインテリジェントビルで起こった謎の爆発事故… そして脳がないことを悩む瀑がたどり着いた、この世界の秘密とは…?

【編集担当からのおすすめ情報】
最新の科学トピックを盛り込んだSFにして、この世界への根源的な問いかけを含む哲学の書、さらにいわゆるオカルトの世界に切り込んだ挑戦作でもあり、そして何よりも第一級のエンターテインメント!! こんな離れ業ができるのも、筆者ならでは。画業40周年の総決算、という意気込みが伝わってきます。

レインマン 2 (ビッグコミックススペシャル)はこんなマンガです

レインマン 2 (ビッグコミックススペシャル)のKindle版

ツイートする