白暮のクロニクル 9 (ビッグコミックス)

  • 146人登録
  • 3.79評価
    • (6)
    • (14)
    • (13)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
  • 小学館 (2016年8月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091877369

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

白暮のクロニクル 9 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

全5件中 1 - 5件を表示

白暮のクロニクル 9 (ビッグコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

白暮のクロニクル 9 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

白暮のクロニクル 9 (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

白暮のクロニクル 9 (ビッグコミックス)の作品紹介

近づく、Xデー…捜査、急展開!

雪村魁は、不老不死のオキナガ。
60年間「羊殺し」という、ひつじ年のクリスマスに起きる猟奇的な連続殺人事件を追っており、厚生労働省の夜間衛生官の新人・伏木あかりとともに、捜査を進めている。
そんな中、魁の想い人にして、あかりの祖母だったことがわかり、長尾棗が殺された事件の12年前にも、羊殺しに似た殺され方をした女性がいたことが分かる。
その女性の名は、伊集幸絵。
あかりの上司にして厚生労働省の参事・竹之内唯一の婚約者であった。
「羊殺し」に酷似した、伊集幸絵の殺人事件は、最初の「羊殺し」なのか?
そんな中、当時事件の日から行方をくらましていた重要参考人が、
偽名で生存していたことが発覚して…!?

【編集担当からのおすすめ情報】
ひつじ年のクリスマスがあと2週間ほどに迫る中、
未だ犯人の手がかりを得られていなかった中、
72年前の事件から、まさかの手がかりが…!?

時代を超えるサスペンス長編、物語は佳境!!!

白暮のクロニクル 9 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする