プリンセスメゾン 3 (ビッグコミックス)

  • 222人登録
  • 4.17評価
    • (22)
    • (24)
    • (12)
    • (0)
    • (0)
  • 19レビュー
著者 : 池辺葵
  • 小学館 (2016年10月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091878489

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

プリンセスメゾン 3 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ついに買ったね。よかった。今のベストをつかむ、私もそう思ってます。本田さんのストーリーも胸に響いて、じんわりしっぱなしでした。

  • 都会の人が暮らすマンションの灯りみたいにじんわり優しくて、でも少し切なくて、なぜか泣きたくなる4巻。

    沼ちゃんがマンション購入を決めた。
    理子さんが泣いた。
    伊達さんが笑った。
    沼ちゃんが笑った。

    誰かの幸せを、誰かの喜びを心から願えるって
    幸せなことだ。そう思える相手に出会えたってことは。

    洋助さんと沼ちゃんの話が好き。
    ドラマ版でもすごく印象的だったけど、原作版も良いなあ。

  • ただの名言の宝庫。背中を押してくれる。
    伊達さんのラストカット素晴らしかったです。

  • ついに。伊達さんの最後の表情が良かった。

  • いつかの「ダ・ヴィンチ」で紹介されていたコミック。
    独身女性が、居酒屋で働きながら家を買う物語。
    悲哀が感じられつつも、身の丈にあった庶民派コミック。暖かいです。

  • 家を買った!買えるんだ。

  • 何度も読み返してしまった。沼ちゃんをはじめ、登場人物の言葉がジーンと来て、泣ける。
    じわじわと、何かのパワーをもらえるマンガです。

  • お姉さんがはるに言った「どうせ死んでいく身やし好きに生きたらええのよ」ってセリフ。好きに生きる、の意味を履き違えていないって信頼してるから言えるんだろうな。

  • 自分の賃貸物件探しも沼ちゃんの心意気で探しました。身の丈に合った、でもテンションあがる物件。
    最後幸せそうでよかったねぇ。泣けた。
    ドラマもとても良かった。

  • 奥田さんのかわいいな。
    そして伊達さん~伊達さんの生活かわいい~。
    しかしなんといっても沼ちゃんマンション購入おめでとう!!!お辞儀をしたときの伊達さんの表情になんだか泣けたよ。

全19件中 1 - 10件を表示

プリンセスメゾン 3 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

プリンセスメゾン 3 (ビッグコミックス)の作品紹介

。。○☆祝!!連続TVドラマ化!☆○。。

☆☆☆「鉄の心」を持つ女・沼ちゃんの家探しが、実写映像化です!☆☆☆
○NHK BSプレミアム
○平成28年10月25日~ 毎週火曜 23:15~23:44


オリンピックを控えた現代日本。

独身、年収250万円ちょっとの居酒屋の写真・沼ちゃん(25歳)は、
“運命の物件”に出会うため、モデルルーム巡りを繰り返す。
3集では遂に…!?

この地上の何処で、わたしたちは生きたいのか。
切実で夢見がちな、「家探し」群像劇。



【編集担当からのおすすめ情報】
1集発売当時から話題騒然の『プリンセスメゾン』。

3集にも、主人公沼ちゃんを始めとして、さまざまな女性が登場します。

年末年始の一人暮らしの家、
「おひとりさま」と称されること、
田舎の家族、
私だけの住処を探して…

記憶を振り返れば、どれも自分に思い当たることばかり。

「欲しいものってさ、手に入れてからが勝負だね。」

寂しかったり孤独な夜に、
ちょっとだけ強くなれる漫画です。

プリンセスメゾン 3 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする