銀河鉄道999 (15) (ビッグコミックスゴールド)

  • 50人登録
  • 3.53評価
    • (2)
    • (4)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 松本零士
  • 小学館 (1997年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091880154

銀河鉄道999 (15) (ビッグコミックスゴールド)の感想・レビュー・書評

  • 1997年刊行。

    ●第1話 未来軌道(フューチャーレールウェイ) 
    ●第2話 シャドウ・彷徨える惑星墓地 
    ●第3話 空間無限軌道 
    ●第4話 無限大叙事詩第一楽章 
    ●第5話 テクノロジア

  • アンドロメダ編の最終話から一年後、物語はエターナル編へ。
    メーテルが鉄郎のところに戻ってきたのに安心したのはいいが、メーテルの性格がちょっと違うような気がする。
    鉄郎の前ですぐ裸になったり以前よりずいぶん大胆に思えるけど、鉄郎への好意が前編で確定したからこその行動なのだろうか。
    そしてメーテルになら自分の心を読まれてもいいと考える鉄郎の、まったく疚しいところのない心の強さは健在でよかった。
    クレアさんやハーロック一味が再登場したり、エメラルダスの行方を追ったりと松本作品のおなじみキャラクターがどんどん集まってくるみたいでそちらも楽しみ。

  • 999に限らず、松本零士作品は漫画であると同時に詩です。それを僕はよく思います。999のテーマは人間の限りある命の美しさ。鉄郎の逞しさとメーテルの優しさに憧れて、そして独特の世界観やひとつひとつの物語の儚さが好きで、僕は中学時代かなり熱中して999を読んだものです(当時、地元の図書館が試験的に漫画を貸し出すようになって、そこで借りたのが999だったんですよね)。

    「旅はまだ続く」という一文で終わった999が本当に連載を再会したときの驚きったらありゃしません。

  • 第二幕開始ですか〜

全4件中 1 - 4件を表示

銀河鉄道999 (15) (ビッグコミックスゴールド)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

銀河鉄道999 (15) (ビッグコミックスゴールド)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

銀河鉄道999 (15) (ビッグコミックスゴールド)を本棚に「積読」で登録しているひと

銀河鉄道999 (15) (ビッグコミックスゴールド)はこんなマンガです

銀河鉄道999 (15) (ビッグコミックスゴールド)のKindle版

ツイートする