セクシーボイスアンドロボ1 (BIC COMICS IKKI)

  • 737人登録
  • 3.60評価
    • (87)
    • (84)
    • (251)
    • (2)
    • (1)
  • 80レビュー
著者 : 黒田硫黄
  • 小学館 (2001年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091882318

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
黒田 硫黄
黒田 硫黄
よしもと よしと...
魚喃 キリコ
有効な右矢印 無効な右矢印

セクシーボイスアンドロボ1 (BIC COMICS IKKI)の感想・レビュー・書評

  • ドラマに触発されて購入。おもしろい! 【再読】ドラマの配役はすっかり忘れ、素直に作品を堪能。画が粗いのにボーイッシュな主人公ニコが妙に可愛く見えてしまう。中学生でテレクラのサクラバイトをするませた子なんだけど、裏稼業の爺さんの依頼を真面目にこなしてしまう純な面が良い。ロボはダメな奴だな〜。まだ相棒というよりはアッシー君だね。

  • 独特なタッチで個性的なんだけど、何か消化不良で終わってしまった感がある。もっと掘り下げて描ける気がするんだけどなあ~。続編出ないのかな?

  • 相変わらずの独特なコマ運び。慣れないとちょっと読みにくい

  • この絵、凄い好き。絵本のような漫画のような。

  • ニコかっこいい。ロボやさしい。
    疾走感がいいです。

  • ロボかっこいい!!

  • 2巻まで読んだ。
    ドラマで昔見たけど、原作も面白い。
    「宇宙で私だけ」
    自分が何者かになっていく過程。
    三日坊主が好き。

  • めっちゃ好き

  • 期待していませんでした。それは、前回読んだときの印象が悪かったからです。前回読んだきっかけは、「最先端」のものなので、とりあえず読んでみようかなと軽い気持ちでした。「最先端」は、僕と無縁であることを再認識しました。今回は、それほど悪い印象を持ちませんでした。特に、「タワーの男」が興味深かったです。現在の東京に生きる専門職のライフスタイル、考え方をうまく描いています。この手のストーリを描けるのは、この作家だけでしょう。ただし、有能なプログラマーは、この手のタイプはいません。「ロボ」のような人ばかりです。少なくとも、このコミックのような人はいません。

  • スパイ志望の14歳、セクシーボイスことニコの見る世の中は、結構なハードボイルド。大人も子供も醒めていて、それぞれの複雑な事情を抱えているけど、彼女はそんな人を助けようと、偶然知り合った男ロボと共に(というより巻き添えにして)奔走する。ニコの大人びた眼差しのなかには、人間への信頼感が垣間見えるみたい。それが「助けられるのは、宇宙で私だけ!」の名セリフに集約されるようだ。世間も思うほど、非情ではないんだよな。

  • ニコロボ!

    ドラマがだいすきでした。

  • 1/9 黒田硫黄にしてはわかりやすいエンターテイメント。最高傑作じゃないだろうか。

  • 3年前に大後寿々花・松山ケンイチ主演でTVドラマ化されていたのが結構好きだった。図書館で第1巻を発見したので読んでみた。TVドラマ放映中も、原作とはかなり違うという評判だったが、確かに、原作の設定(というか枠組)以外、かなりというか全然違っていたが、両方とも突き抜けた感があって好き。
    ニコは、原作の方がより颯爽としてかっこいい。
    ロボは、原作はよりダメダメでしょーもないやつだが、ニコにアッシーとして使われかわいそうなような。でも、ちょっといい思いもできてよかったね、てか。
    「日本のバカンス」、そりゃそうだ、それだけあれば十分ニースに行けるよ。
    「指輪とギャングスター」、節子さんかっこいい。
    図書館にはなぜか第2巻がないので、ブックオフで探そうかな…。

  • ニコはテレクラで暇潰しをするような少女だが、中性的で大人が期待するような「セクシーボイス」な見た目をしていないところが好き。ニコの目から見た屈折した大人はどんな風に映っているのか。作者が伝えたい事を十分には理解できなかったかも。

  • なんかTVドラマになったらしいがそっちは観てない。
    この先生の作品は映画「茄子 アンダルシアの夏」の原作、「茄子」の方が有名かな?

    この作品は面白いんだけど、これを「好き」と言えるかどうかは、主役の女の子が好きになれるかどうかにかかっている。
    中学生。将来の夢はスパイか占い師。テレクラのサクラバイトで小遣いを稼ぎ、大人の男性を次々と“セクシーボイス”で誘惑して放置するその仕事は「将来の夢のための修行」。
    この女の子にイライラするようなら、ダメ。読んでられない。
    逆に、小さな女の子が知恵と機転で大の大人を手玉にとったり、事件を解決するような話を痛快だと思えるようならかなり楽しめると思う。
    私自身は、この少女を受けいれられるか微妙なラインだった。
    中学生の頃なら、間違いなく好きになれるキャラ。
    でも、大人になると、自分に都合の悪いナマイキな子どもは鬱陶しい。子どもは素直で、裏表がなくて、大人を無条件に尊敬していてほしい。
    というような、昔の私が聞いたらヘドが出そうな価値観がいつの間にか私の中に形成されつつあって、そのことに気付けたのが一番の収穫だった。
    子どもは素直が一番だと?
    そんなのはクソくらえだ!!

  • セクシーボイスアンドロボ1 (BIC COMICS IKKI)

  • 昔に読んだ、ただだらっとした印象より明るくはっきりとそのいいところが見えた。雑の部分が多すぎて、見たいところは見えない、というのが世の中の常ですが、そういう意味でリアルなものなんてほんの中には求めていない。明るくはっきりとみえたいいところは、まるでだらだらと続いていきそうな世界観に反した、刹那の輝きを追い求めてだけいるところ。ひらめくように、燃える炎の愛情や、手をつなぐ勇気や、もっとかまわなければならないもの、が出てくるところが今回は青臭く感じるほどであった。スパスパ。主人公が若い、女子であるので、そういった青臭いところが許せてしまうような、そこまで青く見せられてしまうような気持ちはあるのだけれど、世界の万能感を手にする若い少年少女には ほんとうにもっとだいじなものがあるだけ。今日の俺はここにしかいない。明日の俺のかわりは明日の俺しか出来ない。

  • 筆ぺんタッチの絵柄が独特。
    ニコの台詞は中学生とは思えない。

全80件中 1 - 25件を表示

セクシーボイスアンドロボ1 (BIC COMICS IKKI)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

セクシーボイスアンドロボ1 (BIC COMICS IKKI)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

セクシーボイスアンドロボ1 (BIC COMICS IKKI)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

セクシーボイスアンドロボ1 (BIC COMICS IKKI)を本棚に「積読」で登録しているひと

セクシーボイスアンドロボ1 (BIC COMICS IKKI)はこんなマンガです

セクシーボイスアンドロボ1 (BIC COMICS IKKI)のKindle版

ツイートする