ドロヘドロ 1 BIC COMICS IKKI

  • 2880人登録
  • 4.03評価
    • (655)
    • (258)
    • (580)
    • (15)
    • (2)
  • 330レビュー
著者 : 林田球
  • 小学館 (2002年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091882714

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松本 大洋
有効な右矢印 無効な右矢印

ドロヘドロ 1 BIC COMICS IKKIの感想・レビュー・書評

  • 18巻まで読了。
    林田球が,IKKI創刊時からずーっと連載を続けているダーク・ファンタジー。
    血みどろでざらざらした独特の世界観の中で,謎に満ちたストーリーが展開されていて(しかも様々な伏線が見事に回収されそうで),画力も高くて,キャラも立っていて,こーんなに面白いのに,どうにもメジャーになりきれないのは,やっぱり血みどろだからなのか。絶対アニメ化できないだろうなあ。
    あと正直,世界観が独特すぎて,とっつきにくい作品ではある。最初の1~2巻では,何をやっているかわからないかも。

  • たしかにグロもあるんだけどこんなに血と暴力と愛と魔法に満ちたマンガは読んだことない気がする。ファンタジー(たぶん)なんだけどこんなにたくさんの人たちがいろいろ思い合っている…ということにいつも呆然とします。煙だっていろんなこと考えてるということにね…!皆しあわせになってほしいけど皆が皆は無理かなあ無理かなあ読めば読むほどせつないよ。でもどうなっても絶対最後までついていくつもり。心先輩と能井がとても気に入っている。ニカイドウはもちろん。藤田はがんばれ!

  • 餃子食べたくなった

  • 表紙のインパクトも強いけど、一コマ目の衝撃。
    今までこんな漫画読んだことない!と、世界観に一気に引き込まれる漫画。
    少々グロ表現があるので好き嫌いは別れるかも。
    けれど、そんな絵とは裏腹にとにかく登場人物が可愛い。
    そして餃子が美味しそう。

    私の持っている漫画で、オススメNO.1です!

  • 描写がグロいのにほんわか系。
    ギョーザが食べたくなる。

  • グロとほのぼのが程よく混ざり合った独特の世界観。
    お値段が結構するのででなかなか買えず、まだ6巻までしか読めていません( ;>_<)
    現時点ではお話よりもキャラに惹かれています。
    能井ちゃんかわいい!

    ジャンルは何だろう?スプラッターファンタジー?っていえばいいのかな…
    一巻読み終わるごとに餃子が食べたくなります。

  • 1コマ目から衝撃を受けた。あら?ってなる。
    絵がうまくて世界観だしてるし、コマ割りも斬新で楽しい。
    主人公も敵もみんな残酷だけど、みんなどっかかわいいところがある。ぐろいんだけど、ほのぼのする。
    こんな作品なかなか無いと思う。

  • 魔法使いに頭をトカゲ?にされた男・カイマンとその友人であるニカイドウ、そして魔法使いサイドの戦いのお話。1巻では勢力同士の戦いという雰囲気はまだないです。
    登場人物全員が怖いようでいて可愛いと思えるのがこの漫画の独特な点だと個人的に感じました。カイマンしかり心先輩や煙しかり。女性キャラの可愛さもそれぞれ魅力的。
    そしてカイマンらが魔法使いとの戦いの間に人間世界サイドである「ホール」においてバイトや食事などの日常生活を営んでいるシーンの描写が挟まれるのですがこれも絵柄とマッチした生活臭のまとわりつくような良いシーンとなっています。1巻を読んだだけなのに結構な量を読んだ気になってしまうくらいの濃度を感じました。
    カイマンの目的の魔法使い探しと魔法使いサイドの攻撃が続巻でどう展開していくかが非常に気になります。

  • すっげぇ本自体薄いんにさー
    大ボリュームなんすよねぇ~
    濃ぃいのなんの!

  • 容赦なくやりたい放題な独特のグロさと、荒っぽいけどキメる時はキメる独特の美しい絵柄と、作品の中から異臭が湧き出てきそうなほど引き込まれる独特な黒々しい世界観が最高。
    このマンガに似たマンガは私は今のところ知らない。

    変わったものとバトルものと、それと何よりも被り物(マスク)がお好きな男性は絶対に気に入るはず。

    ぜひ。

    P.S 私はこの作品に出会ってから、被り物や変装などに強い関心を持ち始めました。

  • すごーく可愛い作品。
    とにかく全てのキャラが愛らしい。
    やり取りを見てるとほのぼのとします。
    (といっても、それも途中まで。
    16巻辺りから胃の奥がグルグルしてくるような、グロテスクなシーンばかり…
    流石に気持ち悪くて、一度本を閉じました。)

    そして何より圧倒的な表現力!
    確かな画力に裏打ちされた、実験的な表現方法は、読んでいてワクワクしてきます。

    また、張られた伏線は丁寧に回収されていくので、最初は意味がわからなくても、後になってどんどん繋がっていくのでとても楽しめます。

    物語もついに終盤。
    最終巻読了後に再度レビューします。

  • 世界観とキャラクターが魅力的で、もっとはやく読んでおけばよかったなあ、と思った。魔法使いのイメージが覆された。つづきが本当にたのしみ。

  • この世界観すごい。
    魔法使いと、ワニの顔をした男。
    どんどん謎が明らかになるに連れて謎が増えていく。
    餃子食べたくなる。

  • 何が良いのか。
    きっと、それは。

    世界観。
    (スタッフ:♂:20代)

  • 女性の漫画家さんが描いてるってことを微塵も感じさせない漫画
    グロテスクで荒廃した世界…
    あんまり読まないジャンルの漫画だけど不思議と苦にならなかった
    世界観がちゃんとかたまっている感じが好きだな~
    続きが気になる漫画です

  • 1巻を買ったら、続きを買い求める日々に!

    一見、グロテスクホラーのような雰囲気かと思いきや、キャラクターの個性ややり取り、過去が複雑に絡んできて面白いの一言です。
    巻を増すごとに、ギャグが秀逸になっていってる気が(笑)
    もちろん、世界観やデザインのクールさは言わずもがな。
    ちょっとでも気になったら読むのをお勧めします!

  • 唯一無二の雰囲気っすね!

  • グロテスクで残酷だけど、コミカルでほのぼの。登場人物達が人の痛みや死に対して少し鈍感な感じだけど、テーマは友情。

  • まだどんな話なのかつかめない感じ

  • 悪魔になりたい。キャラがみんないい!!あの絵が私は好きです。
    ハルちゃんかわいいニャー。

  • 1~19巻まで読破。
    書店で立ち読みして、ずっと気になっていたもの。ただ、グロかったためなかなか購入には至らず、立ち読みしてから1年後にやっと購入。

    巻を追うごとに謎が解けていく感じが気持ちよく、一気読みしてしまった。問題や謎がかなり複雑絡み合っているにも関わらず、一つ一つ確実に謎が解けていくため、読んでいて安心感がある。とにかく次の巻が待ち遠しい!
    そして能井と心の関係が気になって仕方がない。

  • 1〜4巻読んだ
    カイマンとかキクラゲとか、気持ち悪いのがだんだん可愛く見えてくるのを楽しんでます。

  • ダークファンタジー/ホラー/爬虫類の頭
    17.09.28 20-22巻up

    1-22巻 続

  • 第1〜6話+描き下ろし「魔のおまけ」収録。自身の中に潜む奴は誰なのか、そして自分の顔を変えた魔法使いは何処に居るのか──。それまでの記憶を失ったカイマンは自身に纏わる謎を解明すべく、友人ニカイドウと共に「ホール」にやってくる魔法使いを退治する。
    残虐描写が多い割には、何故かほのぼのとした印象を受ける不思議な漫画。藤田が不憫な所が好きです。一生懸命頑張ってるのにな〜(-∀-)

  • 1~18巻まで読了。

    個性的な絵でグロいんだけど、読み進めていくうちになんだかそのグロさに愛嬌が出てくる。
    面白いのか面白くないのかよくわからない。
    なのについつい読んでしまう不思議な漫画です。

全330件中 1 - 25件を表示

ドロヘドロ 1 BIC COMICS IKKIに関連するまとめ

ドロヘドロ 1 BIC COMICS IKKIを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ドロヘドロ 1 BIC COMICS IKKIを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ドロヘドロ 1 BIC COMICS IKKIを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする