ぼくらの 4 (IKKI COMIX)

  • 837人登録
  • 3.71評価
    • (78)
    • (63)
    • (163)
    • (1)
    • (1)
  • 33レビュー
著者 : 鬼頭莫宏
  • 小学館 (2005年12月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091883063

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ぼくらの 4 (IKKI COMIX)の感想・レビュー・書評

  • 何事もなく生きている間は、ヒトはそれぞれそれなりに”いいひと”ぶって生きられる。

    死ぬ事が目の前に約束されてしまったときが分かれ道だ。

    死ぬ事そのものは"善い"わけはない。
    でもその最期と、その人の消えた世界でその人が残したものは”善し悪し”がある。

  • 3巻からの続きのエピソード。
    聖母のような千鶴の姉、私にはちょっと理解できないかも…
    お姉ちゃん、素晴らしい人かもしれないけど、醜い部分を受け止めてくれる人が身内にいないのは、それはそれでつらい気がするなぁ。

    ここにきて、誰か一人、契約していない人がいる?という新たな事実が判明。
    仲間割れの様相を呈してきたぞ…。。

    次のパイロットは、千鶴と同様に「特定の誰かを殺す」ことを考えていた少年。けれど誰かを殺しても自分が生き残ることはないと知って、彼は違う答えを選ぶ。これまでのパイロットと違って、清濁併せ持った感じのエピソード。

    選ばれる順番というか、一人一人の選択の内容のつながりや展開が秀逸だなと感じ始めた。前の人たちの流れをふまえて次の人のエピソードがあるという感じ。一戦終えるごとに新たな事実が浮き上がるというのも次へ次へという引力になっているのかな。止まらない…

  • レンタル。
    チズとモジ編。
    チズの家族が理解できない・・・。
    あとツバサとチズの見分けがつかない^^;

  • 千鶴の家族のエピソードは、千鶴の姉への気持ちの描写が足りないから付け足したのかしら。姉のために世界を守る、一応辻褄あったかな。
    門司のエピソードは…切ない。互いが互いを思い過ぎる故に生まれる少しのすれ違い。決してハッピーエンドじゃない。でも、せめてナギとツバサが、門司を忘れずに生きていってくれれば、救われるなぁと。

  • チズ戦完結、モジ戦開始の巻。
    当初から冷静沈着に状況を見てきたモジ。実戦でここまで苦戦するとは正直思わなかった。また、裏がありそうな性格だなぁ、と思っていたのも裏切られ、本当に「いいヤツ」だった。素直に応援できるモジ。チズに対しては複雑な感情もあり、鬱&凄惨度UPだったが、次巻は切なさ&やり切れなさがまたUPしそうな予感。

  • 先生が嫌いだったなぁぁもうあそこでチズに(ジアースに)ズタズタにされちゃえばよかったのに..と思ってました
    先生とお姉さんは絶対に一緒になっちゃだめだよ

    窃盗犯のエピソードはいいなぁ 本田一家ののんびりしたとこ私はけっこう好きです

    門司くんの話は切ないよ・・・

  • 初読:2012.1
    チズ後半、モジ前半。戦闘シーン少なめ。チズが結局先生を殺せないとこはモヤモヤしてていいが、お姉ちゃんのいい人っぷりが鼻につくかも。
    パイロットの数が足りないとか、伏線的な設定も出てきた。

  • チズは自分を貶めた先生への復讐を決意する。
    だが、その先生は自らがもっとも尊敬する姉と付き合っていた。
    残酷な現実を目の前にして、尊敬と復讐の間でチズが下した決断は…。

    全体的にやるせない…。
    ここまで来て改めて、戦った後に必ず訪れる「死」を目の前にした子どもたちが背負った宿命の重さを、ひしひしと感じてきました。
    チズの時の最期の言葉と、その後展開されたエピソードもですが、門司くんのエピソードにもグッとくるものがありました。

    ってかチズのお姉ちゃん、何者? 神?!(笑)
    下手な大人よりも十分立派な人だよ…。あそこでチズの憎しみごと受け止めるとその場で言える彼女がすごい。
    そしてなぜここまでの人が、あんなダメ男と付き合っているのか…。そこだけが一番不思議でした。

    一方門司くんもなぁ…。
    始終冷静に自分の死を受け入れて、さらにその後のことも考えて自分のできることをやったのがもう…!
    彼が居なくなった後のツバサちゃんは気づくんだろうなと思うと、切な過ぎるよ…!

  • メカニック解説付き。
    モジの回想。冷静な彼はやはり冷静なのだが、
    彼がジアースで戦闘する理由はなかなかにベタな理由だった。もちろん好物である。
    はなしはまだまだ続く…

  • 整理ついでに久々に発掘したので登録。

  • なんだかんだでこの子は芯がしっかりしていると思う

  • 人を殺めることとはどういうことか。
    そして『ゲーム』始まって以来のピンチ。

  • 家族愛で泣けます。

  • チヅ戦後半とモジ戦。
    チヅが姉と向き合う姿はアニメもやるべきだったと思うな。
    チヅの家族のエピソードはなんだかじんときた。でも私もイライラするよこれ。
    モジはアニメとだいぶ展開が違ってびっくり。こっちの方が断然いいのに、なんでかえたのやら。

  • モジ。心理的に、一番わかりやすかった。でも、自分が中1のときにこんなに冷静に判断できたかなあ?
    伏線がいろいろ張られてて、いろいろ忘れそう……。

  • 急所のつぶし方には驚いたものです

  • モジかっこいいよモジ

  • ダ・ヴィンチ2007年10月号
    「今月のプラチナ本」
    2007年11月1日(木)読了。

  • この巻は特に続きが気になる。モジーっ!

  • ナカマのお母さんがかっこいいです。アニメの監督は「売春婦」が大嫌いみたいですが。ナカマの母に説教されて来い。

  • 殺意を抱くような人間とは何なのかを考えさせられる。

  • 門司さんのように同じ状況でも私は出来ないと思う。

  • 巨大ロボに乗って闘う系。闘う理由がわからないままあれよあれよと進むところがほかと違うのかな。

  • ジアースに乗る子達のそれぞれな訳!ただ悲しすぎる(T_T)

  • モジ君が切な過ぎる しかし自分はウシロが好き

全33件中 1 - 25件を表示

ぼくらの 4 (IKKI COMIX)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ぼくらの 4 (IKKI COMIX)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ぼくらの 4 (IKKI COMIX)を本棚に「積読」で登録しているひと

ぼくらの 4 (IKKI COMIX)のKindle版

ツイートする