LA QUINTA CAMERA―5番目の部屋 (IKKI COMIX)

  • 2646人登録
  • 3.77評価
    • (449)
    • (289)
    • (747)
    • (11)
    • (6)
  • 294レビュー
  • 小学館 (2006年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091883278

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
オノ・ナツメ
オノ・ナツメ
有効な右矢印 無効な右矢印

LA QUINTA CAMERA―5番目の部屋 (IKKI COMIX)の感想・レビュー・書評

  • 独特のタッチで、まるで短編映画みたいな人間模様を描く。いいなぁ、気の合う仲間で、中年な年頃に、こんなふうに気ままなシェアハウス、楽しそう。実際はこんなにスマートな感じには、ならないんだろうけどさ。四人がそれぞれの暮らしを始める話が好き。別々になってしまったって、二度と会えないわけじゃないよね。大事な人に、大事だよーって伝えなきゃ。たくさん会って伝えなきゃなぁ。

  • ほのぼの系短編。
    ルームシェア・・・ではなく同じアパートでの共同生活の話。
    個性的な四人と、入れ替わり立ち替わる5人目の話。

    リストランテ~もよかったけれど、このほっこりほのぼの系がまたよろしいね。

  • 留学、下宿したことある身にとっては余計に愉快。

  • ラ・クインタ・カーメラ復活☆
    なんか普及版って感じのサイズで嬉しいv

  • 「リストランテ〜」以来すっかり好きになってしまったオノ・ナツメ。同時に「さらい屋五葉」もかったけどコッチがお気に入り。オノさんの書く人物は本当に可愛い。男が多い中で、何より女の子は絶品だと思う。可愛い!!可愛い!!

  • オノナツメさんらしいイタリア舞台の作品、もう少し一人ひとりの話が読みたかった印象

  • BOOK OFFで見つけて気になっていた、オノ•ナツメさんの作品です。
    イタリアに行ったことないから分からないけど、空気感が凄くいい! 独身男四人+αの織りなす日常譚、独特の絵柄とマッチしていて気に入りました^_^

  • この方の作品って、漫画で表現するのがいかにも相応しい感じがして、だから好きです。
    昔の映画みたいな、言外のニュアンスを含んだ雰囲気というのかなあ。

    登場人物のルーカが、
    同じくオノ・ナツメさんのnot simpleの主人公に似てる。

  • 表紙の絵に惹かれて購入しました。

    オノナツメさんを知った作品であり
    一番好きな作品です。

    お話はとってもほっこりしていて
    シンプルな絵で表現される
    人と人とのふれあいが
    あったかくって
    ずっと大事にしていたい一冊です。

  • 他のマンガのついでに借りてみた。
    イタリア留学経験のあるマンガ家さんの初期作品集。
    短編連作+おまけエピソード的ショートを収録。
    四人の中年男性が暮らすアパートに空き部屋=「5番目の部屋」があり、
    そこに留学生など、比較的短期の滞在者がやって来て、
    居住者と交流する。
    うーん、設定は素敵だけど、アッサリし過ぎていてあまり心に残らないかなぁ。
    もっとイタリア独特の風物やイタリア人気質のようなものが
    詳細に描かれているのを期待していたのだけど。
    画風も好き好きだと思う。

  • まったり。
    そういう人いるよねーみたいな、友達から聞いた話なんだけど…みたいな親近感があって、ゆるゆると、しかし、楽しく読めました

  • イタリアのとあるアパート……共同生活を送る個性豊かな独身男と、あまった“5番目”のにかわるがわる下宿する留学生。偶然が引き合わせた仲間たちが、それぞれ抱える想いと、共有するあたたかな時間――やさしくせつない読切連作集。

    ------------------------

    アパートの部屋主・マッシモ、街中で笛を吹く少年のような男・ルーカ、賑やかで口喧しい漫画家志望・チェレ、たまに部屋にいるかと思えば大抵寝ているアル。
    そんな中、5人目としてデンマークから語学留学にやって来た少女シャルロットがやってくるところから物語が始まる。画家志望の青年がアパートを本格的に借りるまでの一週間やって来たり、日本人の青年がクリスマスを過ごし、男の出掛け先にアルが送り届けたり、アメリカからやってきた男は毎日ポテトフライを食べてみんなを呆れさせたり、向学心旺盛な女性がやって来る。

    彼ら4人だけでも暖かでとてもいいバランスで暮らしていて、その中に5人目が迎えられて彼らの物語が進められていく。
    彼らの中では、やはりアルが素敵だと思う。毎日仕事で働きづめで、部屋にいるかと思えば寝ていて、そして作中で語られる彼の過去と今の部屋に来た理由。

    オノ・ナツメさんが描く作品はどうしてもやはり好き。
    映画化とかしたら、もししたら、観たいなと思う。

  • 近くの古本屋でたまたま目に止まったから買ってみた

    黒い枠に太い線で描かれた舞台の断片

    最初の数ページを繰る時に持った印象と物語から受けた印象は全く違うものだった

    華奢な体躯 大きめの瞳 重ための瞼

    この作者さんの描くキャラクターはデフォルメされていた方が好みに合う

    間取りが想像力をかきたてる


    チェレやルーカがマッシモと出会った時の話があっても良かった

    そういった意味でアルは作者の中で特別な存在だったのだろうか

    僕の好きな登場人物は誰だろう

    人は自分と似た人物や全く対照的な人物に魅かれる ような気がする

    そういった意味ではこの物語の中に僕が好きな登場人物はいなかった


    誰も座っていないソファー

    誰も使っていない洗面台

    ブックカバーを外した時に見る風景

    其処にあるのは別れの後の喪失感を描いたものじゃない

    僕はそう思いたい


    暖かい

    みんな揃えてそう口にする

    僕には少し暖かすぎる

  • 以前本屋でバイトしていた時、何か一冊選んでオススメのレビューを書く機会がありました。
    その時この本を選びました。
    シンプルだけどかわいい、憧れる世界観です。

  • 私が最初に出会ったオノナツメ作品。
    特徴的な雰囲気に惹かれて手に取ったのを今でも覚えています。

    人と人との関わりの中に生まれるものっていうのは、やさしくてあたたかいものばかりではないけれど。
    それでも続いていく、やわらかな何かはあるのだなあと思います。

  • こういう男の群像劇を描かせたら、んもうこの人はピカイチ!
    ちょっとシャレオツなマンガを探している人に、迷わずオススメです。

  • 何気なく素敵に感じる話。

  • ほっこり出来るという意味で、オノ節全開の作品。
    同時期に発売されたリストランテより、顔が大きく等身が低くて最初は違和感がありました。それを払拭してしまう構成力にただただ引き込まれます。

  • 舞台はイタリア。
    パニーニが食べたくな~る(笑)

    アルが素敵◎

  •  私はルームシェアや同室が苦手だ。
     去年ちょうど一ヶ月半ほど2人部屋で見知らぬ他人と生活する機会があった。
     同じ空間に他人が生活しているということがたまらなく嫌なんだけど、本書を読んでてふと気づいた。
     嫌なのは親密になった後で別れることだ。
     今思い返すと、自分のプライベートスペースがないことは確かに苦痛なのだけど、意外にも耐えがたいというほどでもなかった。それよりも短い間とはいえ、同じ部屋で過ごした人間との別れは結構寂しかった。

     そう考えると、家族との同居に違和感がないことも納得できる。
     そこには、不意に訪れる死以外は、よほどのことがない限り繋がり続ける保証がある。
     

     オノ・ナツメさんの漫画を読んでると、自分の絵を持っている人は強いなと思う。

  • 中年のおじさんがシェアしてるアパート。その5番目の部屋にショートステイする人とおじさんとの交流の話

  • ルームシェアするイタリア男4人と、その部屋に下宿をするいろいろな人達とのお話。

    こういう生活憧れる。
    勿論良いことや楽しいことばかりではないだろうけど、約束なしでも繋がっている本当の家族じゃないからこそ、みんなが一緒に居られる努力をするんじゃないかなぁ。

    悲しみは分かち合い、喜びは共有する。
    いつか終わりがくるからこそ、その時その時を大切に生きる事が人生中で重要な意味を持つんだと思う。

  • 四人の男たちと五番目の部屋に下宿する人たちの話。

  • イタリア人4人と、代わる代わるやって来る留学生の共同生活。

    イタリア人のイメージが変わります(笑)
    アルとマッシモはかっこいいし、チェレとルーカはすっごく可愛い。
    癒やし漫画。

全294件中 1 - 25件を表示

LA QUINTA CAMERA―5番目の部屋 (IKKI COMIX)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

LA QUINTA CAMERA―5番目の部屋 (IKKI COMIX)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする