月館の殺人 (下)  

  • 915人登録
  • 3.38評価
    • (58)
    • (89)
    • (245)
    • (34)
    • (4)
  • 93レビュー
著者 : 綾辻行人
制作 : 佐々木 倫子 
  • 小学館 (2006年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091883339

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ほし よりこ
有効な右矢印 無効な右矢印

月館の殺人 (下)  の感想・レビュー・書評

  • テツじゃあないけど愉しく読みました。

    北海道の広大な土地に、母屋と列車が一体になっている御屋敷には興味津々です。

    それにしても原作者のあとがきが読みづらい!

    こんなに見えないあとがきははじめてだ(笑)

  • 空海の質問に対する乗客の反応や、車掌さんがどうやって洗い熊に餌をあげているか…という疑問がありましたが、なるほど〜そういう秘密があったんですね。月館十蔵の鉄道への愛が凄いですf^_^;みずほが極度の鉄道嫌いになるのも納得。殺人犯の末路が呆気ないと思うのは私だけでしょうか……可哀相。
    巻末の佐々木さん後書きに登場する綾辻さん、そっくりですね(笑)綾辻さんの後書きをめっちゃ探しました、まさかこんな所とは。面白い装丁ですね♪

  • 非常識な一部の鉄道オタクに対する、激しい憎悪は同意する。

  • 2015.12.12市立図書館(長女)
    上下巻にわけたのが効果的だった。死体がいっぱい出てくる割に平気で読めたのは主人公でちょっと天然な感じの空海ちゃんに感情移入していたおかげかな?
    テツのみなさんのこわれっぷりはおかしさといとしさたっぷりに描かれていたと思う。

  • 2015年3月5日読了。寝台特急「幻夜」で起こる殺人事件。目的地「月舘」で下車した面々を待ち受けていたのは、新たな惨劇だった…。これも「館シリーズ」の作品ということになるのかな?空海が「電車に乗ったことがない」という設定が伏線になって明かされる「設定」の秘密はいかにも綾辻っぽく、「テツたちが共同で作り上げる夢」という話は、「テツたちが乗り合わせた列車での殺人事件」という設定を単なる設定にとどめず、必然性を与えているように感じる。「設定」の真相に比べると「犯人」の正体にあまり意外性がないこと、「設定」の真相はもっと最後に明かす方が驚きがあったんじゃないか、というのが少し残念。

  • そうだ、この本で綾辻先生の嫁が誰か知ったのだった!
    そしてあとがきの存在にこのたび初めて気づく。何年越しか。

  • 舞台は列車から祖父の屋敷へと移り、そこで大惨事が起こっていたことを空海たちは見ることになる。

    下巻の冒頭カラーページは上巻の冒頭カラーページに繋がっていた。
    この過去の出来事が全ての元凶であることに皆が気づくのは下巻の半分を過ぎたあたりになる。(読者はもっと前に感づくと思うが…)

    普通に描かれれば、大変陰惨な酸鼻を極める事件なのだが、佐々木先生の筆にかかると、尚もどこかほのぼのとしたものが感じられるのだ(笑)。
    ただ、ほのぼのした雰囲気の中で、こんな事件が…というのがアンバランスで落ち着かない気持ちにさせられ、そして余計に連続殺人犯の壊れっぷりが恐ろしい。
    不可解だらけの事件の真相が解き明かされると、うーん、そうだったのか!としっかり納得させられた。
    犯人がたどった結末も、「人を呪わば穴二つ」という諺を思い出すようなもので、いろいろと深く考えさせられるのだった。

    事件の性質、顛末を思うと本当にやりきれないものであったが、最後まで登場人物たちが前半そのままの肩の力の抜けたのほほんとした雰囲気でいてくれたことが、私には救いであった。
    そのせいで、読後感は悪くなく、むしろ不思議と爽やかなくらい…(笑)。
    それを物足りなく思う読者もいるかもしれないが、私は内容のヘビーさと作風の深刻ぶらなさの組み合わせがむしろ良かったと思うのだった。
    佐々木先生のファンである私には、とても面白かった。

  • 上巻の驚きのラスト。
    事件の舞台が「幻夜」号から月館に。

    連続殺人の謎が解かれていきますが、それほど複雑なトリックとかはないです。動機もわかりやすいし。

    佐々木 倫子の絵は好きなので、楽しめました。

    黒紙に黒インクで書かれた原作者あとがき。
    祖父江 慎らしくて好きです。

  • 乗り鉄,撮り鉄,模型鉄,収集鉄,時刻表鉄などが登場する鉄道オタクがテーマのミステリ。筋も良いけど,随所に小ネタが効いていておもしろい。

  • のほほんとして天然の空海。妄想が暴走。
    メインの台詞以外に後ろに小さく書き込まれるギャグにニヤリとさせられる。
    やっぱり佐々木ワールドは楽しい。
    ストーリーもオリエント急行の車内で死体!とか、吹雪で孤立した館の中にも多数の被害者がいてミステリの舞台も魅力的です。
    普段翻訳ミステリばっかり読んでいるので原作者のほかの作品は読んだことなくて、お名前しか知りませんでした。奥様が小野不由美さんとはびっくり。

    そういえば、今回初めて下巻の裏表紙の内側の黒い部分に黒い字で原作者のあとがきがあることに気がついたのでした。
    表紙カバーをはずすとちょっとレトロな感じになるのがいいですね。

  • 綾辻氏のトリックと佐々木倫子氏のギャグが巧く融合しています。結構陰惨な事件ですが、空海の天然っぷりが物語を明るくしています。
    上巻は期待を持たせるラストで、かなり面白かったです。
    下巻はやや物足りなかったものの、シンプルで意外な真相は好感が持てました。
    綾辻、佐々木ファンは勿論、普段ミステリーを読まない人にもおススメしたい作品です。

  • 友人に借りて。

  • 2013年1月4日読了
    2013年4月17日再読

  • ちょいうと期待したさ。
    原作も画も好きなお二人だ。
    タイトルもいい感じだ。
    けど、良い評判は耳に入ってこなかったので手を出さず時は流れ、
    上下各100円になってたので買ってみた。
    読み終わって…
    『本』好きだから、装丁や紙質の美しさにこの金払った、と思ったね。

    テツの皆様つか、個々のキャラが良いのは漫画の力量なのかな。
    ストーリーはね、つまんないよ。
    謎解きもね、動機とかね、苦しいよ。
    何故ならわたしはテツじゃないから。

    これ、定価で買った方、お気の毒だと、それが一番の感想だ。
    つまり、そんな作品だ。
    あ、作者お二人とも好きですよ。

  • 面白かった~。あの列車がそういうモノだったとは。シカシ、何人も人が死んでいて凄惨なのにやっぱり佐々木ワールド。いや、そこが楽しめるツボかもしれませんが。とは言いながらも、犯人の狂気をはらんだ表情はきっちり描かれていました。ああいう表情の登場人物は佐々木マンガでは初めて見ました。

  • なるほどー全然気づかなかった。綾辻先生さすが。
    ただ、一つ不満なのはやはり違う漫画家でもっとシリアスにしてほしかったなぁ。

  • 月館で次々と起こる殺人事件。
    連続殺人が目の前で起こっているのに、「テツ」の行動がまったく理解できない。
     
    なので、すべての登場人物に感情移入もできない。

    犯人は・・・?! 
    金田一のような、お~っていうトリックがある訳でもなく、特に印象に残らない物語。
    残念・・・

  • 解決編。
    バタバタ殺人が起きる。笑いもあったりするんだけど…下巻はイマイチだったなぁ。がっつりミステリーは個人的には想像しながら読める小説の方が好みだと分かった。
    なんかもったいないなぁ。何が悪いんじゃないんだけど、いい者同士がコラボしてもより良くなるとは限らないってことでしょうか。

  • 綾辻行人のミステリがマンガで。
    さらっと読める。もっとくねくねしててほしかった。オタクはうざいよねたしかに。
    でもなんかよくわかんなく終わったので私は活字で書かれているほうが理解しやすい気がした。

  • ちょっとイマイチ。
    鉄ヲタには面白い話なのかもしれないけど、本格ミステリーファンにはかなり物足りない感じ。
    佐々木倫子も綾辻行人も好きなんだけどなあ。二人の化学反応は起きなかった模様。

  • これってオチはあれっぽいけどまさかそんなことないよなぁ・・・まさかなぁ・・・うーん・・・どんなオチなんだろう・・・このオチは流石にありきたり過ぎるもんなぁ・・・・・・


    ・・・・

    そのまんまのオチでした。
    原作者は何がしたいのか意味不明。ありきたり過ぎだろが。

  • 打ち合わせ風景が目に浮かぶようだ…

全93件中 1 - 25件を表示

月館の殺人 (下)  に関連する談話室の質問

月館の殺人 (下)  を本棚に「読みたい」で登録しているひと

月館の殺人 (下)  を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする