魔女 第2集 (IKKI COMICS)

  • 801人登録
  • 3.92評価
    • (154)
    • (89)
    • (170)
    • (7)
    • (1)
  • 70レビュー
著者 : 五十嵐大介
  • 小学館 (2005年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091884626

魔女 第2集 (IKKI COMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これも怖かったっす。絵も素敵です。

  • 魔女。
    それは科学が理解できないことを知っている女性。
    彼女は自然のすべてを知っている。

  • 収録されてる短編「うたぬすびと」が好きで何度も読んでしまう。五十嵐さんの作品には、祝福と罰を等しく与える自然が描かれている。調和を受け入れる人間には開かれ、恩恵を与える一方で、調和を乱す人間には容赦なくすべてを奪ってゆく。自然を神とする信仰はたくさんあると思うけど、愛と畏怖を抱く対象として、そうなるのも必然だな、と思います。

  • うたぬすびとが切ない。そして恐ろしい。魔女の話なのか人間の本質の話なのか…

  • 世界の理

  • 『PETRA GENITALIX』が、すごく好きです。

  • こういうマンガを愛せるようになったら理想の自分になれるような気がしています。

  • 「PETRA GENITALIX(ペトラ・ゲニタリクス)」
    読後、大泣きをしました・・・

    今読み返してみると泣かない。
    なんだったのかなぁ

  • 一度も空を見たことがない人が「晴れた空は青い」と言ったら、言葉は間違ってなくてもそれはウソなんだわ。

  • だから、ジブリ、映画にすればいいのに。

全70件中 1 - 10件を表示

五十嵐大介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松本 大洋
有効な右矢印 無効な右矢印

魔女 第2集 (IKKI COMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

魔女 第2集 (IKKI COMICS)のKindle版

ツイートする