SARU 下 (IKKI COMIX)

  • 656人登録
  • 3.64評価
    • (47)
    • (82)
    • (70)
    • (21)
    • (5)
  • 61レビュー
著者 : 五十嵐大介
  • 小学館 (2010年10月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091885180

SARU 下 (IKKI COMIX)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 危惧したとおり、頭でっかちで幼稚な文明批判に終始してしまった。

    せめて、圧倒的な世界観と画力で押し切ってほしいのだけど、考え抜いた末の世界観ではないなは明らか。言葉の使い方選び方が信じられないほどに無自覚なのではっきわかる。

    連載中の海獣の子供も含めて、最近の五十嵐作品はみんなそういう傾向になってしまっているのが残念。

  • 超常現象を人間に止める力はない。
    それでもどうにかしたいと、力や知識を求めて人間は足掻くんだと思う。

    こういう、人間にはどうしようもない現象に対して、
    抗おうとする人たちの物語が大好きで、伊坂幸太郎の「SOSの猿」を読んだ時から、いつかこの漫画も読みたいと思っていて、ようやく読めました。

    「SOSの猿」との関連性については、どちらも孫悟空が登場する、くらいにしかわからなかったけれど(小説を読んだのが7年前・・・)、別のこととして楽しく読むことができました。

    どんな世界にも、マントを羽織っていなくていいから、見てくれはどうあってもヒーローがいてほしいと願うから、こういう話には希望をもらえます。

  • 中々壮大な宗教SFとでも言っておこうか。
    終盤はあっけなく終わるけどこんなもんかもしれない。

  • 壮大なスケールに比して巻数が……、
    というのは、いくら言っても詮無いこと。
    でも、もっともっと膨らませて言葉ではなく描写で説明すれば……と思う。

    同じ雰囲気をもつ『魔女』所収「ペトラ・ゲニタリクス」にも負けず劣らずのおもしろさ。
    大満足です。

  • 恐るべき才能!あまりにも広大な世界観に、ついていくのが精一杯。話としては決して長くないのだけれど、ただただ圧倒される。読後しばらく頭が痺れるような感覚に陥った。

  • 2015.9.1
    もう少し頁数をとっても良かったように思います。物語のリズムがノッて来た時にまとめとエンディングが駆け足でやってくるので残念。

  • 年のせいか…。
    ついていけない。

  • 小さな意思も大事ということか。
    ちょっと物足らないのは贅沢か。

  • よく練られた面白い設定なだけに、サラサラと進みすぎててもったいない。もうちょっと抑揚や深みがほしいなあ。

  • 皆様のレヴューに譲ります。下。

全61件中 1 - 10件を表示

五十嵐大介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
五十嵐 大介
有効な右矢印 無効な右矢印

SARU 下 (IKKI COMIX)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

SARU 下 (IKKI COMIX)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

SARU 下 (IKKI COMIX)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする