よるくも 1 (IKKI COMIX)

  • 528人登録
  • 3.88評価
    • (51)
    • (54)
    • (48)
    • (7)
    • (3)
  • 42レビュー
著者 : 漆原ミチ
  • 小学館 (2011年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091885388

よるくも 1 (IKKI COMIX)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 店頭で気になって気になって買ったら大当たりと言う幸運。
    こう、小説やらでもよくあることだけれども、読み終わってから帯やカバーのあらすじを見て
    「いやいやそうなんだけどそれだけじゃない話でしょう、だからってどう説明すればいいいかはわからんですが!」
    ってなる漫画だった。

    つくりこみすぎず簡単でもない、わかりやすいと同時にシビアで生き生きしててえげつなく、家族愛や善意や希望がしっかりあるから黒すぎる世界。

    一見まともでどっかしら危うかったり、ひたすら異様で奇妙で人間くさかったり、登場人物がいちいち好みだった。
    番先生と中田とかんさかんと、王様と、王子、このへんの存在感が大好きだ。

    続きがとても楽しみ。

  • キャラは悪くは無いけど展開の遅さが疲れるかな

  • アリゴケ、描いてる人

  • 2014/5

  • 昏い。目を凝らしてしまう。

  • 思っていたより面白かった!
    暗い雰囲気が今後どうなるのかドキドキさせる。
    ハッピーエンドだといいな。

  • 1~5巻(完結)まで読了。

    街~畑~森の格差と差別、その残骸の捨てられた子供=虫。
    痛みを無くし感情を持たない虫の殺し屋。
    自分の周りの世界だけを見て明るく生きていた少女。
    2人の変化と世界との折り合いのつけ方が描かれている。

    ラストまで読んで幾つか考察は出来るけど控えるとして。
    最後のあとがきで先生が思った事は表現出来ていると感じた。
    めし、いのち、いたみ、簡素だけど誠実な描き方。
    賛否はあると思うけど、読んでから自分に問えば良い。
    自分なら街~畑~森で、どの場所の住人だろう?と。
    街かな?と思ったら共感はしないと思う。
    暗い中の何かを見つける物語が好きなら楽しめます。
    個人的に良い作品でした。

  • まだ導入部で判断が着かないが、先を読みたいと言う衝動には駆られる。こう言う構造の話は他にも色々あるので、搾取する側・される側、命の価値を理解せずコントロールしている側・家畜の様に命を扱われる側、と言う作品は。よるくも(小辰)がキヨコと出会って「人間らしくなっていく」作りになるのか、それ以外の方向へ行くのか、とりあえず続きは読みたい。

  • 思っていたよりグロかった…
    苦手なわけではありませんが、驚きました。

    暗いし不気味な人がたくさん出てくるのになんとなく惹かれます。まだ1巻しか読めていないので続きが楽しみです。

  • 希望と絶望が隣り合わせ・・・。

全42件中 1 - 10件を表示

漆原ミチの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
ヤマシタ トモコ
白井 弓子
有効な右矢印 無効な右矢印

よるくも 1 (IKKI COMIX)に関連する談話室の質問

よるくも 1 (IKKI COMIX)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

よるくも 1 (IKKI COMIX)に関連するサイト

よるくも 1 (IKKI COMIX)のKindle版

ツイートする