放課後のカリスマ 6 (IKKI COMIX)

  • 422人登録
  • 3.67評価
    • (17)
    • (40)
    • (48)
    • (2)
    • (0)
  • 23レビュー
  • 小学館 (2011年6月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091885487

放課後のカリスマ 6 (IKKI COMIX)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前世代のヒトラーのクローンが切ない……

  • 前世代たちの売られた先の生活話。
    ナイチンゲールの使い道は、確かに金儲けしかないかなぁと思いますが、ヒトラーをわざわざ高い金出して毒殺した団体とか、ナポレオンをお飾りの社長に据えるとかは、ちょっとよく分からないかな。

    それにしても、カイの区別が付きません。
    ってか、5人いたと思うけど、襲撃では何人死んだんだろう。鼻に傷のあるのを除いてみんな死んだと思ったのに、また1人出てきて、混乱しました。

  • 偉人のクローンたちが元の偉人を超えるために学校で生活しているという話からはじまり、実は商品として育て上げられていて、代わりはいるという展開に。偉人たちのクローンっていう発想が面白いなと思ってみてたんだけど、進むのがゆっくりというか、何もできない主人公側がもどかしい。主人公もまだ謎があるので、どういう展開になるか楽しみ。

  • 私も偉人にイメージを持っているのでやはりいくらクローンでも別固体と考えてもそう処理できるものなのかな…などど思うわけです。
    過去編は存在価値を考えさせられる内容だったなと。
    さて、知ったことで強くなったナイチンゲール。知ったことであがき始めたエリザベスとヒトラー。
    やっぱり変わってしまうのはつらいですね。仲良しなメンバーが好きだったからなおさらです。
    次巻はなおさら大きく動くみたいなのでとても楽しみです。
    巻末ちょこっと載ってたかりちゅまが面白かったですわー!

  • 一番面白かったのが、web漫画「かりちゅま」の告知ページだったっていう。
    いとおかし!いとおかし!www


    いや、本編も面白かったけどさ…うん。

  • 偉人のクローンの話。

    本当の自分と偉人のクローンとして周りから期待される価値観。
    この二つの価値観のズレが周りはもちろん、本人たちを苦しめていく。

    姿かたちは同じとしても、生きていた時代や環境で全く違う人格が誕生するはず。そうした葛藤や周りからの価値観にそぐわないと”処分”される彼らの反乱も見どころになりそう。

    ただ一つ苦言を呈したい。主人公・カイの見分けがつかん、全く番号でも付けてほしいわw

  • 何が何やら。まとめて一気読みしたい

  • クローンの苦悩がより深く迫ってきて、今後の展開が悲劇以外思い浮かばない。最終的に誰か幸せになることを祈りつつ次巻を待つ

  • こんがらがってきました…!!どこにむかってるのかさっぱりわからない…どうしよう…!!!とりあえず、先が気になる…!!史郎はなんなの!?そして相変わらずスエカネさんの黒髪オールバックキャラはなんであんなに色気ぱないんですか…!!!!黒江にしろ、先代ナポレオンにしろ…けしからん!!

  • クローンの過去編終了。
    これからの展開が楽しみ。

全23件中 1 - 10件を表示

スエカネ・クミコの作品

放課後のカリスマ 6 (IKKI COMIX)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

放課後のカリスマ 6 (IKKI COMIX)を本棚に「積読」で登録しているひと

放課後のカリスマ 6 (IKKI COMIX)のKindle版

ツイートする