ストラト! 2 (IKKI COMIX)

  • 32人登録
  • 3.36評価
    • (3)
    • (2)
    • (6)
    • (3)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 中川いさみ
  • 小学館 (2011年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091885654

ストラト! 2 (IKKI COMIX)の感想・レビュー・書評

  • 第一巻が出てからちょうど一年、忘れかけていたが「ストラト」の二巻を先日発見したので購入。

    漫画家・中川いさみが「自分も年を取ったがやり残したことは何か。そうだロックギターだ!」と思い立ち、フェンダーの名器・ストラトキャスターを買うところから物語は始まる。小学館編集部の親父達とロックバンドを組み、ギター教室に通い、何故か泉谷しげるに誘われコンサートまでやってしまうところまでが第一巻。

    と、いう一種の「実録・親父バンド物語」漫画なのだが、世の中そう簡単には格好良く行かない。歌詞がどうしても覚えられない、と「ロックじゃないなぁ」と厭きられながらもフォーク歌手のように譜面台を使ったりはまさにギャグ漫画家だ。勿論、中川いさみの本業は漫画家だからその絵とセリフも良い味を出している。

    ギターの個人レッスンを受けている先生に右手ミュート・テクニックを教わると何故か一発で上手くできるようになったのだが、それは普段自宅で「風呂場のブラインド掃除をしている動きと一緒だからだ」と場面はいきなり教室から掃除風景に切り替わる。

    自作曲の編曲を先生にしてもらう際に、余りカチッとしたものは好みじゃないからと、「ゆらゆら帝国風(注・日本のインディーズ系ヘビメタバンド)」「ぶらぶらキ○タマ風」に「奥田民生を少し交えて」「もみあげはフレディ・マーキュリーで」と先生との掛け合いもロック。

    自作曲をCD化しようかと大胆な話になると、「CDを作る過程」も学べるしと言いつつ、絵は正月のTVでおなじみの日本刀を二人の刀工が鍛造する姿が描かれるが、鍛えられるべき刀がCDとシュールだ。

    と、とにかく自分の笑いのツボを刺激されてしまう。そして親父バンドは予想外の展開になりCDを作りインディーズ・デビューまで行きつき、更にそこで3000枚の販売達成をするとメジャーデビューだそうだ。

全2件中 1 - 2件を表示

ストラト! 2 (IKKI COMIX)はこんなマンガです

ストラト! 2 (IKKI COMIX)のKindle版

ツイートする