ふたがしら 第2集 (IKKI COMIX)

  • 536人登録
  • 3.99評価
    • (33)
    • (55)
    • (32)
    • (1)
    • (0)
  • 27レビュー
  • 小学館 (2012年8月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091885975

ふたがしら 第2集 (IKKI COMIX)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 弁蔵と宗次。この二人と甚三。赤目に夜坂。二つの対比で重なり合って、入れ子みたいな錯覚になる。姐さんもね。
    赤目を抜けた二人の向かう先は大坂。道中の櫛送りの話がいいですねぇ。
    伊達と酔狂と仁義と。

    立つ足場が光でも闇でも、拠って立つ場所は変わらない、ってなもんです。

  • 鬼の弁蔵ってそうゆうこと!?
    腰痛めたお侍さん、また会えるのかしら。

  • やっと大阪に着いた二人。続きが気になるー。
    そして役人に託されたものをしっかりと届けるなんて泣かされるなー

  • 1巻の出来事を別の視点で書き、かつちゃんと格好良い物語になっていて「こんな話の展開の仕方もあるんだ!」と驚きました。
    二人とも男気があふれていて読んでいて楽しいです。

    大坂で一体どうなるのだろう。
    そして少しだけ出てきた宗次の村での過去って何なのでしょうか、気になります。

  • 第一印象で、明らかに弁蔵のほうが陽性なのに、まさか酒飲んで狂犬化とは(苦笑)。

  • なぜ二人にこんなに差をつけてるのだろう。先々教えてくれると思うけど、弁蔵のいいとこがろくにありません。癪もよくわかんないし。
    1巻のまさかのはじまりは、さらにまさかで見事でした。

  • 時々キャラクターが見分けれない時あるけど、たいへん面白い

  • あっ、弁蔵・宗次って!
    今、「五葉」を読み直してたら気づいた。

    皆さんはとっくに、そういう前提で読んでたんだろうか。
    楽しみ度が増し増し。

  • まぎれもなくドラマ。
    映像を漫画であらわすことって可能なのかと。
    こういう手法を漫画で読めるなんて素敵。
    かっこいい!

  • ようやく登場人物が掴めてきました。
    「でっかいことをやる」というのが共感出来ます。私も何か大きいことがしてみたいと思う今日この頃です。

全27件中 1 - 10件を表示

オノ・ナツメの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
オノ・ナツメ
オノ・ナツメ
オノ・ナツメ
有効な右矢印 無効な右矢印

ふたがしら 第2集 (IKKI COMIX)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ふたがしら 第2集 (IKKI COMIX)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ふたがしら 第2集 (IKKI COMIX)を本棚に「積読」で登録しているひと

ふたがしら 第2集 (IKKI COMIX)の作品紹介

時代劇ファンも納得のケレン味溢れる江戸活劇、第2集!

ふたがしら 第2集 (IKKI COMIX)のKindle版

ツイートする