Sunny 3 (IKKI COMIX)

  • 398人登録
  • 4.31評価
    • (56)
    • (28)
    • (19)
    • (2)
    • (0)
  • 22レビュー
著者 : 松本大洋
  • 小学館 (2013年1月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091886132

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

Sunny 3 (IKKI COMIX)の感想・レビュー・書評

  • P18
    「オレ、好き嫌いを
     善悪で語る人間
     苦手やねん」(牧男)

    P198
    「今は期待するような気持ちを
     消す努力をしてる。
     裏切られて傷つくのは僕だからね。
     望みや期待はなくすことができるんだ」(静)

  • 今回も素晴らしい・・・のだけれども、読み慣れてきた感覚もなんとなくある。松本大洋へのハードルの高さがぼくのなかで生まれてるのかなぁ・・・。でも全体的にこの巻のエピソードは地味かもわからない。

  • 園の子ら,テレビに出る

  • じゅんの爪切りの話がめちゃくちゃきた

  • 施設のある町に救われる。

    傘は家なんだ。

  • すごい!一話一話噛み締めるように読んでしまう。名作。

  • 優しい絵の中にも、子どもたちの切なく複雑な気持ちの描写がリアルで、物語に引き込まれた。
    側にいる大人たちの存在とか、もう全部が良い意味で生々しい。

  • じんわり切ない気持ちにさせられる。
    親と暮らせない子供達の痛いぐらい伝わる「家の子になりたい」気持ち。

  • 松本大洋の漫画は芸術的だ。

    なんというか、読み手に対してもある程度の質というか問いを要求するそんな漫画。

    例えば机がベトベトのタンメン450円の中華料理屋においてあっても、まず読まないし、読めない。そんな時には不向きだし、美味しんぼとかバキを読んだ方がよい。闇金ウシジマ君も同じ感じで読んだ後のシンキングタイムが必要。

    3では登場人物の元気と対象的に通底する寂しさがある。まあ寂しさなんてものは世の中のどこにもあるんだけども、サニーではさりげなく、そして象徴的に寂しさが描かれている。

  • 今回はなかなかオーソドックスなお話で。
    ブタの鳴き声がツボでした。

  • 3巻分まとめて。

    育った環境は違うけど、誰でも子供の頃にこういう気持ちになるよなぁって胸がきゅっとする話がたくさん。
    松本太洋さんのお母さんは工藤直子さんとのこと。
    本当か嘘か分からないが、小さい頃は「お母さん」ではなく「なおさん」と呼んでいたという記事を後から読んで、春男のエピソードをより切なく感じた。

  • 西田さんのところがよかった。読んでると悲しくなってくるけれど少しほっとするところもある。悲しみって現実的にはこんなふうに少しずつ積もっていってるのかもしれない、と思いました。

  • ひとつの世界観の中に、楽しさや、哀しさや、暖かさや、冷たさや、優しさや。全部詰まってて、全部良いんです。読む度に、引き込まれて、好きになってく。経験なんて無いのに、そこに自分も居たような感覚になります。

  • 絵もセリフも依然として相当高度だ。といっても細密なのではなく、描き込み過ぎないから、読み手の想像(純助が笑介にいう「そーぞー」)が膨らむ。星の子学園という恵まれない子どもたちが暮らす施設のエピソード。外部から見て惨めに思える場所も、その日常は笑いや悲しみが織り込まれ、生きる力に溢れている。

    重要なのは現実を支える虚構の力。めぐむのカップの話、豚の脱走、ミクロマン、メディア向けの「お涙頂戴」的な話。いい悪いの話ではない。虚構が現実を変える。そういうことだと思う。

    3ではとくに指、爪の描き方がポイントだ。園長先生だけではなく、牧男、めぐむ、純助、春男から掃除のおばさんに至るまで。いずれも顔の表情以上のものを読みとることができる。

  • 痛々しくて目をつぶりたくなる様な子どもの真剣さを、大人が回避して子どもたちが歪んでいってしまう…という様な、大人からの目線で描くマンガも見かけるけれど、
    大人の視点を一度捨てて、真剣に描くとこうなる。

    作中のめぐむちゃんの描写、両親を亡くして自分のなかの愛情をどこにぶつけたらいいかわからないという感情、
    それに共感できるということは、ひとの中の素直さの結晶の様な綺麗なものを改めて信じさせてくれる、傑作なんだと改めて思います。

  • この空気感がたまらない。。
    会話のリアリティもバツグンです。
    子供ゴコロにタイムスリップすると同時に、大人になった自分も実感できる不思議な漫画。

  • 2013.2.5
    普通に良質なエピソードがたくさん。

  • 待ちに待った新刊です。

    2巻があまりに切なかったのですが、今回は星の子たちの元気な姿が描かれていてよかったです。

    冒頭の雪のシーン、美しいです。

  • 相変わらず凄いな、Sunnyは。
    タニシさんの話なんか泣いてしまう。
    園長先生が言ってたこと、本当そうだと思う。
    自分も相手もギリギリの時に、相手をほんのわずかでも自分より大切にできたら、もっともっと世界がいい方向に変わると思う、そう思わせてくれる。

  • めぐむのはなしが切なかった。

  • 相変わらずの孤児院エピソード。

全22件中 1 - 22件を表示

Sunny 3 (IKKI COMIX)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

Sunny 3 (IKKI COMIX)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Sunny 3 (IKKI COMIX)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Sunny 3 (IKKI COMIX)はこんなマンガです

Sunny 3 (IKKI COMIX)のKindle版

ツイートする