WOMBS ウームズ 4 (IKKI COMIX)

  • 133人登録
  • 3.68評価
    • (3)
    • (15)
    • (13)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 白井弓子
  • 小学館 (2013年6月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091886262

WOMBS ウームズ 4 (IKKI COMIX)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2014年夏に第五巻が出る予定だったのが、連載誌IKKI休刊が決定したため、延期のようですね。15年に持ち越しで、第五巻が最終巻となり、しかし予定より増ページが約束されているとのことですが。
    とにかく、終わりまで端折らないで欲しいーーー!描ききって欲しいです。

  •  凄惨な戦いが描かれる第4巻。開拓をするということがどういうことか語られた巻でもあります。

     開拓に必要な声。座標空間にポイントを作ることができる開拓。今回オーガは自分の故郷の現状を知りながらも、故郷のイメージを用いながらポイントを作っていきます。その行動は安心や恐怖といった感情の高まりに左右されます。自分の脳裏に焼き付いてしまった故郷のイメージを払拭するために自分が最も平和な世界にのめり込んでしまうマナを見ていると辛いものですが、人間誰しも考えてしまう世界でもあります。それが具現化できるこの作品はより人が帰りたいと思う場所を表現できるうってつけの作品だと思います。開拓とは逆とも言える故郷のイメージ、やっぱり面白い作品です。

     本巻からコミックス描きおろし進行になったみたいで、次巻出るのが来年夏と遅いですがここまでしっかりSFしていますからこの先完璧に仕上げるまでいくらでも待ちたいと思います。

  • 相変わらずハラハラするわ、伏線だらけだわ、色々見え隠れするわ、正に連載ドラマの書き下ろし第4巻。オーガのナビとマナのナビって呼称も勘ぐっちゃうラストで次巻が待ち遠しい。。マナのキャラがかなり動き出しつつもまだ迷子なのがイイ。

  • はやく英訳されてティプトリー賞とってほしいよう。

  • マナが消えた。

  • まだまだまだ。なかなかクライマックスにいかない。相変わらず返吐の出そうなおぞましさ、切なすぎるファーストの奮闘、マナの行く末。どうなる次巻。

全7件中 1 - 7件を表示

白井弓子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
白井 弓子
白井 弓子
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

WOMBS ウームズ 4 (IKKI COMIX)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

WOMBS ウームズ 4 (IKKI COMIX)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

WOMBS ウームズ 4 (IKKI COMIX)を本棚に「積読」で登録しているひと

WOMBS ウームズ 4 (IKKI COMIX)の作品紹介

妊婦だけの特殊部隊を描く壮大なるSF戦記

いびつな月が空に浮かぶ碧王星では、第一次移民と第二次移民との間で長年の戦争が行われていた。
第一次移民の国・ハストには、女だけの特殊部隊・特別転送隊がある。
それは、現地生物ニーバスの体組織を自らの子宮に移植することで、ニーバスの特殊能力である空間転送を身につけた特殊部隊。妊婦だけの特殊部隊である。
主人公マナ・オーガは、転送隊の新兵でありながら、「開拓者」という特異な能力を開花させることで、戦局を大きく動かす可能性を秘めていた。
敵の新首都完成が近づくなか、ハスト軍はマナ・オーガの開拓能力による大々的な反撃を企図する。一刻の猶予もない戦況の中、酷使されるマナの身には取り返しの付かない変化が起こっていた。

【編集担当からのおすすめ情報】
白井弓子氏による壮大にして奇想のSF戦記もついに4集。物語は決定的な転換点をむかえます。単行本描き下ろしに移行してこその読み応え十分の骨太なストーリーをお楽しみください。この巻を読んだ後、また1集から読み返したくなること請け合いです。

WOMBS ウームズ 4 (IKKI COMIX)はこんなマンガです

WOMBS ウームズ 4 (IKKI COMIX)のKindle版

ツイートする