放課後のカリスマ 10 (IKKI COMIX)

  • 179人登録
  • 3.74評価
    • (5)
    • (17)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 小学館 (2013年11月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091886361

放課後のカリスマ 10 (IKKI COMIX)の感想・レビュー・書評

  • 2015.07.21
    いろいろ動き出した感じ。
    フロイト2人が面白い(^o^)

  • ナポレオンVSヒトラー。史良もヒトラーもクローンを保護したいという思いは同じなのに。一休の冒険が「そうやって生きてきた」から、そう生きていくしかないってことを実感させる。プロトジャンヌは違う道を歩いている。その名の通り生きるのか、その名を捨てて行きて行くのか。どちらが勝つのか、どちらが正しいのか。

  • 「そういう風に生まれたらそう生きるんだな」

    一休のお出掛けの顛末が全てを物語ってる感じでしたかなー。

  •  クローンであることを受け入れ、自分が生きてきたことを否定しない。史良の出した答えが辛くも自分を捨てないもので少し安心できました。

     自分が生きてきたことを捨てない。セントクレイオの外をみて、自分の過去も知り、どうあがいてもセントクレイオからは逃げられないことを知る史良。セントクレイオを潰そうとするヒトラーをみて、変わったと呟きました。その後のセントクレイオを守るという言葉通り、彼の中にはまだ変わらない何かがあることが見れたのが良かった。そのあとのナポレオン、一休、ナイチンゲール、エリザベスの自分のアイデンティティから真っ向から挑むその姿には彼らの生きる意味が垣間見えてたのが偉人クローンをテーマにするこの話を深めていました。生きているうちに人間は変われることができますが、生きてきたことを否定するのは難しい。ならば、自分の役割を全うすることは極自然なことではないか。

     偉人のクローンという自分の生きる目的がわかってるぶんセントクレイオのクローンたちは普通の人間よりは役割をわかっているかもしれない。しかし、その役割を終えたとき偉人クローンは何を目的に生きていかなければいけないのか。そういった部分もこれからやってほしいです。

全4件中 1 - 4件を表示

放課後のカリスマ 10 (IKKI COMIX)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

放課後のカリスマ 10 (IKKI COMIX)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

放課後のカリスマ 10 (IKKI COMIX)を本棚に「積読」で登録しているひと

放課後のカリスマ 10 (IKKI COMIX)の作品紹介

ヒトラー対ナポレオン、対決間近…!?

自分自身も、己の父・神矢も、ともに学園創始者である黒江の父のクローンであることを知らされた史良は、混迷の中でヒトラーと再会。ヒトラーは共闘を呼びかけるが、史良はこれを拒否。セントクレイオに戻り、ヒトラー達と全面対決することを決意する。
そして世間からのバッシングが続く学園では、理事長・ロクスウェルが秘策を…?
IKKIを代表する、スエカネクミコ氏渾身の新感覚ファンタジー連載、ついに第10集到達!

【編集担当からのおすすめ情報】
ついに史良のルーツが明らかにされた前巻に続き、この第10集もスリリングな展開が続きます。
まさかあの人が…という偉人キャラクターも続々登場!
学園殲滅を目論むヒトラー、それに対抗するため「外の世界」へ出ることになった偉人クローンとは…!?
なお、第10集へ到達したことを記念(?)し、カバーイメージをリニューアル! こちらも注目です!

放課後のカリスマ 10 (IKKI COMIX)のKindle版

ツイートする