幸福はアイスクリームみたいに溶けやすい (IKKI COMIX)

  • 72人登録
  • 3.75評価
    • (3)
    • (4)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 黒谷知也
  • 小学館 (2014年10月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091886682

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
久住 昌之
木尾 士目
町田 洋
有効な右矢印 無効な右矢印

幸福はアイスクリームみたいに溶けやすい (IKKI COMIX)の感想・レビュー・書評

  • 文学の香りが仄かに立って素敵だが、どうもモノローグばかりだなーと思っていたが、

    厭だなあ。思い出を思い出したことが思い出になっていくんだな。

    という台詞だけで、この一冊に出会えた価値がある。
    凄い卓見だ。

  • Sさんの本棚シリーズ。精神的に来るものがあるから気をつけてね、って言われて一気読みしたら酔いがさめた。大丈夫な話と、沼の底をひっくり返して泥が舞い上がるような話と、交互にきた。今結局そわそわしている…笑

  • コミティアで見かけるような傾向の、文学的な短編マンガ集。たとえばコミティア常連サークルRIMLANDの短編などとタッチや題材などはやや似ているが、比較してもう少し絵も緻密であり、独白が多く、演出が少なめで自然であるぶん、純文学的になっている。そのためにナイーブな読者に対するアピール度は低いかもしれないが、好感は持てる。長編が読みたい。

  • タイトルと内容の一致している感じがここちよし

  • ええわー。
    魂の柔らかい所をおっかなびっくり撫でて来る。
    そんな感触と距離感。

    登場人物は概ね内向的。
    積極的に人との距離を形成するのが苦手で、人からの好意への期待を潜ませている。

    世界観は拙さも見えつつ美しい。
    亡くなったフィアンセに対する述懐が
    「だから君は変容を続けていくかもしれない。」
    である。

    巻頭に収録された表題作こそショッキングながら、
    全体的には落ち着きを志向する静かな短編集。
    短い物だと4pしかない作品の長さも好ましい。

    作者の若さを感じさせる単行本で、今後にも大いに期待。

全5件中 1 - 5件を表示

幸福はアイスクリームみたいに溶けやすい (IKKI COMIX)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

幸福はアイスクリームみたいに溶けやすい (IKKI COMIX)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

幸福はアイスクリームみたいに溶けやすい (IKKI COMIX)の作品紹介

人と人との繋がりを透明に残酷に描き出す。

結婚式前々日に婚約者は自ら命を絶った。動機に心当たりはなく、家族にも友人にもその理由はわからない…表題作「幸福はアイスクリームみたいに溶けやすい」。
書店員の女性のとある一日。思いがけない出来事があり、想像もしなかった言葉をかけられる、そんな普通の一日。…「書店員波山個間子」
13歳、中学生、夏休みの課題図書、国語の先生、お爺さん先生…「谷後先生」
結婚しようと決めた日のこと。ちゃんとふたり、幸せだった日の。表題作の前日譚…「海を見に行く」。
ほか、「自転車は晴れ」「甘党兄弟」「少女とカメラ」など、全12作を収録。
IKKI新人賞[イキマン]単行本描き下ろし部門を受賞した、新鋭・黒谷知也の初単行本。

幸福はアイスクリームみたいに溶けやすい (IKKI COMIX)はこんなマンガです

幸福はアイスクリームみたいに溶けやすい (IKKI COMIX)のKindle版

ツイートする