アイアムアヒーロー 22 (ビッグコミックス)

  • 236人登録
  • 3.37評価
    • (9)
    • (21)
    • (36)
    • (7)
    • (2)
  • 24レビュー
著者 : 花沢健吾
  • 小学館 (2017年3月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091893796

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

アイアムアヒーロー 22 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 「俺はヒーローだ」と自分で言っちゃう男の物語。

    ラストを考えた上でタイトルをつけてると思う。
    連載を追ってた読者からすると、伏線が回収されてない、投げっぱなしのラストだと思うのかもしれないけど、一気読みしたら、描きたかったのは英雄であって、ZQNや混乱した世界ではなかったんだなぁと、わりとすんなり受け入れられた。
    巨大ZQNからヒロミを引っ張り出すのが普通のヒーローなんだろうけど、その役はおばちゃんをクルスから救ったコロリがさらりとやってのけていて、あれは「英雄はそういうんじゃないんで!」ってことなんだろうな。
    英雄ははじめからほとんど変わってなくて、
    モノに溢れている世界でも、混乱した世界でもブレずに孤独でいられるのは、ある種の強さだとあると思った。

  • 例えば、
    ミステリーを読んでて、
    「トリック」を解く物語なのか、
    「犯人」を捜す物語なのか、
    「動機」を当てる物語なのか、
    それとも、
    全部なのか!

    日本のミステリーって、
    「トリック」も解いて、
    「犯人」も捜して、
    「動機」も当ててって3拍子揃ってないと未完成な物語って、
    烙印を押されるけど、
    元々は、
    どれか1つに的を絞ってあって解けない謎があっても面白ければそれでよかったんですよ。
    でも、
    完璧主義の潔癖主義な日本人が読み、
    書く、
    ミステリーってのはその3拍子が揃ってないとアカンのですね。
    ちょっと、
    似てて漫画だろうが映画だろうが小説だろうが、
    ちゃんと、
    風呂敷を広げたら、
    ちゃんと、
    回収しないといけない空気ってありますよね。

    今回「アイアムアヒーロー」なんですが、
    みなさん最終回にがっがりしませんでしたか?
    何も回収してないって言うパターン。。。
    もしくは、
    ちゃんと読める人が読めば、
    ちゃんと全部のエピソードを回収した完璧で潔癖なマンガになってるのでしょうか?
    僕はおバカなんで、
    まったく意味不明の最後でしたっていう感想しか書けないです。。。

    けっこう、
    前から友人とは「アイアムアヒーロー」はどう終わるかね?
    と、
    議論してましたが、
    止めて欲しいのは「夢オチ」な!
    なんて、
    話してましたがそれよりも酷い終わりかただったんじゃないかと思うの。
    でも、
    無理やり考察したわ「かぐりん」わ!


    世界に名前をつけると、
    第1の世界は普通の「社会」なんですね。
    今僕たちがいる世界そのもの。

    第2の世界はZQNがまみれてパニくった「混乱」の世界なんですね。
    マンガの中で大半を占めてる世界ですね。

    そして、
    パニックが収まって独りぼっちになった、
    自分以外の人間がいなくなった世界、つまり「孤独」なんですね。

    「社会」
    「混乱」
    「孤独」
    と、
    3つのパターンの世界があります。
    そこで、
    いつもヒーローだったのは「英雄」という主人公!

    「社会」の中では何もできない売れない漫画家。
    「混乱」の中でも自分の欲求を中心としてしか回せない出鱈目野郎。
    「孤独」の中でも〃

    住めば都で、
    どこに居ても誰と居ても「英雄」は「英雄」なんですよ。
    世界が変わっても自分は変わらない。
    むしろ、
    自分を変えれば世界が変わるのか?
    と、
    投げかけられたかな花沢健吾さんに。

    本って昔は高かったんですよ。
    なにしろ、
    手写しだった時代はもう高価なものでした本って。
    でも、
    印刷技術が進み量産が簡単にできるとどんどん安くなる!
    このアイアムヒーローも745円ですが、
    電子書籍で読めば安くなるし、
    中古になればすぐにでも108円になるし、
    下手をすれば10円くらになってしまう。
    でも、
    読んで得た情報や感動は自分に取っていくらになるだろう?
    108円で手に入れても、これは1000円の価値があると思えればそれはお徳だ!
    定価の745円で手に入れてつまらんから100円の価値しかないなって思っちゃうと損した気分だ!

    どんどん安くなる!
    もっと、
    安くなる。
    だからそろそろ本や映画やテレビから人類は卒業すればいいと思う。
    それこそ、
    最終巻の孤独の世界に居る「英雄」のごとく、
    リアルに生きればいい!
    本や映画やテレビの世界からもっと人間は卒業すればいい!
    いわゆる、
    汝の隣人を愛せですよ!
    汝の隣人はテレビですか?
    汝の隣人はなんですか?
    リアルに生きてみないかっていう問いかけを受け入れてみないか?
    もっと、
    自分の人生の価値を高める生き方をしてみない... 続きを読む

  • 新しいヒーロー像。好ましい。
    英雄というひとりの人間を通して、置かれる環境がかわり、対人(外)関係もかわり、だからって“つながる”とか簡単にイカナイからっー!を描く一方で、つながり隊組メタファー。
    クルスの正体がわかったところでガッテンしたので、他は謎のままで支障ない派です。

  • 何ももたないものの強さって何なんだろうか。
    なんかわかったようなわからないような、いざと言う時に微妙に人は善な人もいるって言うような多少の希望が見え隠れするラストは良いと思う。

  • ついに最終回。ゾンビはみんな一つにまとまりいなくなりましたって、回収しきれずに終わったという感じだ。飛び飛びに読んだので細かいつながりが分からないが破綻してる感じがある。とは言え、ページを開いた瞬間世界がクリアに感じられる画力、ゾンビの造形など新しい境地でした。こうした世界も可能と示してくれただけで満足です。

  • ずっと楽しみにしてたアイアムアヒーローも完結。
    結局ZQNの謎は解けず。
    孤独な英雄くんの前を三人の女の子が通り過ぎ、一人ぼっちで生きていく。
    リア充はリア充のまま、陰キャラは陰キャラのまま。


    英雄くんは一人だけど、てっこも小田さんも比呂美ちゃんも皆んなが生かしてくれた末の孤独だからそれで良いとして、
    ZQNをスペインとかまで広げたのに解明しないのは酷いなあと思う。

  • こういう幕切れか~。一瞬夢オチか~、と思わせつつ、最終的にはやっぱり現実に起こっていたことで、更には答えなんか何も分からないままに終幕。ZQNが何だったのかとか、生き残った人間たちの行く末とか、もう少し知りたかった気もするけど、そこは自分で考えましょうってことですね。流行り病みたいな感じなんでしょうか。

  • こういう感じの終わり方かぁと。確かにこの主人公でこの形であれば,そうなのかなという感じ。

  • この終わり方は最悪。たたむ能力なさすぎやろ。

  • んー…絵がごちゃごちゃしていて見にくいのですが…まあ、それはそれとしてよく分からないまま終わってしまったという感が強いのですけれども…

    元々、映画で言うゾンビ物というか、そういう感じが強い漫画でしたのでなんというかアレですね…ひたすら「ZQN」なるバケモノから逃げていたような気がするのは気のせいでしょうか…社畜死ね!!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    おっさん主人公が女子高生と恋したり、また、別の女性と恋に落ちたり…みたいなのを繰り返しながら最終的には全部失う? まあ、一人きりになった世界はどうなのか!? みたいな感じのことが本作には描かれていましたけれども…うーん…やはり一人きりというのは寂しい…というか、寂しいという感情も他の人間がいるから発生するのですね!?

    ↑みたいなことを著者は言いたかったのかな…ともかく肩透かし感が強いラストでした…おしまい。

    ヽ(・ω・)/ズコー

  • 煮え切らない終わり方だが、「ゾンビものは終わらせようがない」のは当然なので、
    むしろ巨大ZQNの終焉、クルス、無人の都市を描けただけでも十分にケリをつけようとしている。
    ただ英雄のストーリーが右往左往しているのは否めない。
    向こうのビルで戦う人間を撃とうとするあたり、えーどうして、と思ってしまう。
    比呂美の最期はやむなしだが。
    むしろあまり入り込めなかった中田コロリルートが最後に至ってすっと入ってきた。
    おばさんが若返っての出産、鹿を捌いて胎児が。
    このあたりに含みを持たせているのかなぁ。

    最終話が雪なのは、「ボーイズオンザラン」も貞本「エヴァ」も。

  • 『ザ・ワールド・イズ・マイン』みたいな感じ

  • 何かもう色々地獄絵図…(´;ω;`)
    …からの静寂。中々濃い巻でした。

  •  22巻で完結したパニック世紀末系マンガ。ドラゴンヘッドを想起させるような、どうしようもなく追い詰められた状況からスタートする。周りがゾンビのようになって、噛まれると感染するらしい。そんな恐怖と男女の旅、感染する彼女、モテない漫画家の悲哀とある種千載一遇のヒーローへの道。危険を乗り越えるたびに成長する姿が、やっぱりマンガ特有の爽快感を持っている。
     最後は訳わからんまま、ゾンビを吸収していく謎の生物と打ち合った結果動かなくなった。離島へ逃げる人、残された主人公。気がついたら、一人、だけど心が強くなっていた。

  • どこにも辿り着かなかったか、、

  • 風呂敷広げすぎて終盤回収出来なかった感じの終わり方

  • 途中までは面白かったのだが、最後は何これって感じの終わり方。★3つは、これまでが面白かったからで、最終巻だけなら★1つ。ZQNって結局なんだったのか、さっぱりわからないまま終了。英雄が一人でこれからどうなっていくのかもさっぱり。いわゆる連載打ち切りってことなのか。作者が投げ出したってことなのか。今からアイアムアヒーローを読み始めようとする人には「やめとけ」と言いたい。

  • 生きるのか。一人になっても。誰かと共にいるかのように。

  • 花沢さんらしい終わり方。他のよくある終わり方ではない。救われない。回収されない。どうなったか分からない。でもこれが花沢さんワールドかなぁと納得。

  • とうとう終わってしまった…。

全24件中 1 - 24件を表示

アイアムアヒーロー 22 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アイアムアヒーロー 22 (ビッグコミックス)の作品紹介

青年漫画の金字塔、堂々、完結。

シリーズ累計800万部超。
青年漫画の金字塔、ここに完結。

2009年、
『アイアムアヒーロー』連載開始。
ZQNと呼ばれる謎の感染症が蔓延し、主人公の漫画家・鈴木英雄の日常は、突如パニックに陥る。

そして…
2017年、
英雄の物語は、漫画史上かつてないミニマムかつダイナミックな終わりを迎える。

東京・池袋に戻ってきた鈴木英雄は、
この日常のヒーローになれるのか。
クルス、浅田、コロリ…三つ巴の戦いの末、
新しい世界の黙示録は、誰の手によって作られるのか。
大事な人を次々と失いながら…
生命は今、クライマックス。

さようなら、生きて、英雄。


【編集担当からのおすすめ情報】
「鈴木英雄」というひとりの人間から始まった
『アイアムアヒーロー』が、
22集をもって遂に完結します。

青年誌の歴史を塗り替えた、
大きな物語の完結を、
読者のみなさまに見届けていただけたら幸甚です。

アイアムアヒーロー 22 (ビッグコミックス)はこんなマンガです

アイアムアヒーロー 22 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする