白暮のクロニクル 11 (ビッグコミックス)

  • 218人登録
  • 4.25評価
    • (29)
    • (20)
    • (8)
    • (0)
    • (2)
  • 10レビュー
  • 小学館 (2017年6月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091895356

白暮のクロニクル 11 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 素晴らしいエンディングでした。「羊殺し」の解決もさることながら、ラストのあの魁の表情、響きますね。永遠の時を生き続けるオキナガと人間であるあかり。それぞれの選択と宿命、いろんな感情が読者の中に渦巻いてきて凄いです。

  • 主人公はピーターパンみたいなもんだよなあ…

  • 大どんでん……ではないけども,まだ続きがあったとはね.もうさすがはゆうきまさみだ,としか.

  • むむむ、ゆうきまさみ大先生がミステリを手掛けると、こうなりますか。

    いやはやお見事でした。骨太でもあり、部分的には凄惨でもあり。それでもどこかのほほんとして、クスリとして、肩の力が抜けて、そしてじんわりする。冒険譚なのか、悲劇なのか、はたまたラブコメなのか。読者の受け取り方さえ様々に変化しそうです。ベテラン作家さんならではの、実に円熟したストーリー展開と描写に陶然とさせられました。

    ラストシーンの余韻の素晴らしさ!コマの隙間、表情の裏にどれだけの想いが隠されているのか。描き切らないからこその美しさが、そこにはありました。

    まさにゆうきまさみテイスト炸裂。お気に入りの作品が久々に一つ増えました。

  • 茜丸逮捕で「羊殺し」事件終幕と思いきや、まさかの共犯者の存在。それが誰かは読んでもらうとして、共犯者明るみになって、「羊殺し」今度こそ終幕です。

    オキナガって、知人を見送るばかりで寂しさしか残らないと思っていたけど、最終話に感じたのは爽やかさ。孫の存在と、あっけらかんとした雪村とあかりの関係があるからか。あかりの雪村の呼び方が変わっているのが、ちょっと気になりました。他人行儀さがなくなっているので。てことは、二人の関係性も変わったのかな、と。


    これは余談。
    茜丸が竹ノ内のことをスクネと呼んでいるのはなぜか、と考えたときに。武内宿禰のことなんじゃないかと、ふと気づく。彼もオキナガのように長命者であったし、過去で天皇家に近しい存在のようなことを匂わせるコマがあったので、そういうことなのか、と。国家権力に近いところに入れるのは、記紀の時代から存在していたからか。
    別に、作中で言及されていないけど、気づいてそういう風に思ってしまったので、自分的に間違いないことになってしまいました。
    とんだネタが仕組まれていたものです。

  • 語り継がれる名作ってやつだ。
    ミステリ&長命種の悲哀モノ。
    余韻の素晴らしさよ。


    こういうレベル高いマンガがあるからくだらないマンガも読めるんだよなー。

  • 読後に「ほぅ……」という嘆息が出る作品は久方ぶり。見事な完結で締めた傑作。再読してじっくりと伏線と構成の妙を味わいたい。ゆうきまさみの最高傑作かもしれない。

  • 意外な共犯者!
    そしてステキな終わり方でした……。
    幾つか細かい謎は残ったままなんだけど、それは読者の想像力に任せる! ってヤツなんでしょうね。
    それともスピンオフとかで明かされるんでしょうか!!

  • ゆうきまさみの極上ミステリー、完結!

    12年ごとに繰り返される連続殺人事件「羊殺し」。
    その犯人である、茜丸(桔梗凪人)の逮捕により、
    事件は無事に解決したかに思われたが、
    まだ謎は残されていた。

    内通者、そして茜丸が連れていた少年・ボーヤの存在……
    新事実が発覚し、最後まで事件に取り組もうとするあかりだが、
    なぜか消極的な魁。

    そんななか、60年の眠りから目を覚ました章太の記憶が戻り始め、
    自分を殺された日のことを思い出して---

    すべての鍵を握るボーヤ、その驚きの正体とは!?
    現代の吸血鬼×日常ミステリー、完結!

  • 名作でした。怖いシーンも多かったけど最終話は泣けてきます。

全10件中 1 - 10件を表示

ゆうきまさみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

白暮のクロニクル 11 (ビッグコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

白暮のクロニクル 11 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

白暮のクロニクル 11 (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

白暮のクロニクル 11 (ビッグコミックス)の作品紹介

ゆうきまさみの極上ミステリー、完結!

12年ごとに繰り返される連続殺人事件「羊殺し」。
その犯人である、茜丸(桔梗凪人)の逮捕により、
事件は無事に解決したかに思われたが、
まだ謎は残されていた。

内通者、そして茜丸が連れていた少年・ボーヤの存在……
新事実が発覚し、最後まで事件に取り組もうとするあかりだが、
なぜか消極的な魁。

そんななか、60年の眠りから目を覚ました章太の記憶が戻り始め、
自分を殺された日のことを思い出して---

すべての鍵を握るボーヤ、その驚きの正体とは!?
現代の吸血鬼×日常ミステリー、完結!

【編集担当からのおすすめ情報】
事件の驚きのラストはもちろん、
悠久の時を生きるオキナガの魁と、人間のあかり、
ふたりの歩む新しい一歩にも注目です。
巡る時のなかで生き続けるオキナガ。
美しく切ないラストシーンは必読です!

白暮のクロニクル 11 (ビッグコミックス)はこんなマンガです

白暮のクロニクル 11 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする