月曜日の友達 1 (ビッグコミックス)

  • 126人登録
  • 4.26評価
    • (16)
    • (18)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 阿部共実
  • 小学館 (2017年8月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091896216

月曜日の友達 1 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読んでいると胸が苦しくなる話。水面からぎりぎり顔が出るくらいのところで息をしているような感覚。
    この作者の物語はどこに落とし穴が待ち構えているか分からないから、常に神経を尖らせて読んでいる。どうしたらこんな繊細で儚い物語がつくれるのか。歪に建てた砂の城を波が来るたびに削られていくのをただ眺めている。いつか大きな波が来て、全部さらって行ってしまう。跡には何も残されない。そんな風に、思った。

  • これは凄い漫画表現だ!
    「空が灰色だから」では憂鬱や皮肉や虚しさやを「味のある絵柄」で表現していた。
    今作はもう味、どころではない、まずは絵が抜群に巧い漫画家なのだと遅ればせながら知った。
    徹底的な白と灰と黒のコントラストの中で、光が交錯し影が幾方向にもくっきり伸びる。
    光が溢れすぎて水滴が空中に浮かんだような場面や、白と黒だけで燃える西の空を描くところや、もう凄まじすぎる。
    そして、ことさら台詞めかした台詞。
    言葉による抒情と、アバンギャルドな絵とが見事にマッチして、もう泣いてしまいそうだ。

  • これはすごい。うまく大人になれない二人の秘密の友達の時間。あまりにも幸福な笑顔の数々がこの期に来たるであろう苦難と悲しみの裏返しとしか思えなくて、既にひしひしとつらい。泣いてしまいそうになる……。
    絵もすごい。描き込みがすんごいんだけど絵が潰れない絶妙なバランスと構図でキャラもそうだけど背景のデフォルメがあまりにも巧い。大友克洋を彷彿とさせるほど。コマの一つ一つが絵としての完成度を高水準で保っていて飽きない。
    ずっと噛みしめるように繰り返し繰り返し浸っていられるそんな漫画になる。

  • 阿部共実さんの新作をワクワクして読みましたが、なんていうか…期待以上でした!!
    これは完結してから読みたい!でも待てないっていうジレンマ!
    いつもの阿部さんっぽくないようにみえて でもやっぱりザワザワする感じはしっかりあって…
    このお話がとんな結末を迎えるのか 楽しみに待ちたいと思います(*´∀`)♪

  • 青春のリアルな不穏
    中学生に上手く移行できない主人公の水谷と善良なだけではない社会に上手く溶け込めない月野
    二人の出会いは救いかもしれないが、稚拙で気持ち悪くもある。
    良い方に落とすにせよ、悪い方に落とすにせよ、これからが楽しみな作品

  •  時々しか載っていないけどスピリッツの連載で一番楽しみだ。単行本で改めて通して読むと、お姉さんの存在や月野の兄弟の存在に主人公と月野の気持ちのあり方に強く影響していることが描かれていた。連載では、主人公と月野の関わりばかりを追っていた。

     人物の絵も背景も、効果も漫画の記号性と絵としての写実性のいいところを思う存分最大限活用している感じがする。主人公の言動やモノローグの率直さと共通するそのセンスの凄さに圧倒される。

     それに比べるとオレの表現のなんと硬くて狭いことかと、すごく見習いたいと思うのだが、その狭くて硬いからこそ表現できている部分もあり、真似したからといってうまくできるものでもなく、だからと言って今のままでいいわけでもない。素晴らしい才気の炸裂っぷりにリアルタイムで接することをあんまりひがまなくていい年齢になっていてよかった。

  • 中学生になっても大人になれない水谷と、「変な奴」として有名なぼっちの月野は、偶然夜の学校で会い、「月曜日の夜に二人で学校で会う」約束をする。

    この漫画は登場人物の表情がすごい良い。
    感情に直結する水谷の表情、本質をつく月野の表情、楽しそうなとき、必死なとき、泣き出したいときの二人の表情、すごく綺麗でぐっときます。
    月野は自分の超能力を信じる変人だけど、だからこそ水谷のコンプレックスを溶かしてくれる。
    反対に、月野も水谷の底抜けの明るさに救われてる。

    水谷は子供っぽくて少しずれているけど、可愛いげがあってハブられもせず、大人びた土森とも仲が良くて安心できる。
    しかし作者が阿部さんだと考えると、切ない水谷の夢、「月野だけは大人にならないでくれ」という暗闇での水谷の台詞、「最近視力が落ちてきてる気がする」という月野の台詞、終わりの暗い感じなどなど不穏な伏線があり非常に怖い。

    頼むから最後はほっこり系のラストにしてくれえええ。

  • この人は天才だ

  • 水谷は中学生になりたての女の子
    親友の名前は土森、水谷よりも色々な面で大人な女の子。
    月野は中学生になったばかりの男の子、水谷と友達。ただし月曜日の夜限定。

    毎度強烈な個性を放つ阿部共実節とも言える世界観はなく
    中学生特有の若さと、そこから溢れ出すエネルギーの発散を求めて
    水谷は日々悩み、考え、心も体も大人になっていく。
    そういった思春期特有の脆さと強さを描いてるだけなのにも関わらず
    毎度の事ながらハイセンスな言葉選びを目にしているうちに
    ほんの少しだけ風変わりな青春の1ページを覗いているつもりが
    気付くとそこは阿部共実さんの世界。
    実に上手い描き方だわ。

    前述の通り、不思議系オムニバス漫画のスタイルではないので
    空が灰色だからを期待して読むとがっかりすると思います。

  • ちーちゃんはちょっと足りない? ですっけ…あれも読み終わった後、何とも言えない感覚に襲われましたけれども、これも…人間の闇の部分?と言う表現が合っているのかどうだか分かりませんけれども、読み終わった後、何とも言えない感情を抱きました…。

    ヽ(・ω・)/ズコー

    作者は多分…女性じゃないかな? と思うんですけれどもねぇ…女性にしか表現できない…少女漫画のダークな部分と言えばいいのか…ともかく男性・女性で言ったら圧倒的に女性のが怖い生き物ですよね! ←え?? 社畜死ね!!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    まあ、ちーちゃんよりかは個人的に取っつきやすかったような気がします…女同士のアレコレとかあんまり読んで気持ちのいい思いはしないと思いますので…今作は男女関係…ではなく、男女であっても友達関係みたいな感じでしたので、男の僕ちんも比較的お話にのめり込みやすいのでした。

    さようなら…。

    ヽ(・ω・)/ズコー

全16件中 1 - 10件を表示

阿部共実の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

月曜日の友達 1 (ビッグコミックス)を本棚に登録しているひと

月曜日の友達 1 (ビッグコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

月曜日の友達 1 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

月曜日の友達 1 (ビッグコミックス)の作品紹介

まばゆい中学生ガールミーツボーイ物語!

みんなが少しずつ大人びてくる中学1年生。
そんな中であどけなさが抜けない女子・水谷茜。

水谷はひょんなことから「俺は超能力が使える!」と
突拍子もないことを言う同級生の男子・月野透と
校庭で会う約束をする。決まって月曜日の夜に。


大人と子供のはざまのひとときの輝きを描く、
まばゆく、胸がしめつけられるガールミーツボーイ物語。

阿部共実、最新作にして最高傑作、誕生!

【編集担当からのおすすめ情報】
『このマンガがすごい!2015』(宝島社)オンナ編1位、
第18回文化庁メディア芸術祭 マンガ部門 新人賞を受賞した
天才・阿部共実が満を持して贈る長編最新作。

大人になる一歩手前のまばゆさを
独特の語調と陰影描写で綴る傑作です。

普遍的でいて尊い。
人類の宝にしたい、そう思える作品です。

月曜日の友達 1 (ビッグコミックス)はこんなマンガです

月曜日の友達 1 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする