11人いる! (小学館文庫)

  • 2626人登録
  • 3.97評価
    • (517)
    • (278)
    • (514)
    • (18)
    • (3)
  • 292レビュー
著者 : 萩尾望都
  • 小学館 (1994年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (323ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091910110

11人いる! (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 永遠に輝くNO.1作品!!
    宇宙大学入学試験。
    最終選考に残った各星から集った優秀な学生たち。
    最後の最後、最終試験は、宇宙船に乗っての実地試験。
    10人1船のはずなのに、なぜか11人いる!
    さて、これは?事故なのか、故意なのか。
    とにかくみな、様々な事情で試験には受かりたい。
    ということで、そのまま宇宙へと旅立つ。
    ああ、何度も何度も読むけど、この面白さはたまらない。
    簡潔にして、深い。
    テンポも笑いも深刻さもなにもかもがちょうどいい。
    最高です!

  • 萩尾望都6作品目、その中では最も気楽に頭を使わず読めた。前半は10人のハズが11人いる!と言う謎解き話、後半は同メンバーの続編で国々のイザコザの中をタダとフロルが命懸けハネムーンをカマス。フロルのキャラのおかげで漫画の雰囲気が珍しく明るい、笑。

  • 自分はこれまで少女漫画というものをほとんど読んでこなかったけれど、本作を読んで「濃さ」に圧倒された。萩尾望都だからこそかもしれないけれど、一概にはいえないが男性向けコミックがふと、ものすごくセンチメンタルで未成熟な世界に思えた。

  • 様々な惑星から集まった人々。
    地球規模でだって、多様性は様々。
    それぞれの生き方考え方を認めていくことは大切だよな、と思いました。

  • 古本屋で見つけて衝動買いしました。
    有名なのでオチも知ってたんですが、普通におもしろかった。
    疑心暗鬼で常に不穏な心理状態が続いとるはずやのに、フロルがいい感じにバランスとっとってかわいかったw
    続編はぜんぜんSFやなかったけど、こっちはこっちで雰囲気あるお話やった。

  • 描かれた時代を考慮したとしても、普通程度だった…
    期待の分を損した感じだった。

  • 萩尾さんのSF漫画の中で、個人的に最も好きな一編。何度読み返しても新鮮で面白い、傑作中の傑作だと思う。

  • 不朽の名作!漫画だけど子供に読み聞かせ挑戦してみた。説明を挟みながらだったけれど、けっこう楽しんでくれていたみたい。フロルがお気に入りらしい。「フロル、ムキムキになっちゃだめー」だそうだ。
    劇場アニメ判も良かった。原作をほとんど変えていないし、素晴らしい。

  • 漫画の古典的名作、萩尾望都さんの11人いる!

    萩尾望都さんの作品におおいらしいジェンダー論を取り入れながらもエンターテイメントとしても上質なSF漫画です。

    古典であり王道、今の人が読めばありがちな展開と思うところもあるかもしれませんが、完成された王道の物語は筋が読めてもなお面白い。
    舞台である近未来の設定も凝っており世界に浸るだけでも心地よい。
    後の多くの作品に影響を与えたであろうこの作品を読まずしてSF漫画は語れません。

  • 萩尾先生の作品の中で一番大好き。
    もう何度読んだか思い出せないくらい読みました。

    この作品のヒロインであるフロルがもう本当に愛らしくて、
    あ~大好き!と思ってしまいます。
    話の展開もきちんとしたSF漫画になっていて、
    設定とかいろいろ、好きですね。はらはらドキドキしました。

    今の少女漫画にはこういう作品がないので、
    いろんな人がこの名作のことを知ってくれればいいな、
    と思います~。

全292件中 1 - 10件を表示

萩尾望都の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

11人いる! (小学館文庫)に関連するまとめ

11人いる! (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

11人いる! (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

11人いる! (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

11人いる! (小学館文庫)の文庫

11人いる! (小学館文庫)のKindle版

11人いる! (小学館文庫)の単行本

ツイートする