11月のギムナジウム (小学館文庫)

  • 949人登録
  • 3.64評価
    • (91)
    • (110)
    • (240)
    • (7)
    • (0)
  • 53レビュー
著者 : 萩尾望都
  • 小学館 (1995年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091910158

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

11月のギムナジウム (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • セーラ・ヒルの聖夜がかわいくてすきです

  • 『トーマの心臓』関連の話を網羅しようと思ってこちらも読みました。
    トーマの心臓の別バージョンともいえる表題作『11月のギムナジウム』をはじめ、いろんなテイストの短編が収録。
    『もうひとつの恋』は、双子の姉弟が出てくる話。結婚を翌日に控えた姉が事故で亡くなり、そっくりな顔の弟に乗り移って式を決行しようとする。死神なんかも出て来て、ややコミカルな感じ。すっきりハッピーエンドで良かったです。
    『かわいそうなママ』は後味の悪さが印象に残る。『白き森 白き少年の笛』は割とオーソドックスなホラー。

  • 表題作は『トーマの心臓』の原型になった作品を含む初期短編集。時代背景や当時の少女漫画の傾向もあるのだろうけど死別や養子になってるパターンが多い……

  • 初期短編7作を収録しています。

    「11月のギムナジウム」は、『トーマの心臓』の別一つのヴァージョンというべきストーリーで、ヒュールリンのギムナジウムに、トーマ・シューベルとそっくりのエーリク・ニーリッツという少年が転入してくる話です。生き別れになったきょうだいという、著者が繰り返し描くテーマに沿って構成されており、『トーマの心臓』に比べると登場人物たちの心情の描写が若干粗い印象もありますが、短編らしくぴりっとまとまった作品です。

    「秋の旅」は、ヨハン・シェスターという少年が、両親の離婚によって離れ離れになってしまった父親のモリッツ・クラインの家を訪ねる話。「塔のある家」は、マチルダという少女が、塔のある家でフォーラ、ビビ、デデという3人の妖精に出会う話。

    「もうひとつの恋」は、本書の中ではもっともコミカルなストーリーです。明日結婚式をあげるはずのジョゼフィン・ニースは、交通事故で死んでしまいます。しかし、どうしても結婚式に出たいという思いを断ち切れない彼女は、弟のジョンバインの身体に入り込み、結婚式を強行しますが、やがてジョンバインが意識を取り戻し、大騒動となってしまいます。

    「かわいそうなママ」は、別れてしまったかつての恋人のことを思い続けていたエスタ・ボストンが死亡し、報せを受けて恋人だったマーティン・シーフレイクが訪ねてきます。そこで彼は、エスタの息子のティモシーから、エスタがどんな毎日を送っていたのかを聞かされることになります。

    「白き森白木少年の笛」は、11年前に森の中の井戸に落ちて命を落としたエドワード・フォスターという少年の幽霊が、マリアという少女の前に現われる話です。「セーラ・ヒルの聖夜」は、幼い頃に互いに離れ離れになって育ったキャロン・ダーリングとクリス・ライバーの双子のきょうだいが、セーラ・ヒルで再会する話です。

    いずれも短編なので、ストーリーの展開の中で登場人物の心が揺れ動いていくというよりも、初めからキャラクターが設定されているという印象はありますが、それだけにかえって著者の描こうとしているテーマが明確になっているように感じました。

  • かわいそうなママが良い。

  • 双子が多い。
    妖精の話とかハッピーエンドのもあってほっこりした。

  • このオスカーは、ちょっとやだなぁ(笑)

    「塔のある家」がお気に入り。童謡みたい。

  • 「トーマの心臓」の出発点はここから。まったく別の話だけれど、読み比べてみると面白い。

    ※収録作品
    「11月のギムナジウム」「秋の旅」「塔のある家」「もうひとつの恋」「かわいそうなママ」「白き森白き少年の笛」「セーラ・ヒルの聖夜」

  • 本当寄宿学校大好き。

  • 「秋の旅」
    流石に古いなぁ~と感じながら読んでいたらまさかの衝撃…
    記憶を回想するシーンに胸がジーンと来て、
    ラストの言葉に主人公と一緒におもわず涙。

全53件中 1 - 10件を表示

11月のギムナジウム (小学館文庫)に関連する談話室の質問

11月のギムナジウム (小学館文庫)に関連するまとめ

11月のギムナジウム (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

11月のギムナジウム (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

11月のギムナジウム (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

11月のギムナジウム (小学館文庫)はこんなマンガです

11月のギムナジウム (小学館文庫)のKindle版

ツイートする