半神 (小学館文庫)

  • 1537人登録
  • 4.00評価
    • (317)
    • (148)
    • (310)
    • (5)
    • (0)
  • 163レビュー
著者 : 萩尾望都
  • 小学館 (1996年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091910172

半神 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 題作「半神」のみについて。永井均の『マンガは哲学する』に書かれたあらすじだけで泣き、もしかしたら元を読まない方がいいんじゃないかとも思ったのですがどうしても読みたくなって読みました。
    で、結局は構成・演出を中心に読み切ってしまったのですが本当に素晴らしい。読後、当時のノートに写し書きした覚えがあります。
    素晴らしい!16ページの奇跡。

  • 読了:2011/4/9

    「半神」と「偽王」がすごい話だ。

    妹を切り離して、今まで妹に与えていた養分も、美貌も、周りからの愛も、妹から取り返した。
    それは同時に、「妹に与え続けていたわたし」を失うことでもあった…。

    偽王は難しいよ〜。
    加害者の罪なのに、被害者がそれを負わされてしまうことって多々ある。児童虐待において親をかばい自らを責める子、性犯罪における被害者叩き、etc.…
    そんなことを連想した。

  • 表題作の「半神」は怖い、ともかく怖いです。この作品の怖さを語る言葉が欲しい。

  • シリアス寄りの短編集。
    衝撃的な話が多いので一度に読むと疲れるかも。

    偽王は軽くトラウマ。

  • あえて表題作「半神」の感想のみ。
    どこでも書かれていることだが、16ページでここまで描ける、というお手本。
    かつて鈴木光明に萩尾が「新人マンガ家に16ページとか32ページとか、投稿作に
    ページ制限を設けるのはいかがなものかしら? 私たちのころはみんなページにとらわれず自由に描いていたでしょ?」と電話をしたとき、鈴木が「近頃の投稿者はページ制限を設けないと、何ページ描けばデビューに有利になるかとか、長いと不利かとかそんなことばかり聞いてくるから、あえて設けている」
    と答えたのを聞いてうーむと考えた、というエピソードがあったのだが、
    そりゃ天才とそうでないものは違うさ、と思わざるを得ない。
    努力でどうにもならないものはある。この16ページを読めばまざまざと見せつけられる。

  • 読み終えて「!?」という気分になる短編が多い。
    けど、それは決して不愉快な感覚ではない。
    思い出して読み返し、また「!?」な気分に浸ることができる。
    読み終えた時「ああ、なるほど」と思える日はくるのだろうか?

  • 半神。


    短編でこんなに感動できる,素晴らしい作品。
    「作品」と言える貫禄と品のある物語。

    これに出会ったのは20年ほどまえになると思うが、これ以上の作品に出会える気がしない。

    愛情の葛藤の、短く凝縮された。





    スローダウン。

    ゆっくりと、落ちてゆく。

    恋。
    だろうか。

    思いがけない導き。
    交わり。
    まだ見ぬ世界。

    ある種の狂気。

    いつまで続くか、急に正気に戻るかもしれないが。
    フワフワと夢を見る。

  • 表題作の『半神』は読んでいて切なくなる

    私と腰のあたりで繋がった妹
    私の栄養を取って美しく輝く妹
    その美しさと知能が低いゆえに天使と褒められる妹
    私を邪険にする妹

    このままでは二人ともの命が危険と判断され、二人を切り離す手術が行われ、元気を取り戻す私と反対に、どんどん衰弱していく妹
    栄養を作れずに朽ちていく妹
    それは以前の私そっくりの姿
    亡くなったのは「妹」なのか「私」なのか

  • 「半神」「偽王」あたりが小生の好みだが……今、このようなSF(と敢えて言いますが)を描ける作家は少なくなったなぁ(遠い目)。

    本文庫の解説で『戦慄の絆』に言及しているが、これ、どちらかつーと『バスケット・ケース』だな(^^;

  • 短編10コ入り。こんな少ないページ数なのにオチがよめない…どころか次の展開もよめない。なので1度読んでもう1度読む。腑に落ちる。半分がそんな調子。一体どういう脳の構造なんだろ?ぐらいまで思う。

全163件中 1 - 10件を表示

萩尾望都の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
魚喃 キリコ
有効な右矢印 無効な右矢印

半神 (小学館文庫)に関連するまとめ

半神 (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

半神 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

半神 (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

半神 (小学館文庫)のKindle版

ツイートする