ウは宇宙船のウ (小学館文庫)

  • 541人登録
  • 3.64評価
    • (62)
    • (40)
    • (134)
    • (7)
    • (1)
  • 34レビュー
著者 : 萩尾望都
  • 小学館 (1997年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091910202

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
魚喃 キリコ
有効な右矢印 無効な右矢印

ウは宇宙船のウ (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 初めて読んだのは高校生の頃。古本屋で本書の前身である、カバーなしの集英社文庫版を見つけて買った。時が過ぎ、レアなこの古本は実家のどこにいったやら…なので改めて買い直して再読。
    つくづく、ブラッドベリ×萩尾望都、最強タッグだと思いました。不気味で、不思議で、哀しくて、怖くて…SFだからこそ伝わってくる繊細な心理描写。構成も見事で、ストンと斬られるような展開に、何度も驚き、おののいた。
    高校生の頃はやはり少年少女の主人公に共感していたけど、不惑の今となってはその親の心情になってしまうな…。宇宙飛行士を目指す子を応援し、だけど別れの寂しさに板挟みとなる母。「城」のような家を世界の全てと教え、閉じ込める母。宇宙船乗組員の夫を、地球につなぎとめようと子に縋る母。(だけど子供は父の姿に憧れていて…。)何回も読み返すたび、読後感は微妙に変化し、キャラクターの多彩さと舞台設定の奥深さを感じるのだった。
    どの短編も印象深いけど、少年達の瑞々しい友情がまぶしい表題作が個人的には好き。そして、その表題作に寄せた、巻末の谷村志穂さんのエッセイもまた素敵であった。

  • レイ・ブラッドベリの短編小説をモー様が漫画化。

    どれもこれもせつない。

    霧笛が凄く悲しい…。

  • レイ・ブラッドベリとSFに興味を持つきっかけになった漫画です。
    初めて読んだときは衝撃を受けました。
    とくに「霧笛」を読むたびになぜか泣きそうになります。永遠を生きる孤独の悲しみ、途方もない時間待つにもかかわらず報われない愛。切ないです。
    「ぼくの地下室へおいで」は読後しばらく考え込んでしまう作品。なにかがおかしい、じわじわと見えない何かによって変化させられていく怖さを感じ取るロジャー。でも何も根拠はなく、不安も漠然としているので「そんなこと気にしてもしょうがない」「疲れているんでしょう」と取り合ってくれないのが普通。でも人はいつもそういうサインを見逃し、また先送りにして本当に困ったときに慌てて対策を考えるはめになるのは何とかならないんかな?とか考えてしまう。そしてマニーの考えはほとんど的を得ているけどもあり得ないしあくまでも憶測。ラストになんとなくゾクッとします。
    原作の方も読みたいです。

  • 原作の透明感というか、実世界とほんの薄紙一枚だけ位相のずれただけの繊細なレイ・ブラッドベリのSF小説の世界を、見事に絵にしていて、すごい。これを読んで、ブラッドベリファンになりました。

    「夢見る少年(少女)」が主人公の、全部で8編のSFポエジーが入っており、その一遍一遍が、異彩を放って忘れがたい。
    特に、「ウは宇宙船のウ」と「霧笛」は何度読み返しても、心に響き、泣きそうになります。(最初に読んだときは号泣しました。しばらくこの本を手に取ることができないほどショック。)

    コドモは共感し、オトナはかつての純粋な夢見る気持ちを思い出す。
    心揺さぶられるマンガ!

  • レベルの高い短編集。
    こんな短編が少女漫画雑誌に載ってたなんて凄すぎる70年代。
    意外とSFと少女漫画は相性がいいので、現代の漫画作家さんにもぜひSF漫画どんどん描いていってほしいです。

  • 【収録作品】ウは宇宙船のウ/泣きさけぶ女の人/霧笛/みずうみ/ぼくの地下室へおいで/集会/びっくり箱/宇宙船乗組員

  • ミステリアスな作品集。『びっくり箱』は母親の支配からの脱出なのだろうか……でも、深く考えるのが怖い。

  • さすが……さすが萩尾望都先生です。しっとりした雰囲気がブラッドベリにピッタリじゃないですか! しかもこんなにページ数が少ないのに原作の雰囲気壊さないまままとめてるー!! すげえよ! これが職人技か!!

    「みずうみ」の奇麗さがたまらーん。
    「びっくり箱」はたしか原作は男の子だったはず。でもドーナ可愛いしいいや! 
    「万聖節」10月のじっとりした霧の匂いが漂ってくる!!

    小説の漫画化としてはすごい再現度じゃないでしょうか。ブラッドベリの文章と、萩尾先生の童話的な絵の相性があやしすぎて頭グラグラする。そのグラグラに酔っていたい、と思えるような短篇集です。

  • 【収録作】
    「ウは宇宙船のウ」
    「泣きさけぶ女の人」
    「霧笛」
    「みずうみ」
    「ぼくの地下室へおいで」
    「集会」
    「びっくり箱」
    「宇宙船乗組員」

     解説・中島梓

  • みずうみとびっくり箱がすき

  • ブラッドベリ原作ものの短編集。コクトーもそうだったけれど、ブラッドベリも本家より先に萩尾望都で読んでしまった。「霧笛」がやはり思い入れ深い。

    ※収録作品
    「ウは宇宙船のウ」「泣きさけぶ女の人」「霧笛」「みずうみ」「ぼくの地下室へおいで」「集会」「びっくり箱」「宇宙船乗組員」

  • レイ・ブラッドベリのSF小説を漫画化。喜びの裏側にある悲しみを感じるお話でした。

  • よくわからなかった。

  • 【2012.11.28再読】
    ブラッドベリ好きなので、原作の雰囲気通りで本当に嬉しいです。

  • ブラッドベリ追悼読書第2弾。そして15年ぶりに再読。いまさら言うことじゃないだろうけど、ブラッドベリと望都センセのコンビはやっぱり最強。SFやホラー風味でも切なさが漂い、それを幼少期の遠い記憶を思い出させてくれるような味わいでくるんでくれる。エバーグリーンな一冊だ。

  • またまた一気読み。レイ・ブラッドベリの原作も読んでみなくちゃ。

  • 萩尾先生らしい物語たち。
    でも、原作は別の人らしい。
    萩尾先生がこの物語たちを愛したのだということが伝わってきた。

  • 30数年に及ぶ愛読書です。
    レイブラッドベリに目覚めるきっかけの作品でもあります。
    「集会」がやはり一番好きですね・・・甲乙つけがたいけど。
    2011年6月15日
    再読
    2013年7月14日

  • 「外国のような世界出てくる人は寂しくうつろ何かが欠けてる」

  • ブラッドベリの同名短編集が好きなので買ってみた。
    感想は、マンガと小説は別物だなあ・・・と。
    絵がついたらイメージが固定化されるというか
    ロマンチックになりますね。
    ブラッドベリは空想をおもいきり膨らませながら読むのが
    醍醐味だと思ってるので
    よけいにそうおもったかもしれません。

  • 初期作品がおおいからか、地味。
    竹宮さんと比較して地味といわれるのもわかるかも。
    でもこれはこれであったかくていいなぁ。

  • 萩尾 望都の短編集の中でも、
    本当に、本当にグッとくる1冊。
    宇宙と人間と生命の神秘と、
    そのなかで人間がおりなすせつなさと。
    全部、1冊で、読める。

  • 面白いといえば面白いんだけれど、こういうSFってちょっと苦手。ブラッドベリって、きっと好みが分かれる作家なんだろうな。後味が寂しい作品が多いような気がする。それにしても『R IS FOR ROCKET』の邦題が『ウは宇宙船のウ』とは、ストレートすぎではなかろーか。原作ではたぶん本文のなかでRをかけているんだろうが。(2007-09-07L)

  • どこが、というわけでもないんだが、私の潜在的な郷愁をくすぐる。原作はブラッドベリだっけ?原作読まなくても充分だ、きっと。日本人ならちぐはぐに和訳された原作よりも、これを読むといいと思う。

  • この作品も好きな作品。

全34件中 1 - 25件を表示

ウは宇宙船のウ (小学館文庫)に関連するまとめ

ウは宇宙船のウ (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ウは宇宙船のウ (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ウは宇宙船のウ (小学館文庫)のKindle版

ツイートする