ふしぎ遊戯 玄武開伝 5 (小学館文庫 わB 43)

  • 10人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 渡瀬悠宇
  • 小学館 (2014年11月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (329ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091912190

ふしぎ遊戯 玄武開伝 5 (小学館文庫 わB 43)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 多喜子も肺病に・・・。
    シリアスでとても重い展開だけど、女宿との愛は揺るぎない。
    ハーガスとテグをどうやって仲間にするのか楽しみ。
    ハーガスとフィルカの過去も気になる。

全2件中 1 - 2件を表示

渡瀬悠宇の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ふしぎ遊戯 玄武開伝 5 (小学館文庫 わB 43)の作品紹介

大ヒット作・衝撃の急展開!

最後の七星士・危宿(うるみや)は字(あかし)を分け合ったハーガスとテグという双子で、敵側の人物だった。戦いのなかでソルエンを失った女宿(うるき)は怒りにまかせ首都を急襲するが、七星士を無力化するテグの歌声に阻まれる。満身創痍の女宿は、神聖なる森の少女・フィルカに助けられ、一方、多喜子と七星士たちも森の一族に護られて身を潜める。だが、その森にもハーガスたちの手が迫って・・・?

ふしぎ遊戯 玄武開伝 5 (小学館文庫 わB 43)はこんな本です

ツイートする