海の闇、月の影 (11) (小学館文庫)

  • 77人登録
  • 3.74評価
    • (10)
    • (7)
    • (17)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 篠原千絵
  • 小学館 (1998年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091912206

海の闇、月の影 (11) (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 初めて読んだときには不気味で仕方なかった流水だが、こうして
    大人になって再度読んでみると、流水の気持ちのほうに共感?!

  • 文庫版で全11巻。

    謎の細菌のせいで、超人的な力を手に入れてしまった双子の流水と流風。
    その力が双子を引き裂き悲劇を招く!
    アクロバティックな双子の戦闘シーンが息をのむ面白さです。
    飛ぶし。空中対戦だよ。
    壁を通過しちゃうし。

    天使みたいな流風もいいけど、業まみれの流水には同情してしまいました。
    ふたりとも元はめちゃめちゃいい子なんだから、最後は元に戻ってハッピーエンドがよかったな。
    流水が可哀そうすぎる。
    元に戻っても、克之と流風を見るのはもっと酷かなぁ。

  • 小学館文庫。
    全11巻。

全5件中 1 - 5件を表示

海の闇、月の影 (11) (小学館文庫)に関連する談話室の質問

篠原千絵の作品一覧

篠原千絵の作品ランキング・新刊情報

海の闇、月の影 (11) (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

海の闇、月の影 (11) (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

海の闇、月の影 (11) (小学館文庫)の新書

海の闇、月の影 (11) (小学館文庫)のKindle版

海の闇、月の影 (11) (小学館文庫)のコミック

ツイートする