とりかえばや異聞 (小学館文庫―夢の碑)

  • 119人登録
  • 3.65評価
    • (12)
    • (15)
    • (33)
    • (0)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 木原敏江
  • 小学館 (1998年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091912213

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

とりかえばや異聞 (小学館文庫―夢の碑)の感想・レビュー・書評

  • なかなかツボをついてくる作品だった…!この人のもっと読みたい。

  • 時代は元々の平安から少し下って近世(?)に。「異聞」とあるようにストーリーも変わっていてまた別の世界になっている。

  • 部屋の模様替えをしたら視界に入るようになった本棚からチョイスして再読。異能を持つ風吹と生き別れた双子の兄に成り変わった紫子の物語がメイン。他に短編が二話収録。短編の「君を待つ九十九夜」の旧家の箱入娘と成り上がり御曹子カップリングが結構好きだったのを読みながら思い出したよ。

  • 男とも女ともつかない美女・紫子と人外のびきんぐあの血を引き不思議な能力を持つ風吹は京の遊女屋で恋人となる。しかし姿を消してしまった紫子に仕官先として潜入した佐伯で再会。彼女は体の弱い国主・緑生の入れ替わりを勤めていた。なんとか生き延びてきた小国は今、内部からも外部の織田や毛利からも狙われていた。毛利の舞鶴姫輿入れを目前に緑生が身罷ってしまったことから紫子は風吹と共に戦いに巻き込まれていく。

    平安のとりかえばや物語が戦国を舞台にし、変わった女・紫子と鬼という不思議な存在の風吹によって全く違った物語になり、そこに生きる人々が生き生きと描かれとても面白かった。
    桜を食う鬼と鎌倉時代に生きた盗賊のお話も妖しく、白衣の狂気が際立ちなんとも形容しがたい印象的なお話だった。
    大正時代の周子と深草の百夜通いを下敷きにした話はコミカルで楽しかった。
    この作家さん、ちゃんと読んだことなかったけど他の話も読んでみたいな。

  • 平安古典「とりかへばや物語」をベースにした作品。
    コミカルな明るさを最初に感じるが、読み進めていく内にキャラクターの薄暗い感情を丁寧にすくい上げるシリアスな面がどんどん出てきて、その匙加減がよい。
    華やかさの裏にある恐ろしさをさらりと描けるのはすごいことだと思う。

  • 久しぶりの再読。戦国時代の身代わり劇に人外異形が絡むラブロマンファンタジー。時を超えて、わたしが「乙女」に戻れる一冊。

  • 自分内で木原ブーム。とりかえばや異聞はともかく女が!!オスカル!!(笑)ラストは壮絶かつ、木原先生らしいコミカルな顛末(どんなや)。夢の碑シリーズは残酷な結末が多いのだけど、この作品だけは読後が爽やか〜。

  • 戦国の世、遊女屋に預けられていた紫子は客として来た風吹と恋仲になるが、生まれた時に生き別れた双子の兄が病弱と知り、回復するまでの一時的な策として入れ替わって武将を演じることに。毛利家の娘の輿入れを機に、兄・碧生と紫子は入れ替わりをやめ、それぞれ元の姿に戻ったかと思ったその時、碧生が急死。佐伯家存続のため、ここから本当の入れ替わりが始まった。果たして佐伯家は、紫子の運命は、そして紫子と風吹の恋の行方は?!平安古典「とりかへばや物語」をベースにしたユニークな作品。

  • 巻末解説:柴田侑宏。鬼と人の話。同時収録の「君を待つ九十九夜」もよいです。

全14件中 1 - 14件を表示

とりかえばや異聞 (小学館文庫―夢の碑)に関連する談話室の質問

とりかえばや異聞 (小学館文庫―夢の碑)に関連するまとめ

とりかえばや異聞 (小学館文庫―夢の碑)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

とりかえばや異聞 (小学館文庫―夢の碑)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

とりかえばや異聞 (小学館文庫―夢の碑)はこんな本です

ツイートする