ポーの一族 (1) (小学館文庫)

  • 2761人登録
  • 4.03評価
    • (678)
    • (245)
    • (610)
    • (12)
    • (1)
  • 327レビュー
著者 : 萩尾望都
  • 小学館 (1998年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091912510

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ポーの一族 (1) (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 途中でわけわかんなくなる、でもすごい、面白い、すごい

  • 美しい。切ない。可愛らしい。

  • あまりに好きな作品なので、むやみに読み返さないようにしている(…うーん、我ながらヘンなファン心理だなあ)。でもまあ、四十年ぶりの新作を拝んだあとなのだからして許されるだろう(誰に?)と久しぶりに再読。あっという間に物語に連れ去られてしまう。

    今さら言うのもなんだけど、語り方の妙にしびれる。第一話でメリーベルは死んでしまう。エドガーは生きる意味の失われた世界で、永遠に生きる宿命を負う。こんな始まりをいったいどうやったら考えられるのだろう。物語は、中篇短篇とりまぜて、時間を行き来して提示されるが、エドガーの心はメリーベルの死の時点に縫い止められているようだ。

    この文庫版第一巻で世評の高いのは、何と言っても「グレンスミスの日記」で、いや実に抜群の完成度だと思う。複数の漫画家の方が「読んで打ちのめされた」と語っていたが、さもありなん。たった24ページのなかに、人の一生がありありと立ち現れ、この世に生きることの切なさが惻々と胸に迫ってくる。ポー全話のなかでベストかも(いやそんなこと決められないんだけどさ)。

    この次の「すきとおった銀の髪」も好きな作品。大きな流れにからんでくるわけではない小品だけど、そのさりげなさがいい。エドガーとメリーベルは、年をとることなく長い長い時間を生きるのだという実感が胸にしみ通ってくるようだ。こうしたごく短い作品があってこそのポーの世界だなあと、あらためて思った。

  • 1500エントリ目は大御所・萩尾望都の「ポーの一族」。ヴァンピールと化した2人の少年(エドガー&アラン)が、年をとることなく何百年も生きていく様子を描いたオムニバス・ストーリー。半永久的に生き続ける少年の関係性が危うくて耽美であり、1970年代の萩尾望都だからこそ描けた作品なのかなと思う。小学館文庫全3巻。

  • 初めてポーの一族を読んでまだ半年も経っていないのに、もうずっとふるくから、私の頭の中にエドガーたちが住んでいるような気がします。
    ただの人間に過ぎないわたしが人間でない彼らにしか分かり得ない孤独や虚無感を完全に理解できる時は来ないのかもしれないけれど、一つ一つの話を読み終わった後に胸に広がるじんわりとした寂寥感と美しさは、読めば読むほどその質量を増していくように思います。
    きっとこの先何度も何度も読み返しては、自分には決して届かない永遠の時間を生きた彼らに思いを馳せるのでしょう。

  • やっぱりいつ読んでも良いものだ…。
    自分の中の吸血鬼像の美しいイメージは、主にエドガーから来ているのではないかと思う。
    ただ美しいだけでなく一編一編が読んで面白いというのも凄い。
    ところで、今回読んでいて今更ながらエドガー・アラン・ポーの符牒に気が付いた。

  • 何度読み返しても、初めて読んだ時に感じたものと変わらぬ思いが鮮やかに蘇る。

  • 少年のまま不死(パンパネラ)となったエドガーの
    物語。魅力的なイギリスの貴族の香り。エッと思わせる話運び。音楽が流れているような美しい詩の数々は当時の私の心をわしずかみにしたのでした。
    私を漫画好きにした原点漫画です。
    http://edoga.blog22.fc2.com/blog-entry-555.html

  • なぜかわからないけど胸が抉られるように切ない。切なくて、それでいて美しい。耽美的、納得。
    エドガーはひとり死のない生を生きるのがさびしくて、辛くて、アランを一族に引き入れた。
    アランは愛に飢えて…
    自分はもはや普通の人として暮らせないとわかっていても、それとも人と関わらずにはいられない。
    エドガーはそれこそ時を超えて人々の記憶に刻まれたのだ。
    最後がもう本当に苦しいくらい切ない。死ぬことが安息なのだろうか。果てのない生を生きるのは辛すぎるのか。エドガーはどうなったのだろう

  • 今のBLとは一線を画す。魂の透明さみたいなものを感じる。

  • 悠久の時を生きる人々の物語。子供のまま永遠に生き続けることが耐えられなくなったエドガーは、アランを強引に一族に加えてしまうのです。必読です。

  • フラワーコミックスの順番に慣れているのでこちらはあまり読み返してません・・・

  • 読んだ方がいい。

  • 図書館 借読

    密度がすごい。。。
    美しく耽美的。

    帰ろう、帰ろう、遠い過去へ。
    もう明日へは行かない。

    が、すごく心に残った。
    永かったね、やっと幸せに帰れたね。

  • だあれが殺したクックロビン

  • 研究者が必要な漫画。やっぱりおもしろかった。

  • 「一週間」でマザーグースを歌うアランを聞きたくて、ドラマCDも買ってしまいました……。歌が入ってなくて泣きました。。
    「一週間」はアランがかわいくって(特に最後!)好きですが、全編を通して一番好きなのが「はるかな国の花や小鳥」です。200年も生きた少年エドガーは見た目とは真逆に大人びた気質。そんな彼がエルゼリの前では少年らしい顔を見せますが、それは彼女に喪った人を想い続ける自分を見ているからなのでしょうね。話中のモノローグが夢のように美しくてむなしくなります。

  • いつの間にか200年を過ごしている
    執着、諦観、誇り、繰り返しながら生きる
    ずっと続くと知っているのに儚いのはどうしてだろ

  • この漫画に少年役で出れるくらい美しくなりたいのですが。

    サラッと通して読んだだけで、キャラクターの関係性抜けている事もありますが、それでも年代を変えて話が繋がっていたりする所はゾワゾワくる。

    トーマの心臓も読もう。11人居るはすごーく好き。

  • 歳をとらないヴァンパイアが、自分の子孫や関わった人たちと時間を超えて関わり合う物語。

    82点

  • 身体だけでなく心も成長しないのか、それは辛い。

  • ことばづかいがいちいち詩的。
    「一週間」がかわいくてすきです。
    場面の変わる合図がなくて、ページをめくると別の場所、ということがよくあるので、慣れるまですこし戸惑いました。

  • なんか…ポエムだった。詩集読んでる感じ。
    エドガーとアランは素敵だけど私は断然トーマの心臓のほうが好き。

  • 吸血鬼の参考のために読んだら、こりゃやばいな
    ツボと萌えがぎゅうぎゅう詰めですね?
    語り継がれる物語はやはり違うな…

全327件中 1 - 25件を表示

ポーの一族 (1) (小学館文庫)に関連するまとめ

ポーの一族 (1) (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ポーの一族 (1) (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ポーの一族 (1) (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ポーの一族 (1) (小学館文庫)のコミック

ポーの一族 (1) (小学館文庫)の単行本

ポーの一族 (1) (小学館文庫)のCD

ツイートする