ポーの一族 (1) (小学館文庫)

  • 2769人登録
  • 4.03評価
    • (678)
    • (245)
    • (611)
    • (12)
    • (1)
  • 327レビュー
著者 : 萩尾望都
  • 小学館 (1998年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091912510

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松本 大洋
有効な右矢印 無効な右矢印

ポーの一族 (1) (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • あまりに好きな作品なので、むやみに読み返さないようにしている(…うーん、我ながらヘンなファン心理だなあ)。でもまあ、四十年ぶりの新作を拝んだあとなのだからして許されるだろう(誰に?)と久しぶりに再読。あっという間に物語に連れ去られてしまう。

    今さら言うのもなんだけど、語り方の妙にしびれる。第一話でメリーベルは死んでしまう。エドガーは生きる意味の失われた世界で、永遠に生きる宿命を負う。こんな始まりをいったいどうやったら考えられるのだろう。物語は、中篇短篇とりまぜて、時間を行き来して提示されるが、エドガーの心はメリーベルの死の時点に縫い止められているようだ。

    この文庫版第一巻で世評の高いのは、何と言っても「グレンスミスの日記」で、いや実に抜群の完成度だと思う。複数の漫画家の方が「読んで打ちのめされた」と語っていたが、さもありなん。たった24ページのなかに、人の一生がありありと立ち現れ、この世に生きることの切なさが惻々と胸に迫ってくる。ポー全話のなかでベストかも(いやそんなこと決められないんだけどさ)。

    この次の「すきとおった銀の髪」も好きな作品。大きな流れにからんでくるわけではない小品だけど、そのさりげなさがいい。エドガーとメリーベルは、年をとることなく長い長い時間を生きるのだという実感が胸にしみ通ってくるようだ。こうしたごく短い作品があってこそのポーの世界だなあと、あらためて思った。

  • 大学生の時、哲学の先生が萩尾望都の愛読者であったらしく――学生にも読みやすい“哲学の入門書”的な位置づけで紹介された。
    その頃にも既に古い漫画ではあったが、萩尾望都の作品は、読むほどに味わい深く、ひたひたと心に染み渡ってゆく。
    耽美とファンタジーとミステリーとホラーの融合する――人間の時間から切り離されたバンパイアの悲しみと苦しみ、そのバンパイアへの憧憬と畏怖を描いた傑作。

  • 自分自身の中ではベスト1。これを超える漫画は現れそうもない。

  • 誰にも知られてはいけない、あってはならない存在。
    それは、ただただ耽美な閉じられた世界で。
    他者に畏怖と憧憬を同時に感じさせる、危険で孤独な生き物であった。
    時の流れから取り残された彼らは、痛みを抱えてもなお生きていくしかない。
    「リデル森の中」の彼らを思う成長したリデルや「一週間」の女の子たちと遊ぶ無邪気なアランが切ない。
    人間と絶対的な壁があるバンパネラは、ずっと一緒にはいられない。
    その一時が儚く胸に残る。

  • 少女マンガの超王道。ここまで有名作品だと説明しづらい…。
    永遠を生きるヴァンパネラ一族の若いエドガー、妹のメリーベルへの慕情、死ぬものへの眼差し、共に長い時を生きる友人アラン。
    すべてのコマが美しく叙情的。

    ラストでの疑問。
    エドガーとアランが火に包まれて終わるけれど、私は何の疑問もなく二人とも死んだのだと思っていた。しかし友人は「アランは死んだだろうけど、エドガーは生きている!」と断言。そうだとするとエドガーは一人でまだ旅を続けてるのだろうか。それはそれで寂しいような、でも希望があるような。

  • 「一週間」でマザーグースを歌うアランを聞きたくて、ドラマCDも買ってしまいました……。歌が入ってなくて泣きました。。
    「一週間」はアランがかわいくって(特に最後!)好きですが、全編を通して一番好きなのが「はるかな国の花や小鳥」です。200年も生きた少年エドガーは見た目とは真逆に大人びた気質。そんな彼がエルゼリの前では少年らしい顔を見せますが、それは彼女に喪った人を想い続ける自分を見ているからなのでしょうね。話中のモノローグが夢のように美しくてむなしくなります。

  • たくさんの時代を行ったり来たりして物語は進むのですが、細かい伏線もしっかり回収されていてすごい……。エドガーやアラン、メリーベルの抱える孤独が深くてせつない気持ちになる。

  • この漫画に少年役で出れるくらい美しくなりたいのですが。

    サラッと通して読んだだけで、キャラクターの関係性抜けている事もありますが、それでも年代を変えて話が繋がっていたりする所はゾワゾワくる。

    トーマの心臓も読もう。11人居るはすごーく好き。

  • ジョジョと並ぶ私のお気に入りの漫画はコレ。
    インタビュー・ウィズ・ヴァンパイアだってきっとこれを
    ベースにしたに違いない。イギリスの少し物憂げな空気や初夏の
    さわやかな光、長い長い歴史の中を生きる彼らの息遣いを深く感じる。
    オーストラリアにまで持ってきた、大事な作品です。

  • 萩尾作品の中でも一番思いいれのある「ポーの一族」、何度も再読したが、今回は前回の再読から10年もたっている。実家に残してきた単行本が見つからず、とうとうブックオフで文庫版を買ってしまった。いや、しまった、もっと絵が大きく見える版にすればよかった、と思ったが、ないよりはマシ。

    読み始めたら懐かしくて止まらない。ああ、そうだった、リデルもいた。グレン・スミスとその子孫の話もいい。しばらくはエドガーとアランが夢に出て来そうだ。

  • 萩尾さんの漫画は何を読んでも面白いが、特に好きなのが「ポーの一族」。テーマが深く、哲学的で、かつとても抒情的。
    宮部みゆきさんの解説(死のないところに本当の生はあるのか)もとても良く、印象的だった。

  • 母方の実家が本屋で、手塚治虫や赤塚不二夫をはじめ小さい頃に色んなマンガを読んだけど、特にこの作品は思い入れが強くて、窓を開けて寝ていた時期があります。

    ちっちゃかった頃はあの異世界な感じが好きだったんだけど、いま読むとパンパネラってこんなに切ない存在だったのか…と思い、一話ごとのストーリーにひきこまれ、あっという間に読了。

    エドガーは出てこないのに、関わった人達の人生や語りの中にはエドガーの圧倒的なまでの存在があって、それに気づいたとき「なんか自分大人になったな」と思った。笑

    子どもが産まれたら読んでほしい。

  • 作品自体は数年前に読了済みだが、文庫サイズが出ていると知り新たに買い揃え中。

    久しぶりに見てもエドガーの眩しさは衰えず、何度読んでも良いものは良い。
    萩尾望都は天才だと思う。

  • 少女マンガと侮ることなかれ!!
    ベルサイユのばら、火の鳥と並び、自分のベスト3に入る漫画です。

    バラバラの時系列のエピソードを読み進めていくうちに見えてくる、不死の身体を持つバンパネラの軌跡。
    計算し尽くされたストーリーテリングは見事としか言いようがない!

    そして物語の結末は クラクラするほど切ないです。
    故に、迂闊に読めません。
    名作です。

  • 本当に好きな漫画です!
    長さもちょうどいいですし・・・。

    これとトーマの心臓は、すごくはまりました!

  • おかんの実家になぜか単行本1と3しかなくて中途半端に試し読みしていたのみで気になったままだったのですが、
    友達が文庫版持っていたので借りました。

    なんということだっていう
    あとやっぱり絵が綺麗ですねえ…

  • 言わずと知れたマンガ界の「超」名作。

    舞台は外国なのだが、不自然なところは全く見られない。まず第一に、この物語を日本人が書いたことが凄い、と言える。

    たえず「寂しさ」に包まれながらも、「深い愛」に生きた少年ヴァンパイアの話。

    作品ごとに多様なゲストを迎え、様々な形の愛の方法が書かれている。故に、テーマが同じ愛にあっても、全然別の話として独立し、それぞれに違った感動がある。

    絵は沈美で、特に沈黙による心理的な描写を、時にドラマチックに盛り上げ、時に視線一つですうっと読者の目が通り過ぎるようメリハリを持って表わしている。

  • これほど「不朽の名作」という言葉に相応しい作品があるでしょうか。モノクロの絵から温度や湿度が本当に伝わってくるようで、全てにおいて美しい。初めて読んだときから8年経ちますが、何度読んでも新たな感動がある、本当の傑作だと思います。薦めてくれた母に感謝。『リデル・森の中』『ペニーレイン』は、全作の中で特にお気に入り。誰の中にもリデルはいるんじゃないかな。エルゼリと恋人のお城の会話がとてもとても素敵で、久々に読んで泣きそうになりました。

  • ●「少女漫画の最高傑作」のひとつでもある『別冊少女コミック』掲載の漫画です。「インタビューウィズバンパイア」はこの漫画が元になっているとも言われています。大人が読む漫画かも。

    1972年から1976年にかけて連載された、吸血鬼(バンパネラ)の少年の哀しい物語。主人公のエドガーは最愛の妹メリーベルと共に、吸血鬼「ポーの一族」によって不死の体とされてしまう。

    この作品のオススメしたいところは、まずひとつめに非常に緻密なプロットの元に話が進んでいく、という所。漫画だからといって一連の時の流れを単調に追っていくのではなく、本来ならば物語の終盤にあたる部分を最初にドンと持ってくる。そこから時代を遡ったり、また戻ったりして、キャラクターの魅力を最大限に引き出しているのだ。

    二つ目はイラストのうまさ。現代の私達にとって、絵は多少古くて抵抗があるものの、慣れてしまえば当時の漫画の中では最高レベルの絵の書き方だということに気付く。

    三つ目は時代背景。ボーイズラブのもっと源泉の、純粋無垢な少年達のみずみずしい学園生活が、ロンドン、ドイツなど世界各地で描かれる。それぞれの土地でのそれぞれの時代を、不死の吸血鬼の目から鮮やかに描き出す。

    そして四つ目は挿入される言葉の数々。マザーグースがいたるところに散りばめられ、妖しいまでの雰囲気作りに一役買っているばかりか、その唄の深い意味を知るとぞっとしてしまうような真実が隠されている。

    全3巻ですが、私はもう30回以上読み返しました。永遠に私の中での一位を飾る漫画だと思います。

  • 途中でわけわかんなくなる、でもすごい、面白い、すごい

  • 美しい。切ない。可愛らしい。

  • 1500エントリ目は大御所・萩尾望都の「ポーの一族」。ヴァンピールと化した2人の少年(エドガー&アラン)が、年をとることなく何百年も生きていく様子を描いたオムニバス・ストーリー。半永久的に生き続ける少年の関係性が危うくて耽美であり、1970年代の萩尾望都だからこそ描けた作品なのかなと思う。小学館文庫全3巻。

  • 初めてポーの一族を読んでまだ半年も経っていないのに、もうずっとふるくから、私の頭の中にエドガーたちが住んでいるような気がします。
    ただの人間に過ぎないわたしが人間でない彼らにしか分かり得ない孤独や虚無感を完全に理解できる時は来ないのかもしれないけれど、一つ一つの話を読み終わった後に胸に広がるじんわりとした寂寥感と美しさは、読めば読むほどその質量を増していくように思います。
    きっとこの先何度も何度も読み返しては、自分には決して届かない永遠の時間を生きた彼らに思いを馳せるのでしょう。

  • やっぱりいつ読んでも良いものだ…。
    自分の中の吸血鬼像の美しいイメージは、主にエドガーから来ているのではないかと思う。
    ただ美しいだけでなく一編一編が読んで面白いというのも凄い。
    ところで、今回読んでいて今更ながらエドガー・アラン・ポーの符牒に気が付いた。

  • 何度読み返しても、初めて読んだ時に感じたものと変わらぬ思いが鮮やかに蘇る。

全327件中 1 - 25件を表示

ポーの一族 (1) (小学館文庫)に関連するまとめ

ポーの一族 (1) (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ポーの一族 (1) (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ポーの一族 (1) (小学館文庫)のコミック

ポーの一族 (1) (小学館文庫)の単行本

ポーの一族 (1) (小学館文庫)のCD

ツイートする