ポーの一族 (3) (小学館文庫)

  • 1194人登録
  • 3.98評価
    • (241)
    • (102)
    • (236)
    • (6)
    • (1)
  • 64レビュー
著者 : 萩尾望都
  • 小学館 (1998年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091912534

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ポーの一族 (3) (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 結局我慢できずに最後まで読んでしまった。ロビン・カーの話は、中でも一番よく覚えていた話だった。

    ああ、本当にいい話だねぇ。しばらく前に流行ったアメリカのティーン小説「トワイライト・サガ」より数倍は深い話だよな。

  • ミステリ仕立ての3巻。
    エドガーやアランが死ぬまでなんだけど、今までのストーリーを拾って、かつミステリにしてるのが凄い。
    結局、エドガーは自分の血筋の人の近くにいたかったんだね。
    ずっと側にいる。
    人間に一番戻りたかったんだろうな。
    時に冷酷だけど、それは彼が人間に嫉妬してるからかもしれない。

    僕はこの巻のロビンとキリアンの話が大好きだ。
    エドガーが言うんだ。


    ぼくたちは
    あまり
    いそがなかったよ

    彼がもう
    天使を
    信じて
    ないことを
    おそれて
    いたし…

    …そして

    おそくきすぎた

    「ねえ
    世の中には
    すこしばかり
    神経が細いために
    育たない子どもが
    たしかに
    いるんだよ

    彼はずっとずっと」

    天使を
    信じて
    待ってた
    のにね…


    そうだ、僕がそうなんだって思った。
    僕はたしかに死んでいるハズなんだ。
    育たなかった子どもなんだって。

    優しく
    悲しく
    そして真実の言葉

    ミステリとしても傑作だ。

    好きで好きで仕方ない。
    読むべき漫画だと思うんだ。

  • アランが好きな私としては、『小鳥の巣』は最も思い入れの強い作品。100年近く生きながら、いつまで経ってもまるで我儘な子供で、人間の様に優しく脆いアランを、エドガーはきっと愛したのだろうと今なら思います。自分と違い、「ポー」に染まっていない、けれどずっと側にいてくれる存在を求めたのでは。『ランプトンは語る』で、月の下二人が戯れるシーンは、最も好きな場面の一つ。人間に戻りたがっていたエドガーだけれど、この時ばかりは永遠に少年のままいられる時間を愛していたのではないかと思うと切なくなります。『エディス』のラストは号泣。

  • ひさびさのマンガ本更新。
    3巻めを代表して登録したけど、1~3巻の内容の感想です↓


    かいつまんで読んだことはあり大体の内容は知ってたけど、通読したの初かも。やっとどういう話か理解した。

    エドガーが一族に入る回がとくに泣ける………。
    アランは従順なイメージだったけど、読み返すと意外にワガママでいらいらする。

    これほんとにこの順番で雑誌掲載されてたの?すごくない?メリーベルとの別れが序盤にくるってすごくない?
    あのラストにしておきながら、最近しれっと続編始まったのもすごくない?続編以降のお話は時間軸的にはすべてエディス以前の話ってことになるってこと?

    完結型の滞在記形式のお話だったりすると、構成や設定的に楳図かずお先生の「おろち」っぽいなとも思うんですが…違いますかね。

    素晴らしい。ほんとうに素晴らしいマンガですよ。。

  • 舞台化が楽しみ。

  • うーん、なんか今回は小さい字で書きたいような気がするのだけど…、「え~?それでもファン?」とか言われそうなんだけど…、えーと、わたしは「ギムナジウムもの」ってあまり好きじゃなくて、いやいやキライと言うんじゃなく、さほど魅力を感じないというかムニャムニャ…。だもんで、萩尾作品のなかでも「トーマの心臓」「11月のギムナジウム」あたりにはあまり思い入れがない。(「スター・レッド」とか「銀の三角」とか、SF者としてのモト様をこよなく崇敬するものであります。)

    というわけで、「小鳥の巣」にはどうもうまく入り込めない感じがする。これって、全体の流れのなかでちょっと浮いてるようにも思ったり。いやこれはやっぱり、ギムナジウム的な世界がよく理解できないからこそ思うのだろうけど。

    「エディス」で幕が閉じられたとき、これで終わりだとは思えなかった。始まり方が始まり方なので、終わりなんてあってないようなものだもの。エドガーの永遠の孤独が終わるのは、彼自身の死によってしかない。だからまた必ず読めると思っていた。それがまさか四十年後とは思わなかったけど。

    巻末の解説を書いているのは有吉玉青さん。「ほんとうの孤独」というタイトルで、胸にしみます。

  • ポーの一族におけるバンパネラの死は唐突に訪れます。
    エドガーにとってメリーベルの代用品だったアランは、アランにとってのエドガーの代用品である少女のために、しかしそれでも命を投げ出します。
    アランはエドガーを再び孤独の中へ戻すことによって自らの愛を示そうとしたのか、それとも、自分の愛する人と同じ瞳の色を持っている少女のことも等しく愛していたのか、それとも自分が人間のように人を愛することができることを証明しようとしたのか。
    それは分かりませんがそこにあるのは確かな愛の形であると思います。
    紙の上で語り継がれていくバンパネラの生き方から、私たちは愛というあやふやなものについて、考えるヒントを得ることができるのかもしれない。

  • 永遠に年を取らずにいきるバンパイラと寿命がある人間という違いから、恋していれば恋しているほど、愛していれば愛しているほど、幸せにしてあげられない苦しみにもがくということであるが、それなら、年をとらないバンパイラ同志では幸せになれないのか?と思ってしまった。

  • 噂のエロガー・ポーチネロに会えてうれしい誤算

  • どこにでも現れそうな、どこにもいない二人になりました。

全64件中 1 - 10件を表示

ポーの一族 (3) (小学館文庫)に関連する談話室の質問

ポーの一族 (3) (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ポーの一族 (3) (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ポーの一族 (3) (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ポーの一族 (3) (小学館文庫)のKindle版

ポーの一族 (3) (小学館文庫)の単行本

ポーの一族 (3) (小学館文庫)のコミック

ツイートする