ブクログ大賞

マージナル (1) (小学館文庫)

  • 596人登録
  • 3.84評価
    • (84)
    • (91)
    • (117)
    • (6)
    • (1)
  • 67レビュー
著者 : 萩尾望都
  • 小学館 (1999年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (367ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091912541

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

マージナル (1) (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 全3巻読了(Kindle版)。

    壮大で、叙事詩的なSF。
    研究にとりつかれた父と、夫と子を恐れる母の狂気のなかで育った「夢の子供」キラが、二人の青年に出会い愛を知り、不毛な地の希望となる話でした。…でいいのかな? 何度も読んでいくうちに、たくさん発見がありそうです。

    BLではないんですが、BL読みすると三角関係としては珍しい結末。マージナルの既存の制度もBLとは違って面白いけど、三人はそこをさらに超えて、家族でも恋人でもない新しい関係性を築いていくんじゃないでしょうか。

  • 漫画を紹介する雑誌の特集で見つけた作品。自分には少し難解なところもあるが、読み応えのあるストーリーだった。

  • グリンジャかっこいい・・・

  • たった一人の「マザ」と呼ばれる女性が子供を産む以外、すべて男性だけのミツバチかアリのような社会、実はそこは2999年の地球。

    今なら、男女逆転「大奥」と比較して読んでみるのも面白い。

  • 管理している側と、管理される側が、隣同士で存在しているのがいい。
    キラの発生とか、細部まで丁寧に書かれているのは流石です!

  • 私の中で1番の萩尾作品。

    アシジンが贔屓だけれど、
    メイヤードとナースタースのエピソードがつらい。

    細かいことはさておき、
    ちらとでも興味をもったなら、
    読んでみることをおすすめします。

  • マージナルは、所々読んだところもあるけれど、どうも全編通して読んだことはないようだ。この終末が近づいている世界とか閉塞状態にある世界とかってテーマが萩尾作品には良く出てくるけれど、その中で人々がどう行動していくかってのが、それぞれ違っていてすごいな、と思う。

  • 文庫ではないけれどこれしかなかったので。
    ベッドの下から掘り出してきた。

    何回目かわからない再読。
    何度読んでも面白いなー

  • ”2999年、世界でただ一人の母が死んだ”

  • ひとに薦められて読んだ本。
    美しく描きこまれた世界、登場する人々は誰もが謎めいており、緻密な曼陀羅図絵のように織り込まれている。
    圧倒的な重力の漫画、これを読んでいた当時の漫画少女がうらやましい。

  • O竹さんに借りる。2999年の地球、遺伝子の損傷により男しか生まれない世で、人工的に女性(マザ)を創り何人もの子どもを産み与える。しかし、マザの暗殺によって全てが狂い始める。クローン人間の是非、愛することの意味など深いテーマを盛り込みつつも、BLっぽいドキドキ?感もあって話に入り込みやすい。あぁ、本当に昔の少女?漫画は骨太だなあ。

  • 凄い!壮絶SF・・・

  • 西暦30世紀目前の地球、環境問題の悪化の果てに女性が絶滅し男性だけが残った。滅亡の一途を辿る地球人の中でただ一人、出産の役目を授かった聖母(ホーリー・マザ)が暗殺される事件から、物語は幕を開ける。

    古くは手塚治虫の「ふしぎなメルモ」のように「性」をストレートに扱ったマンガは少なくない。その中でも萩尾氏は、一貫して「性」を扱ってきた方である。そんな氏の長編作品の中で、おそらく最も性を鋭く突いた作品の一つと言えるだろう。さらに今回は「受胎」まで射程に捉えていた。

    近年、小説家の桐野夏生氏は「東京島」を通じて偶発的に生じた原始的な小集団生活の中の「現代的な」女性性を丹念な描写で描いた。この作品は「根源的な女性性」を表すという点で共通する部分が少なくないが、描き方としては真逆である。すなわち、運命的に生じた近未来的な大規模集団の中での「詩的な」女性性を抉りだしているからだ。

    Marginal の登場人物の一人は次のように語る。「母体は子宮とは別の人格だ」と。それを象徴するかのように、物語の主役の一人であるキラは操作不能な暴力性を持ち、と同時に生命を宿す特殊能力を備える。

    物語を読み進めるにつれて「孕む」こと、「産む」ことの果てしない暴力性にときに呆然とし、ときに安堵した。そうした激しい海練と潮の緩急の中でのみ<命>は生まれ、脈打ち続け、その運命に僕らは一向に抗えないという気持ちを抱いた。

    変わらず萩尾先生のメッセージは軟弱者の自分にはかなり手厳しいものだった。

  • SFの天才。
    テーマとしてはよくあるものだけど、続きが気になる。
    今まで読んできた数々のSFは萩尾作品の影響を多かれ少なかれ受けてきたんだろうということが想像できる。

    2,3巻も素晴らしい。

  • ポーの次にお気に入りの萩尾作品

  • 面白かった!!凄いわこの人。
    これだけのストーリーを、様々な糸を紡ぐように見事にまとめあげる手腕に感服。

    ラスト、ナースタースの「愛のほかは…」のセリフに泣いた。

  • 西暦2999年、消滅に向かう世界では海は赤くなり、ウイルスにより生殖能力をうしなっていく。世界にはただ一人の聖母マザ。彼女唯一人が世界の子供を産む。。。。。
    世界は男性のみ。
    こんな感じのくだりを読んで、興味がわかないなけがありません。
    世界観を読み込むのにちょっと頭をつかいますが、
    この世界観半端ないです。
    文庫3冊でかなりの充実感。
    萩尾さんの作品をちゃんと買ったのはこれがはじめてですが、
    これから没頭して読みたいと思います。

  • 文庫版だとグレー系がつぶれてしまってもったいなかったです。
    突然出てくる飛行機に、いやおうでも謎が深まります!

  • なんという壮大なSF!
    ちょっと地球へ…を思い出した。この手の上手いなあ。

  • 萩尾さん…
    好きなんですよ、
    全部じゃないけど色々読んだし……
    『残酷な神が支配する』も面白く読めたからこれも大丈夫かなと思ったんだけど駄目だった…
    今思えば『残酷』の方は自分の大好きな昼ドラ要素で読んでた気もする…
    ついていけない…
    自分が男だからだろうか……

  • 「萌える」という意味では一番好きな作品。アシジンがいいキャラだ。これ実写映画化してほしいけど、無理だろうなぁw

  • 全3巻。
    とにかくいろいろつめこんで収拾がついているのがすごい。女性キャラがほぼいないのに、華やかなこと。メイヤードだけでスピンオフがつくれそう。

  • ファンタジーかと思って呼んでいたら何時のまにか壮大なスケールのSFになっていた。その流れがあまりにもスムーズで、さすが巨匠の仕事。

全67件中 1 - 25件を表示

マージナル (1) (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

マージナル (1) (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マージナル (1) (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

マージナル (1) (小学館文庫)の単行本

マージナル (1) (小学館文庫)の単行本

マージナル (1) (小学館文庫)のKindle版

ツイートする