猫は秘密の場所にいる 2 (小学館文庫 はC 5)

  • 74人登録
  • 4.30評価
    • (10)
    • (10)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 波津彬子
  • 小学館 (2010年11月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091913197

猫は秘密の場所にいる 2 (小学館文庫 はC 5)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • このシリーズ、内容も読みごたえありますが、1・2巻の表紙絵にも登場しているヴィルヘルムという猫の存在がとっても魅力的。

  • やっぱり毎回、女性の衣装がカット毎に違うのと、ヴィルヘルムのふてぶてしい顔のバリエーションが好き。イギリス好きさんに是非。

  •  「うるわしの英国」シリーズの2巻。
     
     も、ホントすばらしい。
     男性は粋で、女性はキュートで、猫は自由で、幽霊は慈悲深い。
     まさに、古き良き時代の物語です。

     と、子供がきちんと子供をしてるのがいい。
     確かに、覚めてたり、大人ぶったりしてるけど、結局は子供で、子供を子供たらしめてるのは<大人>の存在なのだ。
     <大人>がきちんと<大人>をしているから、子供は大人の手のひらという狭い世界であることを承知しながらその世界で自由に生きている。保護されているという安心を、大いに享受している。

     大人であるということは、それだけで責任があることなんですね。

  • 英国が舞台のノスタルジックなシリーズや短編を3冊にまとめたものの2巻。コーネリアス・エヴァディーンの物語はこの巻まででおしまい。ヴィルヘルムの飼い主・クレアが帰ってきてめでたし。
    旅先で出会った不思議な夫人が実は...というお話と少女が見えないお友達と遊んでいたら出会った青年が実は...というお話がお気に入り。

全4件中 1 - 4件を表示

波津彬子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

猫は秘密の場所にいる 2 (小学館文庫 はC 5)に関連する談話室の質問

猫は秘密の場所にいる 2 (小学館文庫 はC 5)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

猫は秘密の場所にいる 2 (小学館文庫 はC 5)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

猫は秘密の場所にいる 2 (小学館文庫 はC 5)はこんな本です

ツイートする