異国の花守 (小学館文庫)

  • 134人登録
  • 3.92評価
    • (20)
    • (20)
    • (23)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 波津彬子
  • 小学館 (2001年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091913333

異国の花守 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いいですねぇ~異国の青年が入ることによって、和の雰囲気がより際立ち…。椿の精霊が花守として選ぶのに国境はないしね。もちろん、波津さんらしい、ほんのり控えめな恋物語も奥ゆかし。(笑)
    (作家)自身が金沢出身で、華道が趣味ということも分かるような気がします。

  • 大学の研究室を辞め、故郷の金沢へ戻った雛子はお茶の先生をやっている大好きな大叔母の家に遊びに行き、庭の椿の下で日本通のイギリス人・アレックスに出会う。
    四季の移ろいや椿の花の精に見守られながら、ゆっくり実る恋。

    しっとりしつつ、等身大の女性と金沢の古風な伝統が美しい、日本的だけれど西洋的でもある不思議な雰囲気の物語。

  • 波津先生、ホントに日本文化に深い造詣を持っていらっしゃるんだなと思う作品です。
    着物姿が美しい。
    椿の精や主人公、それを取り巻くロマンスがたまりません。

  • アレックスがとても素敵です。
    消え逝く日本の美が愛しくなります。

  • ソノラマコミック文庫版

  • 波津作品は大体読んでいると思いますが、たぶんこれが一番好き。

  • 再読。
    この作者の作品は好き。古きよき日本の風情。
    大おばちゃん、憧れます。
    なんでこのブグログ表紙ないの!?

全8件中 1 - 8件を表示

波津彬子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

異国の花守 (小学館文庫)に関連する談話室の質問

異国の花守 (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

異国の花守 (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

異国の花守 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

異国の花守 (小学館文庫)のKindle版

異国の花守 (小学館文庫)のコミック

ツイートする