ボクが十番勝負する理由(ワケ) (小学館文庫 たB 19)

  • 53人登録
  • 3.61評価
    • (4)
    • (5)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 田村由美
  • 小学館 (2007年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091913494

ボクが十番勝負する理由(ワケ) (小学館文庫 たB 19)の感想・レビュー・書評

  • ボクが◯◯する理由シリーズのひとつ。
    別の短編も入っていたけど、それもなかなかおもしろい。
    ハチャメチャなのにまとまっちゃうのはさすが。
    でも、いつものよりも物足りなかったので★4つ。

  • パン焼き器、降ってこないかなぁ。

  • 田村由美さんの漫画は、常に人間に対する暖かい視線があるように思う。

    そんな暖かさが、特にクローズアップされているような気がして、この「龍三郎シリーズ」は大好きだ。

    刑事のパパと、元女優のママ、そして弟の玉三郎の4人家族で暮らす龍三郎は、子どもにしては(子どもだから?)とても鋭い視点で様々なものを見る。それが結構物事の本質を突いていて、大人の私もぐっと来る。

    今回の「十番勝負」は、実際の龍三郎シリーズの応用版といったところで、龍三郎たちが原始時代や平安時代、メルヘンワールドなど舞台をさまざまに変えた中で活躍するのだが、そこで伝えられる内容は、親子の愛情だったり、恋心だったりと、とても身近で、とても大切なことばかりだ。

    そういう根源的な、大切な感情を伝えられる漫画家さんは、最近とても少なくなった気がするので、私は田村先生の存在はとても貴重だと思うし、10代の人たちにぜひ積極的に読んでほしいと思う。

    ちなみに、私が本書の中で一番好きなのは「暁のレース日記」。

    人生をレースにたとえ、ひたすらゴールを目指して人を蹴落とすレースって、いったいなんだろう?としっかり考えさせてくれる構成は、さすがの一言です。

全4件中 1 - 4件を表示

ボクが十番勝負する理由(ワケ) (小学館文庫 たB 19)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ボクが十番勝負する理由(ワケ) (小学館文庫 たB 19)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ボクが十番勝負する理由(ワケ) (小学館文庫 たB 19)を本棚に「積読」で登録しているひと

ボクが十番勝負する理由(ワケ) (小学館文庫 たB 19)はこんなマンガです

ボクが十番勝負する理由(ワケ) (小学館文庫 たB 19)のコミック

ボクが十番勝負する理由(ワケ) (小学館文庫 たB 19)のKindle版

ツイートする